スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 1

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽
8月20日

【冒頭のサンバ】
バンメンは1階席後方から登場。
笑)いつものメンバー登場シーンで、1階席前方入り口からメンバー登場。
サンバは、酒井さんがちょっとだけトランペットソロがあったのと、今まで以上にヤスの動きが炸裂してました。
ステージに仰向けになって、寝転んでリズム取ってみたり。
サックス吹くてっちゃんと佐藤さん達と一緒に、前後に動いてみたりもしてたな。


【ハモリ倶楽部活動】
・ハモリ倶楽部の今週の活動報告の時、黒ぽんが蚊を上に下に追いかけて、最後に下で叩こうとした時に、思わず膝から滑り込んで痛がる姿あり。
立ち上がった時膝をさすってて、後ろの3人はざわざわ笑う。
で、それに伴ってオヤジの小言ハモリが「また転んだのか!たんこぶばっかり作りやがって。お前はこの間もぼーっと歩いてて看板にぶつかったばっかりだろう」と。
苦笑いの黒ぽん。
【お便り紹介】
・兵庫県のタコさん
・エジプトの「ピラミッドを手で測る」さん。この時、エジプトで他メンバーがざわめき、PNで更にざわめく。手で測る人、腕を広げる人、様々。
こんにちはー。のハモリでヤスだか北山さんだかがハモリはぐった時に「もうちょっとちゃんとハモって?。なんだか音が足りないぞ。」と言う山田部長。
「すいません!」と謝る深見。
笑う吉川に部長「吉川は笑ってハモれなくなる事があるからなぁ」と。
1枚目の時に「我々がハモってみせようじゃないか」と部長。
歌い終え「良いねぇ。2本の巻物。トントントーン!トントントーン!サッ!どうぞ(←そっと差し出す)」とのアドリブ感想。
この時に調子を良くした山田部長から、拳を挙げて「ハモリ倶楽部ー!」との煽りが生まれる。
突然始めるもんだから、皆がパラパラと付いてくる。
2枚目の歌う時も「そしたら、我々がハモってあげましょうか。普段はこんなことしないんだよ」と居丈高。
歌い終えても「素晴らしいね。我々に出来ない事などないね」と。
この辺りでも不意に「ハモリ倶楽部ー!」と振り、若干メンバー戸惑う。
それを察して「リーダーだから、急に思いついて振ったりするからな。」と。
直後に混沌君が出てくると、山田部長の背後にぴたーーっと密着。
完全無視の5人。
ちなみに、この時使われたハガキは最後に酒井さんの手で客席に投入されました。
あと、てっちゃんが「着替えながらでも良いから」って言う所を「ハモリながらで良いから」と言い間違え、他メンバーから総突っ込みを受ける。
「あ゛ーっ!良いんだよ!どっちでも!」と最後は切れ気味。


【バンド演奏】
てっちゃんが出てきて「だらしなくてすいません。あの、リハでやったけど、もう一回だけバンドでやっといて貰っても良いですか。こう、初心を忘れないで、初日みたいな気持ちでね。歌が無くても、バンドだけでガッと。バンドだけでガッとお願いしますよ。そしたら、俺準備してきますから」
スポンサーサイト

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 2

【混沌君】
混:ハモリで世界が救えますかぁ!?
混:ハモれば全て、解決ですかぁ!?
村:誰もそんな事言って無いじゃないですか!
混:ハモリにあぐらをかいてやしませんかぁ!?
北:そんなことないですよ。僕たちは、毎日より良いハモリを求めて練習してます。ただ、何でも出来ちゃうって言うか…。
混:ジリジリと北山さんに近寄るも、一定の距離が保たれたまま。ステッキで「こっちに来い!寄れ!」と暫くやるも北山さん無視。
黒:(笑)
混:もっと近くに来て!目を見て話す!
北:(近寄り真正面で)だから、何でも出来ちゃう…。
混:ポケットに手を入れない!!
北:(反抗してだるそうに)だから、何でも出来ちゃうから、ちょっとつまんなくなっちゃったんですよ。
混:こんのっ!ハモリ天狗どもめが!!
酒:ハモリ天狗なんかじゃないよ!!あ、しまった、両手をポケットに入れたままだった(←わざとらしい)
混:うるさぁいっ!(グーで顔面パンチ)
酒:うぉっ!(←倒れ込む)
4:酒井さんに駆け寄り、抱き起こす。
酒:てっちゃんの後ろに移動。
混:ここで君を殴るのも今日が最後かと思うと、最後にひとつやっておきたい事があるんだ。スローモーションパンチ。もう一度やってみせてくれないか?
4:酒井さんを前に押し出す4人。
酒:ちょっ!ゴスペラーズあと30分でライブなんでしょ!?そんな事してる暇無いじゃない!
村:良いから良いから。
北:言う事聞いとけば良いんだよ。
混:よし!いくぞ!うりゃぁぁぁぁあ(スローモーションでパンチ)
酒:うぉおおおお(スローモーションパンチを受け、吹っ飛ぶ)
混:ありがとう。
酒:左頬を押さえながら立つ。
混:そんなお前達にはなぁ!罰を与えてやるぅ!うりゃうりゃうりゃうりゃ!(ステッキを振り回す)
安:罰って…ちょっと待って下さいよ!何するんですか!
混:うるせぇ…(←息切れ)
安:息切れしてるじゃないですか!何やってるんですか!
混:良いんだよ!気にするな!これでもくらえぇぇぇ!!最期だからなぁ!
5:攻撃され、悶える5人。暗転してからのポーズが、いつもより派手に倒れてたかも。
安:あれ…楽屋か。
酒:何だったんだ!今のは!(←頭を振りながら)
村:とにかく、もうライブまであと30分しかないから。練習しよう、練習。いくぞ、じゃあ酒井から。青い鳥のサビ。
酒:よし。それは青い鳥?♪(←やたらと元気。しかも、歌い終えて満足気な動きをしてる)
村:…そんな曲じゃないだろ(笑)
酒:(←何食わぬ顔)
村:まぁいいや。じゃあ次、北山。
北山・安岡と続いて、てっちゃんが何か感想を言うんだけど、すっかり忘れました。その後3人で歌うもハモれず、村・黒・安で歌うもハモれず。
黒:ゴスペラーズ、ハモれないままライブやるの?
安:そういう訳にはいかないでしょう!
村:とっ…とにかく練習するぞ!練習!
暗転
照明が着くと倒れ込む4人に、仁王立ちの北山さん。
黒:うぁぁぁぁぁあ。
安:だぁぁぁぁあめぇぇぇぇぇえだぁぁぁぁぁあ。
北:逃げよう。
安・黒:北山さんを見上げる。
北:今ならまだ、飛行機か新幹線がある筈だ!
安・黒:(てっちゃんを見上げて)リーダー!
酒:(左端で、メンバーに背中を向けるように四つん這いになって、頭を床に打ちつける。「ゴン」と鈍い音がしてました)りーだぁ…。
北:(酒井さんを見つめ、震えながら笑いを堪える)
安・黒:(同じく酒井さんを凝視)
村:(振り返り、酒井さんに一瞥)
酒:(もう一回、頭を床に打ちつける)
村:…正直に話そ?ゴスペラーズ今日はハモれません。て。で、会場のお客さんに替わりに歌って貰おうよ。ハモリ倶楽部の会員である、お客さんに!と、言う訳で、ちょっと何か色々あってぇ、今日はぁ、ゴスペラーズハモれません!!すいません!!
で、こっから「助けてゴスペラーズ」に。客席縦割りにして3パート。全体的に短めな印象だけど、酒井さんがステージ左端で大きなジェスチャー。テニスのサーブを編み出してました。
歌い終わって、ハモれたと5人が喜ぶ所で混沌君登場。いつもはホーン隊の方なのに、今日はメリーゴーランドの上。
混:気付いてくれたね、ゴスペラーズの諸君!
酒:あなたはっ!
混:ラスト・よぉっ!
黒:(声には出さないが、よぉっ!とジェスチャー)
混沌君がいつもの口上を述べるんだけど、何かの拍子に語尾が「じゃ」になる。一度目の「じゃ」にざわめくメンバー。二度目は「じゃ」と笑いながら繰り返し、黒ぽんに至っては「そうじゃったのかぁ…」と。
そんなこんなでお灸を据えた混沌君が消える時。
混:それじゃあ消えるよ!(マントを翻そうとする)
村:ちょっとまだ消えないで!!
混:(一瞬ひるむ)
村:あなたの!あなたの正体は一体誰なんですか!
混:消えるよ!(強引にマントを翻そうとする)
村:(混沌君に詰め寄りながら)見覚えがあるぞ!その赤い鼻を取った、下の鼻も少し赤いあの人だろ!
混:(逃げようとする)
村:逃げるなよ!分かったぞ!(追いかける)
混:(逃げようとする)
村:あなたは!ハモリ倶楽部会員番号3番!伝説のあのウ゛ォーカルグルーブMen's5の荒谷三次さん!!
客席どよめく
混:そうだよ(←割とアッサリ認める)
この後ちょっとてっちゃんと喋って。
混:ヒット曲はあれだけだけどな。
村:「うまなみ」とかあるじゃないですか(笑)
というやり取りあり。
村:久々に、歌って下さいよ。
ステージ上に譜面台が2つ出てくる。
混:歌って良いのかぁ!?
村:是非!歌って下さい!
酒:お願いします!
他の3人も似たような感じでお願いしてたんだけど、やたらと酒井さんの声が通ってました。
混:じゃあ…歌ってみようかな。でも、こんな大勢の前で歌うの初めてだよ。いつもこんな所で歌ってるの!?
「大丈夫だから」と、なだめるメンバー。
混:よし。ここをカラオケボックスだと思おう、大丈夫…大丈夫。
真理さんだったかな。前奏を弾き始める。
曲の頭の音は酒井さん。
酒:プゥ?(←妙に上手い)
混:?♪(←物凄い高いキーで、大幅に外す)
村:ちょっ!ちょっと待って!
安:歌ってたんですよねぇ!?本当に大丈夫なんですか!?
メンバー総突っ込み。肩を震わせ爆笑の北山さん。混沌君は超動揺。
混:大丈夫!大丈夫!(笑)ホント、みんな良くこんな所に立って歌えるよなぁ。
安:野菜だと思って。
混:ぃよし。カボチャ、カボチャ、カボチャ。じゃあ、もう1回。
前奏が流れる。
酒:またここからやるんですか……(苦笑しながらボソリと)
混:(酒井さんに近寄りお願いしてる)
で、酒井さんはちゃんと役目を果たし、混沌君もきれいに歌い出せたので1番のみ歌って終了。てっちゃんに「Mr.カオスこと、MEN'S5 荒谷三次!」と紹介され、混沌君は退場。去り際に「2番の方が面白くなるから、気になる人はCD買ってみてくれよ!」と言ってました。
最後に北山さんが「ありがとう!Mr.カオス!」と言い、ナレーションが入って照明が暗転。バンド演奏が始まり「ローレライ」へ。
ローレライ後半で黒ぽんが歌ってると、頭上を何か羽虫が飛んでまして。それを黒ぽんが追い払いながら歌ってました。

【思い出しネタ】
後半でバンメン紹介をした時の事。
真理さんを紹介した時に、真理さんが「ラジオ体操」の曲を弾き出したの。
で、それぞれ記憶の範囲内で踊るメンバー。
酒井さんは明らかに第2を。他メンバーは第1を。
それを見たてっちゃんが「誰も覚えてないし!」と突っこんでました。

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 3

【アンコール】
村:アンコールありがとうございます。まぁ、立って貰う程じゃないから座って戴いて。
安:で、1.2.3でまた立つ。と。
客:(思わず立ち上がりそうになる)
安:本当にやんなくて良いから(笑)
村:さて、オープニングから2時間20分くらい。ノンストップでお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
客:拍手
村:ありがとうございます。今日はね、オープニングのサンバで客席から出てくる。と言う事もやりまして。
安:あの時、最初に俺が出て行っても皆気づいてくれなくてさ。
村:バンドメンバーの方見てるから。
安:俺、明らかにお客さんより小さくて見えないから気づかれないのかと思って、思わず自分から声あげちゃったよ!
村:安岡の魂の叫びだ(笑)
酒:俺を見ろ!と。
安:「あぁ?!!」とか言ってさ。周りのお客さんの方が、俺より大きいんだもん。
村:あとは、前半。また安岡の話しますが、Y,N,Yなぁ…。あの時イントロが流れたらお客さんが「フォゥ?!!」ってなったよな。どっかで誰かが言ったのに乗って、じゃあ自分も。みたいな感じで。
北:Y,N,Yに関しては、前半で「ヤス,No,ヤスだ」って話してたじゃない?
村:うん。
北:俺、今日遂に言ってやったから!
他:嘘!?いつ?
北:最初の「Y,N,Y?♪」の所あるじゃない?あそこで「ヤス,No,ヤ?ス♪」って。
安:誰か気付いた!?(←客席に向かって)
客:気づかなーい!
北:気づかれないようにやってるんだよ!気付くかよ!
他メンバー動揺。
北:あの話が出た時から、いつかやってやろうと思ってたんだけどさ。なんとなく今まで機会がなかったって言うか…。
黒:抵抗があったんだ?
北:そう。でも、今日は最終日だし、いっかなー。と思ってやってみました。

この時だな。てっちゃんが「安岡が最後にThank youだかありがとうだかって言う時」って言ってたの。
あと、部活の話もしてました。
忘れたけど、「結局混沌君の正体が荒谷さんだった。って言う、ゴスペラーズとは全く関係のない所でオチにするって言うね」とはてっちゃんの弁。
あ、この時だ酒井さんの「アレ」の話になったの。
村:酒井のアレなぁ?。
酒:何とは言えないけど、アレねぇ?。アレはね、昔から研究を重ねてるから。
村:ちょっと待て。アレの副産物がトランペットなのか?
酒:そうじゃないよ。アレを日々研究し続けてるから、トランペットがこの短期間で上達したって事だよ。
黒:楽屋とかで練習してたから、結構聞いたよね。
北:しかも今は立ってるから良いけど、楽屋で練習してる時なんて雄二、楽屋の隅に丸くなって、蚕のさなぎみたいな形で練習してるんだもん。
酒:あれは、音の出る場所が近くなればよりリアルな表現ができるかな。と思って。椅子に座って、椅子の座面に顔を近づけてやったりもしてね。
安:でも、それを発表する場ってないよね。
酒:研究の第一人者。こう、肖像とかで。
この時だな。練習したら、そのまま歌わないと。とかヤスが言って、北山さんが「歌っても怪しい」とか言ったの。
そして最後に酒井さんが。
酒:もっと色んなパターンの音が出せるんですよ。ただ、今日は可愛い音で勘弁してやったんだよ!

って、今思い出した。
てっちゃんが冒頭の北山さんの「あんな曲や…こんな歌も…」を、実にいやらしく真似してたっけ。
北山さんの時より歓声あがってたな。
あと告知。

村:新曲は次のアルバムに入ります。次のシングルは、明後日からレコーディングが始まって、明日が移動日だから実質休みなしなんだけどさ。ツアー終わって休みなしで、13時半からレコーディングぅ?!?って思ったけどね(笑)
安:今回はシングルしかリリースしないで、夏だけのツアーでしたからね。今度はアルバムを引っさげて、もっと沢山の街に来れるように頑張ります。

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 4

【抱負について】
村:さて、今年は長いツアーが出来なくて、新年1月に苗場5日やった時に今年の抱負をそれぞれ述べて貰ったんだけどさ。3月に赤坂でそれの中間報告をしたんですよ。皆も新年には立てるでしょ?でも、3ヶ月ですら忘れ初めて、8月なんて言ったらもう、完全に忘れてるんじゃないかと思ってさ。この辺りで報告して貰おうと思って。
客:拍手
村:じゃあ、まずは北山から。誰か北山の抱負覚えてる人!
客:温故知新ー!(←3階席の人でした)
5:何?
客:温故知新ー!
安:もう一回!
客:温故知新!
5:あぁ!温故知新!
安:新年の抱負って聞いて、温故知新って凄いよね。温故知新って四字熟語だもん。最早抱負でもなんでもないですよね!
北:温故知新ね。あの、僕実はこの間八戸の親善大使に正式に任命されたんですよ。
他:親善大使!
村:親善大使ってアレだろ?藤原紀香さんとかがやってるみたいな!
北:まぁ、何千万人か何万人かくらいの違いがあるけど、そんな感じですよね。
他:すげぇ!大使だ!
安:これからは北山さんの事を大使って呼ばないと!
村:あ、大使おはようございます!
安:大使!次の予定は!
酒:た・い・し!た・い・し!(手拍子付き)
客:(便乗して、大使コールをする客席)
酒:ごめん、やんなくていいから(笑)
北:でね、俺はまだ実際には見てないんだけど、事務所、グラシアスには、八戸親善大使って書かれた名刺が100枚くらい届いてるみたいなんだよね。
安:名刺!俺達名刺なんて持たない職業なのに!
酒:はーい!名刺持ってないでーす!
北:帰ったら、皆にまず1枚ずつ配るから。
安:ありがとうございます!
北:最初の4枚は皆に配るからね。
安:で、親善大使って具体的には何をするの?
北:うーんと。これを言うと手前味噌なんだけどさ。八戸には種差海岸って言って、本当に海岸が全部芝生で出来てる所があるんですよ。で、そこをずーっと歩いていくと、端の方にボタンがあってね。そのボタンを押すと、僕が風景に対する解説をしています。
黒:北山が箱の中にいて喋るんだ!
酒:銀色のこんな箱で!
黒:中は狭いの!
北:(笑)
村:いや、でも全国的にみても本当に珍しい海岸なんですよ。凄く良い所ですから、皆さんも是非行ってみて下さい…って、それが北山の抱負となんの関係があるんだ。って話ですけど。
北:いや、だからね。親善大使になったからにはもっと八戸の事を色々知らないといけないと思って、古いことから新しい事まで色々調べ始めたんですよ。
村:へぇ?。
北:長い歴史があるとか、新しい方だと、現在のIT産業を担う都市だとか。なので、もっと勉強して、これからは八戸をもっと皆にアピールしていきたいと思います!
村:他に、安岡は?
安:僕はですねぇ、筋トレを2日休まない。と言ってたんですよ。毎日は無理だから、せめて1日おきとか、2、3日やって1日休むとか、そういうペースでやっていこうと思いまして。でも、このツアーが始まって、2回、休んでしまった日があるんです。仙台で2日、福岡で2日。このね、夜のメリーゴーランドが予想以上に体力を使う訳です。
北:でもさ、これが運動になってるんじゃない?
村:て言うか、そしたら今年に入って100日以上続いてるって事だよな。8月だから、200日ちょっとのうちの100日って凄いよ…って、1人ずつこのペースだと時間が無くなる(笑)
酒:はい、という訳で俺ですが(←妙になめらか)
村:(笑)
酒:俺はですねぇ、ゴスペラーズがステージ上で投げっぱなしにしたボケだったり突っ込みだったりをですね、こう、お客さんがなんだか分からないまま終わらせるんじゃなくて、そういったのを全部拾っていこう。と言った訳です。川口選手、川口能活選手みたいにね(←キーパーの真似)
酒:そうしたら、今回のライブはフリートークが少なくて、活躍の場が全然無いと言う!
安:確かに!(笑)
酒:なので、俺の抱負は果たされてませーん。抱負なんかに縛られるなよ?(←フェードアウトしながら)
村:抱負は果たせたか。って話をしてるのに、抱負に縛られるなよって(笑)黒沢は?

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 5

【抱負の続き】
黒:俺?俺は、プールで2キロ泳ぐってのが目標だったんだけどね。2キロって、25メートルプールを40本往復しなきゃいけないの。
安:あぁ、休まずに40本なんだ?
酒:1回で2キロなんだね。
黒:そう。でね、広島のジムに行った時に、あっさり40本泳げちゃって!
北:15メートルプールだったとか?
黒:何でお前そういう事言っちゃうんだよ!オチを先に言うなよ!
北:え!?そうだったの!?ごめん、ごめん!
黒:もうさぁ…(←ちょっとふてくされ)俺、あんまりにもあっさり泳げちゃったから、心配になってプールの係員の人に聞いたのね。このプールって何メートルプールですか?って。そしたら「18メートルです」って言われたの。
安:何だよその微妙に惜しい数字は!
酒:さすが数字に強いだけあるね。
安:その3メートルが違いを生むんだ!
村:て言うかさぁ、気付かなかったの?
酒:気付かなかったのか?
黒:気付かないよ。
酒:気付かないって。
村:普通気付くだろ?。
酒:そうだぞ、普通気付くだろ。
黒:だって、周りの景色と馴染んでるから、分からないって!
酒:馴染んでるから…分からないんだ!
酒井さんが黒ぽんとてっちゃんの間で、あっち向いたりこっち向いたりしながらお互いの言ってる事を復唱。最後はちょっといっぱいいっぱい。
黒:今が酒井の活躍の場です(肩をぽんと叩いて)
客:拍手
村:そんな俺だけど、今年はスキンケアにね…。
安:あぁ、あの会社の。
黒:何か塗ったりするって言う。
村:そう。それがね、俺はこのツアーが始まってから全くやってません!
酒:(てっちゃんの隣に移動し、同じように立ち頷く)
安:やめちゃったんだ?
村:やっぱり続かなくなっちゃったから。
酒:(頷く)
村:だから、俺だけこのツアーでメイクしてます。
酒:(ビックリしててっちゃんの顔を覗き込み、慌てて他3人側へ移動)
他のメンバーも客席もどよめく。
安:そういう事は今言わなくても良いんじゃないの!?
黒:嘘!?どこの使ってるの?
酒:美肌一族かぁっ!!
村:知らない(笑)
黒:その辺にあったの使ってるの?
安:万引きか?万引きしたのか?
村:違うよ。メイクさんに言って貰ったのを使ってるの。メイクったって他にはしてないし。
安:これでアイメイクとかしてたら嫌だよね。
黒:マスカラばっちりとか!
安:今日はカラコン入れてますとか!
黒:目が大きくなるように!
安:でも、サングラスしてるから全然意味無い!みたいな(笑)
村:(←チラチラとサングラス外す真似)
客:見たーい!外してー!(と、分かってて乗る客)
黒:冗談だからね?本当にしてる訳じゃないからね(笑)
村:なんかぐだぐだだな(笑)
酒:と言うか、何で村上が今「今年の抱負」の話をしようと思ったか。だよな?
村:(唖然と酒井さんを見る)
北:良いか?だからね?
黒:今年の抱負を立てただろ?
安:だからさ…
酒井さんを囲み、口々に説明する3人。うんうんと頷きながら、メモを取る酒井さん。
村:ミーティングの時に、実は一番話聞いてないの酒井だから。
この時かな、酒井さんが小島よしおの真似をして、てっちゃんに「今がこの2時間で一番楽しそうじゃねぇか!」と、言われたの。
あと、たぶん酒井さんのアレの話の時に凄く良い顔をしてて「こういう時の酒井は、実にハッキリした顔をしてる」とかなんとか。
村:さ、じゃあ曲いこう。曲!

言葉にすれば。

村:じゃあ、最後に感謝を込めてメンバーからそれぞれ。まずは安岡。
安:はい。僕は、この1ヵ月で1年分くらいの汗をかきました。夜のメリーゴーランドもあったりしましたけど、楽しかったです!また会いましょう!
北:えー。僕の中では、今日で終わりって言うのが何だか信じられなくて。まだ途中なんじゃないか。って感じが、未だにしてるんですけど、終わりなんですよね。うーん…ちょっと良くわからなくなってきたけど、とにかく楽しかったです!
酒:はい。酒井です。トランペットを上手く吹けるようになりたい。って言う短期目標を掲げてたんだけど、俺のトランペットは良いところで「スピ?」って言う音を出します。もう、それだけ俺の唇が振動できてない。って事なんだけど。でも、たまに短時間だけど良い音も出せるようになったんですよ。あと、副産物としてはトランペットの練習をしてたら、顔痩せの効果がありました。女子の皆さん、トランペットを吹きましょう。酒井でした!
黒:途中で、「ハモリ天狗になってる」なんて言われたけど、僕は本当に歌うのが楽しくて楽しくて仕方なかったので、ああ、まだ自分は天狗になんてなってないんだな。って思いました。
村:(忘れました。確か、16本なんて少ない。って、昔はそんな事も言えなかったのに。と言ってた気がします。)

バンドメンバーを再度紹介し、ステージの縁ギリギリに全員が手を繋いで並びます。
この日は宇佐見さんの紹介もありました。
で、最後の発声は黒ぽんだったかな。
ありがとうございましたー!
と。
拍手喝采の中、メンバーとスタッフがハグしたり握手したりの時間が少しあって、まずはスタッフとバンメンさんが退場。
ステージ上に残った5人。
フォーメーション組んでるなぁ。って思った辺りで、北山さんが音叉を取り出して音を取る。

アンコール
♪カーテンコール

歌い終えた5人が、再度ありがとうと言い、手を振ったりしながら退場。
3時間のライブも終了でした。
そして、拍手が鳴りやまない場内。
客電もつき、まばらに人が帰り始めた頃耳馴染みのある曲が流れます。

♪ハモリ倶楽部のテーマ

曲に合わせて歌い、手拍子する残ったお客さん。
全て終わると拍手が鳴りやまなかったのですが、場内アナウンスが入り無事終了となりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。