スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Treasurebox@shibuya extra[NACK5 20th]×[Heavn's Rock 15th] 1

ゴスペラーズ部分のみ抜粋。

椎名純平さんが退場し、ステージ上ではスタッフが準備。
照明が暗転。ステージに登場する5人。
右から酒・北・黒・ヤス・村の順。衣装はアプルの後半と同じ。

酒井さんのカウントが響き、1曲目。
♪いろは

村:皆さんこんばんは!

自己紹介した記憶がない……。

村:NACK5、開局20周年おめでとうございます!
客:(拍手)
ヤス:10周年の時もこのお祝いのステージに立たせて戴いて、20周年もまた立たせて戴けるなんて、本当にありがとうございます!
村:て事は、10年俺らも続けてこれたって事だもんな!
ヤス:そうですね!
村:続いてて良かったぁ?!!
北:生きてて良かった!
酒:うぉー!!
村:だってさ、10年続いてない可能性だってあったんだから!
ヤス:本当ですよ!
北:生きてるぞー!(←左拳を掲げて)
村:これも、NACK5を始めとした皆さんのお陰です。ありがとうございます。
ヤス:開局した時、僕はまだ中学生だったんですよね。その当時はまだ、本社が浦和にあって。その時に、アルシェ前でサーカスさんが歌ってたのを覚えてますよ。
村:Mr.SummerTime?♪
ヤス:?♪(ハモる)
村:今君は?♪(←違う曲を歌い始める)
黒:大人のコーラスグループだよね。
ヤス:そう。あ、誰か歌ってる。と思って見に行ったら、こんな長いドレスとか着て歌ってたのを、しっかりと覚えてます。
村:?♪(←メドレーのように歌い続ける)
黒:?♪(←てっちゃんと一緒になって歌う)
ヤス:もう、好きなだけ歌って良いから(←呆れたようにてっちゃんを見て)
村・黒:?♪♪(←歌のボリュームを上げる)
ヤス:そんな訳でっ!NACK5は20年なんですよっ!(←ヤケ)
村・黒:(笑)
ヤス:それで、5年前に本社を大宮JACKに移転したんですよね。その時は、大宮ソニックシティでライブをさせて戴いたんですけど、他にも鈴木雅之さんとか。
村:渡辺美里さんとか。
5:………。
黒:Rhythmとか!
ヤス:あぁ、そうだね。Rhythmもいたよね!ちなみに、大宮ソニックシティは僕の成人式の会場です(笑)
黒:あぁ、20年てそういう事にもなるんだよね!
ヤス:NACK5も成人した訳ですよ。
村:成人したラジオ局に…。
ヤス:成人して、新しいルーツを…。
黒:何か嫌らしいな、それ。
ヤス:いやいや!そういう意味じゃなくてさ、成人して、新しいルーツを探っていこうって意味ですから!
村:でもさ、さっきMay.Jが「私も今年で20周年です」って言った時、一瞬お客さんぽかーんとしてたよな。
黒:じわじわと意味が伝わっていったよね。伝わると皆「はぁ?……」(←息をのむような)ってなっていくの。
村:そうそう。
黒:まぁ、ほとんどの人が女性なんだけどさ。女の人の歓声って、本当に驚くと「ハァ?…」ってなるんだね。高いかと思ったら、案外低くてさぁ。
ヤス:でも、てことは、87年?NACK5ができた年に産まれたって事ですよ!僕はもう、その時には中学生でしたからね!
黒:このくらいの(←膝丈で頭を撫でるジェスチャー)
酒:そんな小さいわけないだろ!!
黒:ありがと(笑)
ヤス:当時は既にこの身長でしたから。中学生の時から変わってません(←笑顔で投げやり)
村:安岡はゴスペラーズの尾崎豊ですから。
ヤス:え!?何で!?
村:急に「十五の夜」を歌いたくなったんだ。
ヤス:何で15!?20にしなさいよ!
村:あ、そっか。…20…20ねぇ……。
ヤス:20って何かあったっけ。17歳は地図だろ…。
村:森高千里も20じゃないか…なんだろう(←足をパタパタ動かしながら考えてました)

村:さて。さっきは、純平君に「戦隊もの」言われましたけどね。

ここで、各自思い思いの決めポーズを取る。
酒井さんはカメハメハ撃ってたし、北山さんは悪役みたいなポーズだった。

村:戦隊モノったって、人数が多いだけですけどね。
酒:頭数増やして頑張るぞ!
ヤス:複数人で頑張りたいと思います。
村:でも、まぁね、青いスーツが似合うグループですから(←前に出たZOOCOちゃんが、10周年の時に初めてゴスと会った。って話をして、その時に「青いスーツが物凄く似合う」って言ってたの。)
黒:青いスーツねぇ。どういう意味なんだろうねぇ。
酒:きっとこう、当時は日本でも珍しい、原色のスーツが似合うウ゛ォーカルグループだった。って事なんだよ。
ヤス:なるほどねぇ。
酒:(←得意満面)
ヤス:そんな訳で、先ほどZOOCOも言ってましたが、10周年の時も我々ゴスペラーズ歌わせて戴いてました。
村:ギロッポンね。
ヤス:ギロッポン!?
村:そう。ギロッポンで、終わってからスーシー奢って貰って…。
ヤス:スーシー!?
北:スーシーじゃないでしょ。言うならシースーでしょ。
村:あ、そっか(笑)
酒:ギロッポンでポッポポッポ言ってたのか?
ヤス:六本木の、えっと…○○って所で歌わせて貰ったんだよね。
村:あ、NACK5の開局した時、一番最初に何の曲かけたか聞いておけば良かったね。
他:あぁ?!
黒:何だったんだろうねぇ。
村:ちなみに、戦後の日本で最初にラジオから流れた曲は、NHKで…って、思いっ切り他局なんだけどさ。「煙が目にしみる」だったんだよ。
酒:洋楽なんだね。
村:そう。「Smoke get in your eyes」日本の曲じゃなくて、洋楽だったんだ。
ヤス:その当時、リーダーは幾つくらいだったの?
村:!?
黒:このくらいの頃?(←膝辺りで頭を撫でるジェスチャーをして、子どもの背丈を指し示す)
ヤス:当時28歳でこのくらい(笑)
村:何をかけたか聞いておけば良かったなぁ…。
ヤス:じゃあ、そろそろ僕は僕の曲を歌いたいと思います(←ずずいっと前に出てくる)
村:安岡、安岡。
ヤス:?(←てっちゃんを振り向く)
村:安岡、お前、ちょっと好きに動き回って良いぞ。
客:(何かを察して歓声)
村:やりすぎない程度に、歩き回って良いから(ニヤリ)
ヤス:(笑)
村:(←両手でマイクをくるくる回して、気持ち的にはヤスのマイクプレイの真似)
酒:そこ!手ぬぐい絞ってるんじゃないんだからさ!
村:(笑)そしたら、曲いきましょうか!安岡優もいつもより多めに回しております!
スポンサーサイト

Treasurebox@shibuya extra[NACK5 20th]×[Heavn's Rock 15th] 2

♪Moon glows(on you)
1番サビでステージ左端に歩み寄るヤス。
腰をくねらせ、ウインクをしたりしながら、汗だくで歌います。
2番でステージ右端に移動。
それに引き寄せられるかのように、後ろを着いていこうとするてっちゃん。
でも前に出た瞬間に、左手を広げて北山さんに制止される。
しょんぼりした背中で戻ると見せかけ、振り向きざまにまた追いかけてみたり。
2回繰り返し、ニヤニヤしながら諦めて持ち場に戻る。
皆がぐだぐだな中で、酒井さんは自分のマイクを指差して、「音はこれだよ」ってアピールしてる雰囲気。
そして2番サビ。
右端で跪いて歌うヤスが、半分で動きを止めててっちゃんに手で合図。
「やってみ?」と手が語ると、一瞬戸惑った雰囲気のてっちゃんはいそいそとステージ左端に歩み寄ってくる。
そしてそのままステージに跪き(←雰囲気としては「狂詩曲」)、1列目の人の手を取り歌う。
途中で手を離しても、左手で自分の胸を押さえるような仕草。
と、そこで余りにも観客を持ってかれたからなのか、ヤスがステージ右端から寄ってきて、てっちゃんに跳び蹴り。
てっちゃんは驚きつつ立ち上がり、ヤスは何事もなかったかのような素振り。
観客大喜びの中、各自持ち場に戻り、最後はちゃんと歌って終了となりました。
でもって、確か途中で武哲バンドのメンバーがステージに登場し、各自持ち場に着いてました。

♪It Should've been me(that loved you)
ステージ右端だった酒井さんが、中央に歩み寄る。
そして、北山さんのパートが入る時にステージやや左側にシフト。
マイク両手持ちして、やや後ろ体重で仰け反って歌う姿は圧巻でした。

村:それではこの辺でバンドメンバーの紹介をしたいと思います。

武哲バンドのメンバーを1人ずつ紹介。

村:皆さんご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、このメンバー。去年の夏…あ、違った。
北:今、年を越してたよね。
ヤス:来年の話になってたよね。
酒:それはいかんなぁ(←腕を組み、重々しく)
北:何だかコメンテーターみたいだね。
黒:本当だ。
酒:(姿勢を正して)それは許し難い行為だと思う訳です。はい(←コメンテーター風に)
村:えっと、今年の夏と秋に、武田と哲也改め武田…じゃない(笑)
ヤス:違うでしょ!?
北:逆だろそれ!
村:武田と哲也改め武田哲也じゃなくて、武田哲也改め武田と哲也か(笑)
酒:ややこしいなぁ。
村:そこで、ライブをやった時のメンバーになります。皆さんよろしくお願いします。
客:(拍手)
村:夏の逗子でのイベントの時に、初めて。っても、前から知り合いではあったんですけど、椎名純平君とも一緒にやらせて戴いてね。なのに、さっきは「戦隊モノ」とか言いやがって(笑)
酒:(←再びポーズ)
村:今は見てますけどね(←2階の関係者席を見上げて)
客:(つられて見上げる)
椎:(2階席端の方で、ジャケットで顔を隠してみる)
村:(笑)
ヤス:そういえば、純平君がさっき、自分はさいたま市民だって言ってたんだけど、僕が大宮に住んでた頃の家と純平君の今住んでる所が、100メートルくらいしか離れてないの!
他:へぇ?。
北:じゃあもう、安岡の家に住んでるみたいなもんだね。
黒:いっそ、安岡の家に住んでる事にしちゃえば?
酒:(←納得行かない顔)
ヤス:そうだね。純平君は僕ん家に住んでます(笑)
北:あ、言い切った(笑)
黒:言ったねぇ?。
酒:(←「違うだろ?」と目が物語ってます。)
村:そういえば、さっきやったさ、「NACKは5!」(←てっちゃんが「NACKは!?」と訊き、客が「5(Five)!」と手をパーにして5を示しながら答えるコールアンドレスポンスをてっちゃんが考案。)っての、あれ、これからも使えそうだよな。
酒:何?将来的なものまで見据えてやってたの?
村:もちろん。
ヤス:でも、ここ以外どこにも使い道がないですけどね。
村:NACKは?!?
客:5?!!
村:(満足げ)
酒:でもさ、「NACKは5」って言うと、79.5MHzでNACK5なのに「79.85MHz」みたいじゃない?
北:あ、またコメンテーターみたいだ。
酒:(苦笑)でも、79.85だと残りの0.35MHzは何なんだろう。って言う。
村:良いんだよ。
ヤス:また10年後くらいには、周波数が79.85になってるかもしれないし!
北:また微妙な(笑)
酒:チューニング合わせ辛いなぁ(笑)
黒:(つまみを捻って、チューニングを合わせる動き)


この後曲にいったんだっけ。もしかしたら2曲続いてたかも。記憶曖昧。

♪うつぼかづら
手振りなし。メンバー各自体を揺らしながら歌ってます。
てっちゃんの「落っこちて」の指の動きが無かった気がする。
でも「寄ってって」のパートでは下から手招く仕草。
酒井さんはAメロBメロそれぞれで、手を波みたいに動かしたり、とにかく手の動きが豊富。
時々曲も口ずさむんだけど、概ね目を閉じて入っちゃってる感じ。
表情が逝っちゃってる時がありました。
振りがしっかりあるよりも、緩くて官能的だなぁ。ってのが全体の印象。
イントロでてっちゃんが「浜田省吾さんの曲です。浜省節に酔いしれてください」みたいな事を言ってました。

Treasurebox@shibuya extra[NACK5 20th]×[Heavn's Rock 15th] 3

村:そういえばさ。俺がこんなこと言うのもなんだけど、渋谷の街で夜でもサングラスかけて歩いてる女の子とかいるじゃない?アレ、なんでやるんだろうな!?本当に暗くなって危険ですから!
酒:こんな、こんな大きくて「私は女優です」って言わんばかりのなぁ(←指で目の周りを指しながら、サングラスのジェスチャー)
村:そうそう。
黒:あれはな、女の子が夜になって化粧落としちゃったけど、どーしてもコンビニに行かなくちゃ。って時に「あ、サングラス♪」ってかけて出かける為の物なんだよ!
客:(賞賛の拍手)
酒:何だよ!そうやって女の子の人気を取ろうと思って、ちょっと良いこと言っちゃったりしてさぁ。
村:まぁ、俺や純平君がかけてるのは意味が違いますけどね(苦笑)
ヤス:化粧してないしね。
酒:隠すモノもないから。
村:純平君は、トークと歌のギャップが良いんだよなぁ。歌だと二枚目なのに。ゴスペラーズは、二枚目二枚目二枚目二枚目!どこまで行っても二枚目で売ってるんだけどさ!
客:(笑いながら歓声と拍手)
北:そうやって甘やかすからダメになるんだろ!
黒:お?
北:そうやって何でも甘やかすから、どんどんダメになるんだよ!
村:俺はな、サングラス外したって二枚目なんだ!!
客:(大喜び)
ヤス:二枚目を隠すためのサングラスなんだ!?
客:外してー!
村:そうだよ(←チラッと外す動き)
客:(拍手喝采)
北:(←呆れ顔)
村:サングラス外した方が二枚目なんだぞ!(←サングラスを外し、ポケットに入れようとするが入らず。諦めて右手に持ってました)
客:(大歓声)
ヤス:本当だ!
黒:二枚目だ!(笑)

で、この後しばらくサングラスを外したまま何やら喋っておりまして。
じゃあ、そろそろまた付けようか。ってなった時に、てっちゃんが何を思ったかサングラスをカチューシャ替わりに頭に乗せてみる。

村:どう?業界人風。
ヤス:うわっ。
黒:カチューシャなのに、何でか前髪出てるんだ!?
ヤス:最近見かけないよね?。
酒:沢尻エリカだ。
北:ちゃんと見ていい?
村:いいよ。
北:(てっちゃんの真正面に立ち、しばし見つめる)最近見たことねぇ…。
村:じゃあ、こっち(←サングラスを顎の方に移動させる)
黒:古っ!!
ヤス:CHEMISTRY!?
酒:川畑だってやるのやめたわ!
村:(笑)

この後てっちゃんは水を飲みに後ろに下がり、その際にサングラスをかけて元の位置に戻ってました。

ヤス:さて。我々ゴスペラーズも、11月12日に新曲をリリースさせて戴きました。
客:(拍手)
ヤス:今回の曲は「SkyHigh/セプテノーウ゛ァ」の2曲になっておりまして、1曲目の「SkyHigh」の方は、アニメ「のだめカンタービレ巴里編」の主題歌になっております。皆さん観てくれてますか?
客:(拍手)
ヤス:そしてもう1曲「セプテノーウ゛ァ」の方は、今年のFIFAクラブワールドカップの公式テーマソングにもなっていまして。昔はトヨタ杯なんて言ってたんですけど。世界の国々のクラブチームの代表の中から、一番を決める大会で、今年はガンバ大阪が日本のチームで出場する事になりました。
村:今年はガンバだけど、去年はレッズ。浦和レッズが代表として出てたよね。
ヤス:そうですね。なのでこちらも応援よろしくお願いします。
客:(拍手)
村:さっきさ、May.Jが歌う時に「新曲をやります!」って言って歌っただろ。あれでさ、俺は気づいた事があるんだ。
ヤス:何?
村:新曲と言ってしまうと、歌詞が飛ぶんだ!(←実際May.Jが歌詞を飛ばしてたので)
酒:お前常習犯だろ!(←てっちゃんを指差して)
村:!!
北:そういう事言うなよ!(←てっちゃんの前に出て、酒井さんから庇う)
黒:そうだよ!(←てっちゃんの元に駆け寄る)
酒:(←えぇ!?という表情)
ヤス:(←後ろで水を飲んでいたので、飲み終わると悠然と酒井さんと3人の中間に歩み出てくる。気持ち3人寄り)
黒:今、酒井と俺たちの間に距離が生まれたぞ!
酒:えぇ!?だって…違うんだって!
村:(2人に庇われながら)だって!新曲なんて歌い込んでないから、ずっと歌ってる歌ならまだしも、どうしても覚えきれない部分とかあるんだよぉ!(←必死)
黒:「ミモザ」とか間違えると辛いよねぇ。
村:!!
黒:「ミモザ」なんて何回も歌ってる曲なのにさぁ。
ヤス:今更「覚えきれてません」て訳ないハズだしねぇ。

※てっちゃんは今年の夏に、メディアージュのイベントで「ミモザ」を歌った時、黒ぽんが歌う中「秘密の?♪」という歌詞をキレイサッパリ飛ばした過去があります。黒ぽん曰わく「淋しかったよ」と(笑)

村:Do it Do it?♪(←May.Jの曲を歌いながら、振りを踊り始める)
酒:いや、それはね。確かにそういう事もあるよね(←急に肯定派に回り、4人に近寄ろうとする)
ヤス:あ、近づいてきた!
黒:寄ってくるなよ!
ヤス・黒・北:(後ずさる)
酒:えぇ?!?
村:Do it Do it?♪(←再び踊り始める)
酒:Do it Do it?♪(←合わせて踊り始める)

この後メンバー全員で何故か踊り始め、ちょっと気持ち悪い空気(笑)

ヤス:それじゃあ、僕たちもそろそろ「新曲」を歌いましょうか!(←満面の笑み)
客:(歓声)
酒:うわっ!言っちゃった!
ヤス:「新曲」です!聴いて下さい!「セプテノーウ゛ァ」!!

Treasurebox@shibuya extra[NACK5 20th]×[Heavn's Rock 15th] 4

♪セプテノーウ゛ァ
立ち位置がちょっと変わって、左から酒・黒・北・ヤス・村の順。

歌い終わって。

村:今貰っている拍手は、自分たちだけに向かっているとは思ってません。NACK5がこれからもずっとずっと、良い音楽を提供できるように。この歌を贈ります。

♪永遠に

歌い終えるとそのまま次の曲にシフト。

♪新しい世界

新しい世界を歌い終え、1人ずつてっちゃんがメンバー紹介をし、挨拶をして一旦退場。
アンコールの鳴り止まない会場に、再び登場する5人。
並びは右から村・ヤス・黒・北・酒。
登場と同時にまず1曲。

♪ひとり

歌い終えて。
村:アンコールありがとうございます。
黒:先ほど歌わせて貰った「あたらしい世界」と言う曲は、先日「誰も知らない泣ける歌」でも歌わせて貰いました。
客:(拍手)
黒:誰も知らないのか…って思ったけど(←淋しげ)
客:(苦笑)
黒:デビューする前、僕達が何をしてるかなんて、まだ誰も知らなかった頃から。
北:そうだろうねぇ。
ヤス:デビューしてないんだし、知る訳もないよね。
黒:メンバーチェンジ直後の、そんな、僕達が誰にも知られていないような頃に(笑)このNACK5のジャパニーズドリームって言う番組で、デビューする前から歌っていた曲が1位を取った事がありました。その番組は、曲だけ流して、誰が歌ってるとかそういうのは一切言わず、有名無名関係なく、聴いた人の投票で順位が決まる番組だったんですけどね。その番組で、1位を取る事ができて、あの時は本当にNACK5から勇気を貰いました。その時、まだデビューする前の僕達が歌っていた曲を、これから歌いたいと思います。

♪Promise
出だしの音が微妙にズレてて、ちょっと違和感。
北山さんが何度か音叉叩いて音を確認してる姿がありました。
酒井さんはこの手の曲の時は、顔は俯いてるけど目だけでちょいちょいてっちゃんの方を確認してました。

歌い終えて、てっちゃんが出演者全員を呼び込み、皆で洋楽を1曲。
May.J→ZOOCO→椎名純平の順にリードを取り、ゴスはコーラス。
てっちゃんとヤスのハモリが格好良かったのと、ZOOCOちゃんに酒井さんがハモるのが色っぽかったです。
歌詞の途中をNACK5に変えて、客席にも歌わせてみたり。
全員で盛り上がり、曲終了。終了時だったかな。
例のコールアンドレスポンスをするてっちゃん。
その時の酒井さんの、後ろ手で「5!!」ってポーズするのがめちゃくちゃ格好良かった…。

この後、これをやりたかった椎名純平君が乱入し、それなら。とZOOCOちゃんMay.Jにも振って、それぞれがコールアンドレスポンスして終了。

皆笑顔で「ありがとー!」と言いながら、退場。
酒井さんが退場前に、ステージギリギリまで出てきて何か言った気がする…。
見た覚えがあるのに思い出せない。
ステージ袖でくるりくるりと何やら回転しながら退場してました。
北山さんと黒ぽんは、去り際に投げキス。
一番最後になったてっちゃんに、客席から「てっちゃーん!!」と声がかかると立ち止まり、指を口にあてて「シーーッ」と合図。
客席が静まると、マイクオフで。

村:NACKはーーー!?
客:5ーーーー!!

満足げに笑って、ワサワサと歩いててっちゃんが退場し、ライブは終了です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。