スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@京都会館第一ホール ?

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@京都会館第一ホール
18:30開演 21:20終演

♪1:Let it go
♪2:Love has the power

♪2の終盤に曲に合わせて自己紹介。
黒→北→村→酒→安
の順だっけな。
村:年男村上です!
って言ったのと、酒井さんが「新年最初の今夜のライブ楽しんでってね?♪」みたいな事をラップ調に言ったことしか覚えてません。
音響の関係か、黒ぽんと北山さんに至っては語尾が上手く聞き取れなかったです。確か黒ぽんが「明けましておめでとー!」って言ったような気はするけど。
で、自己紹介終えて♪2のメロディに合わせて「みんなに会いに♪みんなに会いに♪あなたに会いに♪やってきました京都ー!」って感じで曲替えて歌って、最後だったかな?
「俺達が『ゴスペラーズ!!』」って客席との掛け合いみたいなのもあった様な…。

2曲終わってMC

村:新年一発目のライブって事で、みんなで声を合わせて挨拶しましょうか。
5:明けましておめでとうございます!
村:さっき黒沢の自己紹介でもあったけど、俺と黒沢は今年年男です。イヤーマン。
安:イヤーマン?
酒:YearManね。年男。
黒:耳男かと思った。
村:そう。YearMan。イヤーマンKとイヤーマンM。
酒:なんか良いなぁ。イヤーマン。俺、ちょっと好きになってきたぞ(←嬉しそう)
北:イヤーマンK!イヤーマンM!(紹介風)
安:…ごめん。俺、まだ乗れないや(苦笑)
酒:いやいや、5人もいると面白いと感じるポイントも違うからね。
安:別にね、面白くない訳じゃないんだけど。ないんだけどさ…なんか乗れない(笑)
村:あと、明ける前の話で紅白な。俺、旗絡まっちゃってさ。
?:絡まってたねー。
村:だって練習で旗使えないからさ、実際に旗使ったのなんて5回?6回?そのくらいだったじゃん。
黒:あれ、止めるタイミングとかもあるんだよね。みんなで鳥羽さんのCDかけながら「ハイ!ハイ!ハイ!」って練習してさ(←脚を叩きながら拍を撮る真似)
村:楽屋に妙な緊張感が走ったよなー。自分達の曲じゃないからこそ、緊張するみたいな。
黒:でもさ、あれ知らなかったよな。名前出るの。
北:旗パフォーマンスゴスペラーズね。
黒:聞いてないよなぁ!あれは酷いよ!(笑)
酒:TOKIOの励ましがなかったらできなかったね。
村:TOKIOは良い人達だよなー。松岡君だっけ、リハーサルの時に舞台袖で見てて安岡の所に走ってきて「顔が恐い!表情堅いよー」ってアドバイスしてくれてさ。
安:TOKIOも前に大漁旗振った事あるんだって。だから気持ちがわかるんだって。
酒:ホント、TOKIOの人たちはいい人だ。
安:でもさ、実際紅白の時って舞台袖でTOKIOと喋ってる事多いよね。
村:俺らとTOKIOは、年代近いんだよ。
安:リーダーなんかよく喋ってるよね。
村:ここでは言えないような話ばっかしてるから(ニヤリ)
安:男には色々あるからね?。あ、紅白と言えば、あれって全国同時にリアルタイムで放送してるじゃないですか。でね、正月に親戚の伯父さんに電話した訳「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」って。そしたら、俺、親戚福岡なんだけど、福岡の伯父さんが「あぁ、あぁ、おめぇのようじぁベートーベンなごって」(←福岡訛りでした。なんかこんな感じ)あ、ようじって「容姿」ね。
酒;ヤスの言葉をゆっくりリピート。
安:つまりね、お前の容姿はベートーベンのようだった。と言うわけですよ。まぁ、今まではもっと短かったり、金髪だったりで久々に見たからだろうけど。
酒:良いなぁ、ベートーベン。偉大な音楽家だ。
村:ベートーベン!?こっちじゃなくて!?(←酒井さんを指して)
?:酒井さんはベートーベンじゃなくてハイドンでしょ。
酒:はーい、パパですよ?♪ハイドン!!音楽の父!!
黒:良いなぁ。ベートーベンとハイドン。
安:イヤーマンKとイヤーマンM。あとハイドンとベートーベンで。
黒・村・酒・安:お前は誰だ!!(←北山さんを一斉に指さす)
北:知らねぇよ!!
安:良いから!カタカナで何か考えて!
北:他の人は誰かに考えて貰ってるのに、俺だけ自分で考えるのは嫌だよ。
村:分かった。じゃあ後で考えよう。このライブ中に考えるから。
村:で、ふるさと。ですが。あれも緊張したねー。
安:自分達の曲じゃないし、CDとして出してる訳じゃないからさ。ゴスペラーズとしての100点って言うのがなかなか分からないんだよね。
北:あれさ、親戚の子が見てたらしいんだけど、曲始まったら「この曲こないだ音楽の時間に習ったよ!ゴスペラーズが歌ってるんだね」って言ったらしいんだよね(笑)
酒:ゴスペラーズが歌ってると思われると良いね(←素)
村:ダメだろ!それはダメだろ(笑)
酒:え?あ、そっか。
村:あとさ、DJオズマね。あの時楽屋のテレビで見てて一斉に反応したもんな。
安:あれは凄かったよね。俺ら、みんなで後ろの女の人たち出てきた瞬間に椅子から立ち上がったからね(笑)
村:あれさ、俺らもテレビで見てたからホントみんなと一緒なんだけど。凄いよな。
安:肌色の濃度が濃いんだよね。
北:あの後さ、テレビ見てた友達に「あれ、ホントにみんな着てたの?」って聞かれたよ。
村:あの中にひとりだけホントに裸の人が混じってるんだ?凄いいっぱいいる中で、ひとりだけどっかで裸なの。…それ凄いな。俺、それをする勇気は凄いと思うよ。
黒?:でも、あの後オズマ君本気でしょんぼりしてたよね。
酒:オズマ君は本当に良い人なので、あんなことをしても暖か?い目で見守ってくださいね。って事で、今日のゴスペラーズライブも暖か?い目で見守ってくれると有り難い!
酒井さん以外の4人がベンチに移動。
酒:でも「ふるさと」あの曲を聴きながら、みなさんの心の中のふるさとも思い出して戴けたでしょうか?では、ゴスペラーズにとってのふるさとってなんでしょう。やっぱり、公園のベンチで歌っていた頃なんでしょうかね…(ベンチに移動)

♪3:S.C.S
♪4:Something in my soul
♪5:Get me on
♪6:パスワード

スポンサーサイト

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@京都会館第一ホール ?

♪6:パスワード終わってMC

村:じゃあ、この辺で皆さんには座って頂いて。
客席が座るのを待ちつつ。
北:この時間好きなんだよね。
安:お客さん一斉に後ろ向くのね。
村:立つときに頑張って置いた荷物をさ、また持って座り直すんだよな。

安:さて、お正月休み皆さんどう過ごしてましたか?
北:僕はハワイに行ってました。両親と妹は先に行ってて、僕は後から合流して先に帰る。みたいな。
客席から「えー?」みたいなリアクション。
北:だってしょうがないんだよ。別に恨み節言うわけじゃないし。
安:ハワイだから4人でやりますって訳にはいかないでしょー。
村:えぇ!?京都?ちょっと無理!みたいなね(苦笑)
安:で、何をしたんですか?ハワイで。
北:僕は今年は両親それぞれに親孝行をする事を目標にしていて、母にはならってる足ツボマッサージをしました。
安:この人がね、習ってるんですよ!先生じゃなくて生徒として!(北山さんの肩を抱きながら)
酒:じゃあお前はテキストだ!テキスト北山だ!
?:色々習ってるからね。テキストな。
村:でも、絶対歌以外で生計をたてようとしてるよな。手に職を付けようとしてる。そのうち店とか開くんだ。CDのジャケットとかいっぱい飾っちゃって。
安:ゴスペラーズが揉む店。とか言ってな。って、ゴスペラーズが揉む…。
村:夜はスナックとかになるんだよ(笑)
安:で、他には?
北:あと、父にはゴルフを教わろうと思って。
安:父親が息子に何か教えるって言うのは夢だからねぇ。
北:で、親父に教えてもらったんだけど、最初は遠慮してるんだけど「どう?」って聞いたら「ここはなぁ」とか言って凄い説明始めるの。
てっちゃんがマイクで北山さんの肘の辺りを突く。その後腰の辺りを、姿勢を直すようにしながら触り始める。
安:それ、知らないおじさんだよ!
村;(すっごい嬉しそうににやにや)

安:えーと、じゃあ黒沢さんは。あ、黒沢さんもハワイ行ってたんだっけ?
黒:うん。俺もハワイ行ってた。
酒:なんだよ!2人して芸能人だからって正月はハワイかよ!!芸能人気取りやがってさぁっ!!(←逆ギレ)
北:なんで急にそんな反応なんだよ。
村:北山の時は何も言わなかったのに。黒沢とばっちりだ(笑)
酒:いや…2人になるとさすがに…(苦笑)
安:でも、黒沢さん行ったんだよね?サーフィンしたとか言ってたけど。
客席から「えぇ??」みたいな歓声がちょっと湧く。
北:なんだよ!良いじゃねぇか、サーフィンやったって!
黒:でもね、スクールみたいなので3時間とか教わっただけなんだけどさ。
安:それってさ、3時間ずーっとなの?
黒:そう。
安:凄いね、それ。
黒:途中でインストラクターの人が「疲れた?休む?」って聞いてくれるから、休むって言ったら「じゃあ、その上座って」って言って、サーフボードの上に座って休むんだよ(サーフボードまたいで座る真似)
でさ、休んでたら他にサーフィンやってた人に「あの…ゴスペラーズの人ですよね?」とか言われてさ「握手して貰って良いですか?」って言われて、手ぇ差し伸べられてさ。握手してきたんだけど。
安?:落ちなかった?
黒:それは大丈夫だった。

安:リーダーは?正月は。
村:俺は博多でDJやってた。2日間博多でDJ。
安:バッはは?(←酒井さんに向かって)
ヤス以外のメンバーが「バッハじゃないよ!」「○○だろ?」「違うよ!」と総突っ込み。
安:あー!!もう良いよ!カールで!!髪がくるくるだからカールっ!!(←逆ギレ)
?:ハイドンだろ(笑)
安:あ、そうかハイドンか。ハイドンはお正月は?
酒:俺は、正月は実家の猫と触れ合い…。猫マニア究極の奥義「猫枕」と言うのがあって、こう、丸くなって寝てる猫にそーっと近づいて顔を猫に近付けて、でも人間は顔の下っ側を筋肉で支えた状態なんだけども。
安:猫に乗せると重いからね。
酒:そう。だからギリギリのところをキープして猫の眠りを妨げないようにした上で、猫の「ごろごろごろごろ?」ってのを楽しむ。って言う事に挑戦してた。あと、更に難易度の高い「猫マフラー」ってのがあって、猫をこう、ぐって持って肩に乗せるんだけど。でもそうすると、猫ぴょ?んって逃げてっちゃったりするから、その一瞬を楽しむと言う。そんな、都会のマンションで猫を飼う事もできない俺は癒されてきた訳です。
安:この仕事してるとツアーとかで家空けるからねぇ。で、そんな俺はと言いますと。酒ばっか飲んでました。
客席の反応ちょっと薄い。
安:あれ、俺言わない方が良かった?言わなきゃ良かったね(←ちょっとヤケ)
北:いやいや。
安:ゴスモバイルで、俺がシャンパンを飲んだ分だけ更新されると言う、自分の首を絞めるような企画もスタートしました。と、言っても飲んだときに書いた詩を載せるだけですけどね。別にシャンパンについて詳しいとか、そういう訳ではないので。
ここで、「見た人?」って質問されたんだけど、ちょっとまばらで、ヤスが少し拗ねてたら北山さんがフォローしてました。
村:でもさ…正月は太るよな(←唐突)
メンバー呆気に取られつつ同意。
村:だってさ、そうだろ!?みんなだってそうだろ!?正月明けて仕事行ってさ、上司とかに「君ぃ?ちょっと…この辺りがちょっとねぇ…(←イヤらしく読んで下さい)」とかってさぁ。
安:それセクハラだよ!!俺、今生でセクハラの現場見ちゃった。
酒:テキスト!セクハラの現場を押さえるんだ!!
村:でもさぁ、そう言うのあるだろ!?
安:あるけどさ。それはセクハラだよ。
村:イヤ、俺さ、ツアー始まる前の2006年10月に人生で最大値の記録を更新したのよ。それまでの最大記録は200○年の「永遠に」がブレイクした頃で、あの時はミュージックステーションの特番でタモさんに生で「ちょっと太った?」って聞かれたんだけど。
酒:「髪切った?」と同じノリでね。
村:あの時の記録を2006年10月に1?更新したのよ。で、やばいと思ってデニーズ行ってもザ・ベジタブルばっかり頼んでさ。俺は何の為に生きている。生きる意味ってなんだ?とか思いながら。
安:でもデニーズには行くんだ?
村:デニーズは俺の台所だから。で、そうやって落としたんだけど、やっぱり正月はダメだなー。3日で○?太ったもん。
安:俺はあんまり変わらなかったけど。でも、実家に帰ると食べちゃうね?。あれもこれもって出されると、ついつい食べちゃうから。酒井さんは?
酒:うちの実家さ餅つきするから、お雑煮とか出てきて「餅いくつ食べる?」って話になるんだよね。
村:また、自己ベスト挑戦とかしたのか?
酒:いや、してないけど。でも昔はやって5個とか食べてさ。そうなるともう、雑煮だかなんだか分からなくなっちゃうの。餅がすっごい乗っかってて、未確認物体みたいなって「隊長!未知の食品を発見したであります!」みたいな。だから昔は丼で食べてたりもしたんだけど、今は難しくなってきたなぁ。
村:餅は2個でも厳しくなってきた。
北:でもさ、餅焼いて醤油付けて海苔巻いたらいくらでもいけない?
村:いくらでもは無理だろー。
安:北山さんはこう見えて、炭水化物だけはものすっごい量食べますからね。北山か酒井かってくらい、ゴスペラーズの中では食べますよね。
村:胃下垂なだけなんだけどな。
北:そうなんだけど。だって、醤油付けて海苔巻いたやつの自己最高アベレージ8個だもん。
他:8個!?
酒:(北山さんに歩み寄り、握手して肩組んで無言で頷きながら分かち合う)男はたくさん食べてこそ男なんだよ!
北:あぁ、ありがとう。

どんな風に閉めたのかは忘れましたが。
黒:ここで、皆さんにせっかく座って貰ったのでしっとりとした聞かせる曲を。
村:これで立ってたら辛いもんあるよな。立って漫談聞かなきゃなんないの辛いって(苦笑)
黒:じゃあ、アカペラの曲をやります。「Platinum kiss」

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@京都会館第一ホール ?

♪7:Platinum Kiss
♪8:永遠に
♪9:Prisoner of love

♪8『永遠に』で黒ぽんAメロの歌詞間違えてBメロの歌詞入れて歌ってた気がします。ホントにワンフレーズだけだったけど。
♪9『Prisoner?』で照明が朱色に変わって、夕焼けみたいな色になって。後ろにセットされてた門扉がゆっくり左右に開く姿は圧巻。
曲最後でバンドメンバーの演奏に乗せながら、舞台左袖にメンバーが退場。
ラストはてっちゃん。

?バンド演奏?

♪10:The Ruler
♪11:Slow luv

♪10『The Ruler』で、酒井さんが使う拡声器にはコードが付いてて、酒井さんに渡した後スタッフがそれが絡まないようにぐるぐる整理してました。
トークボックス部分「一度狙った獲物なら?」の後「I teke」の直前で拡声器とマイクを取り替える部分があってね。左手に持ってた拡声器下げて、右手のマイクで歌うだけなんだけど、ここがすっごい格好いいと思うのは私だけでしょうか。余談ですが…(笑)
♪11『Slow luv』曲最後の柔らかい「slow luv それは儚い Slow Luv 夜明けの夢さ」の部分。ここで、酒井さんが左手にマイク。余った右手で言葉に合わせて、顔の辺りですぅーっと横にひっぱって摘んで流す。みたいな動きをするんですけど(←見た人しか解らないだろうな…)これがまた、流れるような動きで色っぽいの?。
って、この2曲の時に冷静な私のレポを求めてはいけない…。

曲終わってMC

マイクスタンドが舞台袖より用意される。
安:さて、ゴスペラーズ衣装も替えて登場ですが。どうでしょう。
客席から拍手。
酒:紅白でシーモさんも豹柄だったね。そう言えば。
他:あ!そうだ!
安:あれはどうなんでしょう?やっぱり被ったとか思う訳ですか?ファッションリーダーの黒沢さん的には。
黒:いや、そうは思わないけど。でも実はこれ(豹柄)で出ても良いかなって思ってたんだよね。
村:豹柄で『ふるさと』!?せめてグリーンの方だろ?。
酒:兎食べちゃうからね。
村:本当に「うさぎ美味し」になっちゃうんだ!?
安:「うさぎ追いし」じゃなくて「うさぎが美味しい」と!
酒:違いますからね?。あれは「うさぎ追いし」で追いかけてるんですからね?。
村:でもこれ、5人で豹柄だから凄いんだよ。
黒:1人で豹柄とかはあるけどね。
村:でもさ、もう着てない色がないって話なんだよな。
黒:そうなんだよね。黒とか、意外と白とかも凄く着てるんだよ。
村:テレビだと黒とかが多いし、ジャケットとかで白は良く着てるしなぁ。今度はいっそ5人で5色とかか!?
酒:5人で5色っ!!本当に5レンジャーになっちゃうんだ!!
黒:赤は解るよね?。
村:ピンクは誰だ!ピンクは!!
北:あとはアレだね。七色とか。七色ストライプのスーツとか。
?:それもイヤだろ?。

安:さて、マイクスタンドが準備された訳ですけど、これはボーカルグループにはなくてはならないモノでして…。
とかなんとか説明。
安:ここからは、様々な愛の曲をやりたいと思います。

♪12:Simple words
♪13:ひとり
♪14:ミモザ

♪12と13の間にヤスの台詞あり。
「様々な言葉を重ねるより、たった一言で伝わる言葉がある。しかし、その一言を言わない事によって、意味が伝わる事もある」
とかなんとか。
うーん、まだ不完全だな。覚えられない。

曲終わって。
村:さて、この辺でもっと熱い曲やっても良いですか!?
客席から喝采。
村:もっと熱い曲。やっても良いですかぁっ!!
客席更にヒートアップ
村:じゃあいくぜ!

♪15:狂詩曲
♪16:SAYONARA
♪17:Tonighit
♪18:祈りの街
♪19:Two way street

♪15の時は、腰より何より跪く姿が色っぽい気がします?。
これ、前の方だと色んな意味で要注意な曲(苦笑)
♪16『SAYONARA』
後半「もう行かなくちゃLady?」とてっちゃんが上段のステージで歌い上げ、下ステージで他のメンバーが「旅が終わる日まで?」と被せる部分。
宇都宮の時はメンバーは客席に背を向けて、バンドメンバーの方を向いて歌ってたんだけど、今回は一端後ろに下がったのを再度前に出てきて、歌って、そして下がって後ろを向く。と言う振りに変わってました。
最後のてっちゃんの「さよなら…さよなら」も言ってる事は同じだけど、雰囲気柔らかかったような気が。
♪17『Tonighit』
宇都宮ではマイクを向けた出だし部分は、今回はマイクを向けずに自分で歌ってました。諦めたか?
♪18『祈りの街』
を歌い終え、てっちゃん。

村:ここまで、懐かしい1stアルバムの曲をやりましたが、1st.をやったので次は2枚目から!これまた懐かしい曲を!!
ここだっけな?
G10の時の「go back?」みたいな曲がかかって、そんな感じの振りがあるの。
♪19『Two way street』
が終わるとメドレーに突入。

村:これはどうだろう。

と言って流れるのはピッチの上がった『東京スヰート』
サビの「stay with me darin」の部分だけ、早いピッチで歌うんだけど。

村:これはこういう風に歌う曲じゃないな(苦笑)

ちょっとFIVR KIESみたいな感じの繋ぎ演奏が入って、この時メンバーはステージに横一列に並んで、横向きになってリズムに合わせて腰を徐々にお年ながらヘッドバンギング。

そのままの調子で。
『星空の5人(前奏だけ)』『FIVE KIES(wow wow wow wowo?の部分のみ)』『いろは(ピッチ上げて「G is for us is for the Gospellers」の部分まで)』『イントロ'95(自己紹介前まで)』

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@京都会館第一ホール ?

メドレーに一区切り付いて、バンドメンバーが次に流した前奏。
その前奏を、メンバー全員バンドメンバーの方を振り向いて「何だ?」みたいな感じで聴きながら。

♪20:MO'BEAT
出だしの「だからもっともっと」の部分が、ちょっとバリさんのアレンジ入って変わってました。1回歌って、もう1回歌い続ける、みたいな漢字で。
終盤はなりきり。
「そろそろ皆さんの出番です!」とかなんとか、てっちゃんが振って。
『なりきりゴスペラーズ!』とのタイトルコール。
サビの部分のバックコーラスのなりきりで、最初は平歌。次が会場右端でヤスの高音パート。次いで、会場左端の酒井さんの低音パート。
後半で合わせる時に、酒井さんがステージの左端で髪振り乱して全身で指揮者みたいな動きして「もっと歌って!」みたいに煽ってました。
ハイドンだから(笑)

なりきり終わって。

村:じゃあもう1曲。ひとつになる曲をやりましょう!!

♪21:一筋の軌跡
てっちゃんの前振りで何の曲か察した観客は、出だしからしっかり人差し指掲げて一緒に歌ってました。
最後「ラララ?」の部分は客席にマイク向けて「歌って!」と煽り、ラスト。
村:歌詞、行こうか。
との声に、観客も「ひとつになるのさ」の部分を合わせて、いつもよりスローテンポに終了。

曲終わって、挨拶しながらメンバー退場。
にこにこと、手を振りながら舞台袖へ一端はける。

場内の鳴りやまない拍手に迎えられ、再度メンバー登場。

村:みなさん、アンコールありがとうございます。
ここで1曲、楽しい曲をやりたいと思います。

とかなんとか、てっちゃんが喋って。流れるオープニング。

♪22:WinterCheers!
オープニングで、左右上下で手拍子を打つ振りは健在。
「WinterCheers for you?」の時の、5人揃って客席に手を広げる振りが凄く嬉しい。サビの振りも可愛い感じ。
最後の歌詞。
「待ちわびた京都に?♪」に変わってて、その瞬間客席から大歓声。

曲終わって、近況報告。っていうことで年末にリリースされたコラボ作品等のCD発売中という話を、各メンバーが1タイトルずつ話す。
5人がそれぞれ紹介して、さて、終わりかって所で酒井さんが挙手して。
酒:はい!最後に!ゴスペラッツのDVDも発売してます!
この話題の時かな?黒ぽんが紹介した時かなにかに「あっちの方で売ってます」って会場の外の方を指さしたの。
あと、てっちゃんが「でも、これ全部揃えるって凄いよな。…まぁ、何かの機会にでも良いので聴いてみてください」と言ってました。

ここでバンドメンバー紹介。
玉川さんがピックを投げようとしたんだけど、それがフェイクで、1列目の人に手渡ししてました。で、それをメンバーに「投げるんじゃないんかい!」と突っ込まれてました。
どこだか忘れたけど(たぶん「Get me on」の頃かな?)バリさんとゴスだけって状況がステージにあって、その時に「ゴスペラーズの初期メンバーみたいなもので、売れてない時代にバリK?んと6人で、まさにワンマンバンドで全国回ったりもしてました」っててっちゃんが話してました。
バンドメンバー全員紹介して。

黒:ゴスペラーズにとって、坂道を登るということは凄く意味のある言葉になってるのですが。それは、デビューした当時から、ゴスペラーズ坂って言って、その坂道をみんなで登っていくんだって言う思いでやってきたんですけど。そんな、坂道を登る先には何が見えるんだろう、っていう曲をやりたいと思います。

♪23:陽のあたる坂道
全体的に照明が赤っぽい夕焼け色に変わる。
曲を歌い終え「Grace in the sun」の部分を控えめに歌うメンバー。
それに合わせ、バンドメンバーが静かに退場。
ひとりずつ、階段を登って門扉の前に行き、全員揃った所で門を開けて退場していきます。

バンドメンバーが全員退場した所で「Wo?Grace in the sun」客席に向かい直して歌い、曲終了。

村:ここで、素晴らしいゴスペラーズバンドのメンバーにもう一度盛大な拍手を!
客席もメンバーも拍手。
村:さて、じゃあ最後にひとことずつ。まず、俺から。
今日ライブをやっていて、今回のツアーは旧い曲とかも沢山あるんだけど、そんな旧い曲でも反応してくれて、一緒になって口が動いてるのが見えて。ある意味俺らよりも正確に歌ってる事もあるんだけど。最初からじゃなくて、途中からでも『ゴスペラーズ良いね』って言ってくれて、色んな曲聴いてくれて、ライブに来てくれて、そして、旧い曲でも一緒に歌って貰えるようになった事。それが凄く嬉しく思います。
今日はありがとう!村上でした!

安:(ごめんなさい。覚えてないです)

酒:えぇ?。先頃オープンした漫画博物館なるものに、足を運んできました。そこには、沢山の漫画があって。古くて紙とかが黄色くなっちゃってる…、あの、沢山の人が読んでて、そこの本は古い貸本屋さんとかから寄贈されたのもあったりするからなんだけど、そんな、古くても素晴らしい本がたくさんありました。俺も、そんないつまでも読んで貰える漫画のように、いつまでも聴き続けて貰える歌を歌っていきたいと思います。今日はありがとう!

北:前にてっちゃんが言ってて、それを誰かから聞いた又聞きになっちゃうんだけど、良い曲っていうのはCDが何枚売れたかじゃなくて、そのCDを何回聴いて貰えたかって言うことだと思うんです。俺は、それを聴いた時、膝を打つ思いだったんですけど。そんな、何度も聞いて貰えるような曲を歌っていけるように頑張りたいです。北山でした。
(「膝を打つ」発言の時、上段ステージの門扉の前にいた酒・村の2人は「膝を打つ」真似をして、2人でにやにやしてました)

黒:えー。今日は新年初のステージと言う事で、何か大きな事をしでかすんじゃないかと、内心緊張してたんですが、無事に何事もなく終わることが出来てほっとしています。北山も言ってましたが、これからも聴き続けて貰えるような曲をゴスペラーズも歌っていきたいと思います!僕も良い曲を歌います!黒沢薫でした!

各メンバー、1事喋り終えると順番に門扉の前に移動していて、5人揃うのを待ちます。
そして黒ぽんも揃った所で。

村:じゃあ、最後にもう1曲。

♪24:星屑の街
ステージの5人の所にだけ、ピンスポットが当たっていて、途中からかな。
ステージ上の照明が星空みたいな感じにかわるの。

歌い終えて、観客の拍手の中一礼。
黙ってゆっくりと扉を開け、メンバーも退場。
最後に黒ぽんと安だったかな?扉をゆっくり閉めて、退場して終演。

3時間のライブの終了です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。