スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@日本武道館初日 ?

SEが鳴り止み、暗転した場内に響き渡る語り。
その語り部分に会わせて、ステージに映し出される文字。
ステージ中央辺りは白。ステージ上の緞帳などに映し出される文字は赤く変色しながら、映画のエンドロールのように流れるのはセルゲイからの言葉。

『覚えているかい諸君
私の名はセルゲイ。
かつて鳥人という名で世間を賑わせた事は、君達の記憶にも残っているだろう。
そんな私の耳に、自らの記録を塗り替えようとしている君達のうわさが入った。
そんな君達の姿は、若き日の自分を見ているようでもある。
もし、君達が自らの記録を塗り替えることができたら、その時は私の跳躍の秘密をそっと教えよう。
さあ、諸君。
彼らの姿をしっかりと目に焼き付け、その記録の証人となるがよい。』

こんな感じの言葉が流れていきます。
それが終わる頃には、中央の門扉を開けて5人が登場。
そして、ステージ左端にはホーン隊の皆様(サックス×2。トランペット、トロンボーン各1名
)バンドメンバーとホーン隊の演奏に合わせて曲が始まります。
ちなみに、バリさんも正装で登場。
アフロを巻いて、がっつりドレッドになってました。

《セットリスト》
♪1:Let it go
♪2:Love has the power
♪3:Love Light

【MC】

♪4:S.C.S
♪5:侍ゴスペラーズ
♪6:パスワード

【MC】

♪7:Platinum kiss
♪8:永遠に
♪9:Prisoner of love

【バンド演奏?衣裳替え?】

♪10:The Ruler
♪11:Slow luv

【MC】

♪12:Simple Words
♪13:ひとり
♪14:ミモザ

【MC】

♪15:Lean on me
>一部なりきりあり。
♪16:熱帯夜
♪17:狂詩曲
♪18:SAYONARA
♪19:終わらない世界
♪20:FIVE KEYS
♪21:一筋の軌跡

【EN】
♪22:ハリケーン
♪23:陽のあたる坂道
♪24:星屑の街

衣裳はホールツアーと変わらず、前半が黄緑・後半は豹柄。
スポンサーサイト

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@日本武道館初日 ?

♪1:Let it go
♪2:Love has the power
この部分で自己紹介入ります。
村→黒→酒→安→北の順。
♪3:Love Light

【毛穴の話】
安:お待たせしましたゴスペラーズ。今日が61本目で、今まさに記録更新中な訳です。

この後何言か喋って。

安:僕の身体はもう真夏のようです!
村:安岡、いつにも増して汗だくだもんな。今回はゴスペラーズ初のスクリーン入ってるから、汗も良く映るんじゃないか?
安:あ、そっか(←カメラがヤスをアップで映すので、ヤスも2回くらいウインクしたりポーズ取ったりしてました)
村:ダメだよ。俺なんか最近毛穴閉じてきてるから。
安:俺のはむしろものすっごい開いてるけどね。
村:開きすぎるのも問題だろ。

【お土産とか色々】
安:さて、長い長いこのツアーですが。全国各地色んな所に行って、色んなお土産買ったり貰ったりしたと思うんですよ。そんな中で、何か面白かったお土産とかってあります?
他:即答できず、一瞬詰まる。
安:………って、ごめん。本当にごめんね。今、俺も考えついた事、そのまま喋ってるからさ。何かある?
北:はいっ!(←Aラインに立ち勢いよく挙手)
安:ほら、この子はやれば出来る子だからさぁっ。やれば出来る子なの、この子っ。
酒:嫌な事は先に済ませておこうとか思ってんだろ!
黒:一番最初だったら、多少おもしろくない事言っても大丈夫だと思ってんだろ!
安:はい、じゃあ北山さん。
北:俺は、このツアーが始まる直前だったかな。リーダーが突然やって来て「はい、これお土産」ってくれた事があって。なんだろうって思って開けたら、だるまのストラップなの。うるさ……じゃなくって、良く鳴る鈴が付いててさ。それをくれたんだけど…って、メンバー全員にくれたんだけどさ。あれは、ツアーが無事に回れますようにって事だったの?
村:あれはさ、ツアー始まって2本目の、群馬にある高崎のだるま大師って所で買ったんだよ。全国で初めて願掛けだるまが始まった所なんだぞ。
北:そうなんだ。
安:でもさ、あれほんっと鈴が五月蠅いくらいでさぁ。鞄の中に携帯入れて、どこにいったか分からなくなっても鈴の音で分かるって言うね。しかも、その音が電話してる間中リンリンリンリン言ってるんだよ!
北:俺、妹と電話で話してた時に「お兄ちゃん、その音どうにかならない?」って本気で切れられたもん。
酒:リンリンリンリンリンリンリンリン(←言いながら電話しながら歩き回る真似)
北:でも、あれいらいリーダーがお土産をくれるようになったと思う。
安:嘘だ!あれ以外貰った事無いよ!
酒:北山にだけ買ってきてるとか!?
黒:それはずるいなぁ。
村:そんな事無い無い(笑)

安:他に。誰かありますか?

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@名古屋国際会議場 其の壱

『Love has the power』を歌いながら自己紹介。

村:名古屋2Days!今日も昨日以上に楽しんでいきたいと思います!
酒:地元っ!地元だからと言って、決して甘えた気持ちではやりません!
安:(忘れました。ごめんなさい)
北:みなさんこんばんは(←この後覚えてません。妙に丁寧に言ったのでここだけ覚えてます)付いてきて下さいね。(←これで締めたんだ!)
黒:黒沢薫でーす♪(←妙に可愛く挨拶してた事だけは覚えてます)

村:お待たせしました名古屋2Days!昨日より盛り上がっていくぞ!
客:歓声
村:昨日より盛り上がって行くぞっ!!
客:歓声
村:お待たせしました!俺達が…
吾:ゴスペラーズです!!!!!

2曲終わってMC
【経済効果と人間椅子】
村:今日も満員御礼ありがとうございます!
安:3000人入るから2日間で6000人ですか。凄いですねー。
黒:経済効果だよね。
安:昨日と今日参加のお客さんが、帰りに全員そこの熱田神社に参拝して帰ったらもの凄いお賽銭になるよね!
北:それは経済効果じゃないから!
村:賽銭には税金がかからないらしいからな。
酒:税金の話とかしないで良いから!
村:いや。本当に賽銭に税金はかからないんだよ(←酒井さんに背を向けるようにしながら)
酒:良いから!そんな金の話は!

安:さて、名古屋はG10の時にレインボーホールに来て以来ですね。その前は3年前の号泣でしたか。
黒:凄いよね。この会場。椅子とか凄い座り心地良さそうで。腰の所とか疲れないようになってるの。
村?:中に誰か入ってるんだよ。
安:怖いよ!
村:中に誰か入って、後ろから指圧とかしてくれるの。
北:はぁっ!って(←ツボを押す真似)
黒:まさに人間椅子だ!
酒:急に文学的な事言うなよ!
(※注:江戸川乱歩の作品にあります。人間椅子。内容は乱歩だけに推して知るべし)
安:でもさ、3000人で後ろに人入ってたら6000人になっちゃうじゃん!1日で2公演分だ!
酒:名古屋公演もう一回やらないとか!

村:愛知と言えばさぁ…なんだっけ、あのライブハウス。
安:空調が効かない所?
村:キャパが600くらいでさぁ…。

この時客席から会場名がいくつか出ます。
それを聞いて、メンバーが口々に「それだ!」って言ってました。

村:あと、愛知と言えばクワトロの順延な。台風で延期。
安:あぁ、台風で新幹線止まっちゃって来れなかったのねー。
北:あの時、スマイルってバンドは新潟まで出て、そこから飛行機で名古屋入りしたんだよね。それ聞いて「そんな方法があったのかぁーーっ」って凄く悔しかったんだ(←手を膝に付いて心底悔しそうに)
安:俺らは新幹線乗っちゃったから5時間東京駅で足止めくらったんだよね。
北:あれは本当に悔しかった。
村:って、この話判る人いなさそうだよな。何年だ95.6そのくらいか。


【予想以上に緑】
安:はい、じゃあ恒例ですが。今日が初めて参加って人どのくらいいる?ゴスペラーズ今日初めて見ますって人。

客席から挙手。

吾:おぉぉ。いるねぇ。前の方にも結構いますねぇ。
酒:はいどうもー。こんにちはー。初めましてー(←妙に愛想良く)
村:大丈夫?最初からこういうので驚いてない?
安:ゴスペラーズ予想以上に緑だ!とか。
黒:イメージは黒なのに緑だ。って?
酒:白ってイメージはあるらしいよ。白い衣裳着てテレビとか出るから。
黒:あぁ。白もあるよねー。
北:あと、ゴスペラーズ予想以上に6人だったとか。
他:予想以上に5人っ!?
安:私の中では6人なのに、本当は5人なんだ?みたいな!?
黒:誰かいなくなったんだ!
安:メンバーチェンジか!
酒:はい、嘘ですよー。ゴスペラーズ最初から5人ですからねー。
村?:でも、昔から衣裳の話は良くされるよね。昔は衣裳なんかもなくて、みんなバラバラの私服でテレビ出たりしてたから。
安:まさに「ON×ON×ON」とかやってる頃ね。
村:そう!色んな所で歌わされたよなー。テレビ塔の下とか、放送局の前とか。
安:あの頃はそれで、歌ってる事で道行く人の足をいかに止められるかみたいな所があったからねー。
村:その当時はだから、みんな私服で歌ってたんだよ。今みたいにスーツでって訳じゃなくてさ。
北:ボーカルグループ=スーツってイメージではあったけどね。
村:安岡なんて凄かったよな!
安:ゴーグルだからね。ゴーグルに短パン!あの格好で、テレビ出てそのまま学校行ってたから。
北:キーワードが沢山ある訳だ。
黒:でも、あの頃はだから、持ってる私服の中でもちょっと良いのをテレビ用にしてみたりね。
安:新しい服買っても「ON3」で着てから私服にするとかね。どーせいずれは私服になっちゃうんだけど。
酒:このTシャツはどうだろう?良いかな。いや、まずいだろ。みたいな事もあったよね………って、ダメな事の方が多かったけど。

村:あと、東海テレビさんには去年お世話になりましてね。「紅の紋章」ってドラマの主題歌に使って頂きまして。
黒:べにもんね。
安:べにもんって略し方で合ってるのかなぁ。皆さん見てました?

客席から反応アリ。

安:凄かったよね。急展開に次ぐ急展開なドラマでさ。
黒:急カーブ抜けたらまた急カーブみたいなねー(←S字カーブの真似をしてます)
安:そのうちどんどんどんどんご両親増えてきちゃって、誰が本当の親だか結局判らないの!誰が本当の親なんだよ!って。
黒:あの赤ちゃんはいつまで寝てるんだろう。とかね。
安:そこなんだ!?
黒:うん。
安:でも、意外と見てたんだよね。
黒:結構見てました。

確かこの辺の流れで『Platinum Kiss』へ。

ヤスに曲を促された黒ぽん。
黒:はい。じゃあ、みんなにはこの間に汗拭いたり水分補給をして貰ってね(←他のメンバーは移動しながら汗拭いたり水飲んだりしてます)
黒:アップテンポな曲を歌い、アップテンポなトークをし、これからバラードを歌う訳ですが。僕はずっと喋ってます。
酒:大丈夫?
黒:うん。大丈夫。それでは「紅の紋章」の曲にいきたいと思います。


【北山先生】
どこだか忘れたけど、たぶんこの辺りなのかな。
黒ぽんとてっちゃんとヤスか誰かが何かぼけたの。
そしたら、酒井さんが「ひとりずつボケるの辞めなさいよ!どこに突っ込んで良いか判らないだろ!」って言い出して。
それに対しててっちゃんが「なんだよ、お前ひとりだけ整理しようとしてさー」と言い出す。
「アナタだって普段は整理するの好きなクセに!」と応戦する酒井さん。
白熱する言い合いに誰かが「2人してかき回すのやめなよ!」と言っても聞き入れず。

はい!2人とも静かに!

と、北山さんが先生風に一歩前に出て一括。
「はぁ?い」と引き下がる村上・酒井。
でも、北山さんの言葉に従った後も後ろでちょっと意地突っついてたけどね。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 2日目 其の参

【悪い子達だ!】
なりきりの時です。

『MO'BEAT』の後半、音が徐々にフェードアウトしていって、なりきりに行く直前。

村:おっしえない♪おっしえない♪(←突然歌い始める)取り敢えず歌ってみて!
(何故かハモれる客席)
村:おぉ!教えなくてもハモってる!
酒:こんのぉっ!常連がぁっ!そんな悪い子達にはお仕置きだぁっ!
(それでも完璧にハモる客席)
村:OK。OK。じゃあ、基本の部分だけ。

ちなみに、この日の歌の先生は北山さん。
非常に難解なウォームアップをさせてくれました。

そして、コーラス部分を1階。左右。2階。3階。と、徐々に色んな部分を試させてみて、満足なてっちゃん。
酒井さんは相変わらず指揮者みたいに煽ってました。
ラストは全員で歌って終了。

【それはどうなんだ?】
『狂詩曲』の前だったかな?
コール&レスポンスがありまして。
昨日に引き続き、低音のコール&レスポンス。
それが今日は抑揚を付けてるんだけど、その抑揚に合わせて酒井さんとてっちゃんが和式便器で力んでる人の真似を始めるの。
抑揚に合わせて、立ったり座ったり。
しばらくそれを繰り返してました。

【硝子の心臓】
コール&レスポンスの時か何かだったと思うんだけど、3階席から「陽一さぁーん」って声が上がったの。
それを受けたてっちゃんが、ぽかーんと口開けて止まっちゃって。
で、その後もう一回同じコールがあってね。
北山さんは「呼んだ?」って返したんだけど、やっぱりてっちゃんがぽっかーんって口開けて止まったまんまなの。
それを見たヤスが「みんな、もう少し気ぃ使ってあげてね。こう見えても硝子のハートの持ち主なんだから」って言ってました。

【告知色々】
村:ところで…な、酒井。酒井が今度名誉ある賞を受賞する事になったんだよな(←大嘘)
酒:お?あぁ。なんだか文化勲章か何か名誉ある賞をって言うんだけどね。まぁ俺はそうなったら辞退する気でいるんだけれども。
村:なんだっけ?ベストジーニストだっけ?
酒:そう、同じ人ばっかり受賞してるのに終止符を打とうかと思って…って、何でやねんっ!
村:まぁまぁ(←凄い満足そう)酒井のラジオが4月から始まったんだよな。
酒:何をおっしゃいますか。あなたの番組でもあるでしょう。
村:いやいや、あれは酒井の番組だから。
酒:いやぁー、あれは村上てつやと酒井雄二の番組ですから。村上さんの番組でしょう。
村:と、不毛な譲り合いをしていても埒があかないので。ラジオやってます。聴けるよね?全国ネットで良かったって思う瞬間だけど。「On The Album」と言う番組です。…って、今日か。土曜日だから。
酒:そうだね。
村:今日も良いのかけますよ。
酒:今日かけるのは………おっしえないぃ?(←ハハーンみたいな雰囲気で)
村:まぁ、今日も我々がぐだぐだ喋ってますので、どうぞ聴いてみて下さい。本日10時から「On The Album」お願いします。

【未来を担う子】
『風をつかまえて』の後

村:ゴスペラーズのコンサートも会場にお子さんを連れて来る方も増えました。
もしかしたら、その中の子どもたちが、これから大きくなって歌って踊れるボーカルグループになるかもしれません。
黒:俺達が成し得なかった事ね。
村:本当に、お母さんの影響って大きいからね。お父さんじゃなくてお母さんなんだけど、お母さんが聴いていた曲ってずっと忘れないから。で、何年か後にデビューして「ゴスペラーズに憧れて来ました」とか挨拶に来るの。内心ドッキドキなんだけど「おぉ、そうか」とか言ってみたりしてね。そういうのを目指して、たかが13年、これからも頑張りたいと思います!

【64と言えば】
最後の挨拶。

村:沖縄でライブを待っていてくれた人もいると思います、沖縄のライブだから見たくて来た人もいると思います。楽しかった!どうもありがとう!また来ます!村上でした!

安:外からの風で、僕の身体はもう夏です(←そんな感じの汗ネタ)

酒:64…64と言って思い出すのは…任天堂64…ロッキーが試合するまでに○○した数が64…………と、誰にも伝わらない事を言い出して、64と言うのは、今回のツアーの本数です。64本もやると、今日初めて酒井雄二を見たって人もいると思うんです。「酒井さんてこういう人なんだー」って。なので、ライブ中には真面目に『うん…(←二枚目風に)』『そうだね…(←二枚目風)』みたいな事しか言わない日もあるんですよ。と言う事で、真面目な事しか言わない日をこのツアー中にどっかでやろうかと思って…。
村:聞いたぞ(←すかさず。しかも声でかい)
(客席大喝采)
村:聞いたぞ!酒井、お前やれよ!ネタバレ凄いぞー!
酒:俺は何も言ってないっ!やるなんて一言も言ってないっ!!もう良いっ!帰るっ!!(←逆切れして、ダカダカ階段を昇る)

北:………えー…。なんだか、何を言ってもどうでも良いよね………。何言うか忘れちゃった。
酒:(暗いステージ上段から)ごめん!これは俺が悪かった!次の人の流れも考えないで、受けばっかり狙っちゃったから!ごめんっ!
えー…北山は非常に優しい男で、今日のライブも非常に楽しんでいたと思います(←突然北山さんの説明を始める)
北:ありがとう(笑)

黒:うん。なんだか、どうでも良いよね。えーっと、今日は凄く楽しかったです。なので、沖縄の言葉で一言「また来るさー!」(←満面の笑みで)黒沢でした!

村:(ステージ上段の暗がりから)イーイーイー♪
黒:イーイーイー♪(階段昇りながらピチピチ釣られる真似)
酒:(リールを回して釣り上げる)
黒:(くるくるピチピチ周り続ける)
酒:かかりましたぁっ!
安:入れ食いだなぁ(笑)
村:じゃあ、もう1曲良いですか?(←笑ったまま)
(客席拍手)
村:それでは『星屑の街』

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 2日目 其の弐

【黒沢薫の一本釣り】
プラキスの前の頃だったと思う。

村:でもさ、ひとりで部屋にいると突然歌いたくなる事ない?(←唐突)
安:あー…でも、黒沢さんとかそうだよね。
村:昔、黒沢の隣の部屋だった時突然「BODY&SOUL!!」って聴こえてきた事があったよなー。
酒:SPEEDか!
黒:あ?あったねぇ。「BODY&SOUL♪」って(←SPEEDの曲風に)
村:今の、ちょっと男性風にするとB'zっぽい!
黒:「BODY&SOUL!」って(←稲葉さん風に)
村:そうそう!
酒:ちょっと『ウルトラソウル』みたいだけどね「ウルトラソウル!」(←稲葉さんぽく)って。
安:でも、突然隣の部屋からファルセットが聴こえると、それはたいてい平井堅君か森山直太郎君だよね。
黒:そうだねー「さくら さくら 今咲き誇る♪」(←直太郎風)みたいなね。
酒:そう!そうなんだよ!(←何か言いたげに黒ぽんを指さすんだけど、言葉を挟む隙が見つからない)
安:何で歌っちゃうの?
黒:何で歌っちゃうんだろう?
安:だってさ、部屋で一人で歌ってるなら良いけど、この人道ばたとかでも突然歌い出すんだもん。道歩いてて流れてる曲とか突然歌い出すの。
黒:歌えるかなーって思って。
安:それだけならまだしも、飛行機の中とかでも歌い出すからね!ラジオとかで「歌って下さい」って言われて覚えなきゃいけない曲とかだと、ヘッドフォンで聴きながら覚えてる時にね、突然すっごいでかい声で歌い出すの。俺らさ、ゴスペラーズで移動だと2人ずつ座るんだけど、そうすると隣に普通にサラリーマンの人とか座っててさ。歌い始めた途端にすっごいビクッ!!となる訳。でも、ゴスペラーズだって分かると、今度はにやにやしながら見てるの。
村:イヤフォンしてるから、自分の声が聞こえないんだよね。
安:でも、だから「黒沢さん、黒沢さん」(←小声で突く真似)って注意すると「何だよ!?」って怒られるの。
黒:それで気付くんだよね(←ハッと気付いて、しゅーんとなって大人しく座ってる真似)
村:イヤフォンしてるから自分の声が気付かないって、なんだか凄い素人っぽいよなー。でも、黒沢は本当に良く歌ってるよな。俺、新幹線の隣の席で突然「BODY&SOUL♪」って…。
黒:それは嘘だ!
?:嘘はいかんだろー。
村:はい、嘘です(笑)

村:でも、俺達楽屋で「イーイーイー」って発声練習があるんだけどさ。それをやってると、黒沢が釣られて歌い出すんだよな。
酒・安:イーイーイー(←例)
村:始まる前の、みんなが雑誌読んだり好きな事してる時間があるんだけど、その時に別に発声練習を自分の為にしようとか、そういう訳じゃなくて、黒沢今暇そうだなーって思うと、ただ単に黒沢がかかるかを見るためにわざと「イーイーイー」ってやってみたりするの(←撒き餌)
黒:イーイーイー(←釣られて)
村:イーイーイー
黒:イーイーイー
酒:(釣り人がリールを巻く真似)釣れたであります!黒沢薫が釣れたであります!
黒:(酒井さんの側でくるくる回りながら手をピチピチさせて、釣り上げられた魚の真似)
安:釣れてる!釣れてる!
村:こうやって、黒沢拓とか取るんだよ。
酒:黒沢拓1m65cmの黒沢薫が釣れました!
黒:1m65.9cmなんだよ。公式は166cmってなってるけど、本当は165.9cmなの。ヒミツね(←人差し指でシーってしながら)
北:1mmくらい良いじゃないかよ。166.1cmだって良いじゃん。
安?:でもさ、何で釣られちゃうの?(←とかなんとか)
黒:他の人が出してるとさ、不安になるんだよねー。自分も出るかどうか試してみたくなるの。

と、この辺りだっけな。

安:じゃあ黒沢さん、そろそろ曲にいきましょうか。
黒:そうだね(←定位置に付くが汗だく)
村:黒沢、お前今日も凄い汗だな。
黒:昨日はバナナボートやって、今日は魚やって、普段かかない汗かいてる(←バナナボートの真似を始める)
北:やらなくって良いから!
安:(後ろに下がりタオルを持ってきて、黒ぽんの汗を拭き始める)

そして曲へ。

【ガチガチになってやる曲】
順番が前後したけど、S.C.Sの前振り。

酒:気楽に聴いてくださいね。歌詞間違えたりする事もあるんだから(←言って持ち場に付く)
村:酒井、お前自らでプレッシャーかけただろう(←にやにやしながら)
酒:え!?
村:そんなん言って知らないぞ、って俺の事かと思ったんだけど。
黒:心配になってきた。
安:大丈夫。
村:じゃあ、ガッチガチになって歌おうか。

と、言って歌い始めました。
誰も失敗しなかったけどねー。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 2日目 其の壱

こちらも、記憶がぐるっぐるしてるので覚え書きで行きます。
沖縄MC少なかったハズなんだけどなー…。

【お客さんとの距離】
OP2曲終わったMC。
早々にてっちゃんが『ゴスペラーズ』を噛む。
噛んだことに盛り上がる客席。

村:今、思いっきり噛んじゃったけど、お客さんの中に盛り上がる人と「何でこんなに盛り上がるんだ?」って分からない人で別れたよね。
安:今、ここでビシーッっと壁が出来たよ。
村:始めてきた人と、そうでない人の間に、そういう壁が極力生じないように努力してるんだけどね。
酒:そうだね。初めてゴスペラーズのライブ見た人たちが「酒井さんはいらいないと思います」って思うかもしれないしね。そう言うときは「酒井さんはいらないと思います♪」(←可愛らしく)って手紙とか書いて下さっても構いませんからねー。
村:本人がこういってるので、本当に書いてあげてくださいね。
客:えーーー!(←不満げ)
酒:うるさぁいっ!お前らは何でもかんでも「えー!」って言えば良いと思って!いいともの客かぁっ!「えー!」って言ってもお友達はこなぁいっ!!
?:大丈夫。誰もそんな事思ってないから。
酒:はい、嘘ですよー。怖くないですよー(←胡散臭い微笑み)

この時かなぁ。
酒井さんが客席の歓声に対して「そういう歓声が芸人を育てる」と言ったら、誰かに「芸人かよ!」と突っ込まれてました。

村:でもさ。今初めてのお客さんで、こうやって1曲目から立っててさ。オールスタンディング!?って思ってる人もいるかもしれない。
北:ゴスペラーズはバラードと思ってる人がいるだろうけど、ゴスペラーズは本当は熱い曲も多いんですよ。
安?村?:座ってても良いんですよ。好きなように聴いて下さい。
酒:ハーモニー聴いてると眠くなる体質の人っているんだよ?
安:体質って。アレルギーみたいな。
酒:そう。コーラス聴いてると(ガクッガクッ)ってなるの。良いんですよ?。眠かったら寝てて。
黒:寝て良いんだ!?
北:今夜は寝かせないよ。
(客席から歓声と黄色い悲鳴)
?:おぉ、歓声が。
酒:良いなぁ、低い声だと。
村:でもさ、今の北山の声はそんなに低くないだろ。
北:今夜は…寝かせないよ(←わざと低音)
(客席から再度歓声)
村:ちょっ…ちょっと4人でやってみようか(←嬉しそう)
4:今夜は寝かせないよ(←地の底くらいの低音)
安:何か怖いよ!
村:もう一回やってみよう!
4:今夜は…寝かせないよ(←4人が手を挙げながら)
北:なんでみんな手を挙げてるの?
酒:それはあれだ!お前以外だって事を示してるんだよ!
村:ゴスペラーズの声の低い人って言えば北山だろ?だから、北山以外だって示してるの!
酒:(良く聞き取れないけど、何かボソボソと超低音で喋り続ける)
(酒井の低音に対し、客席から歓声)
安:なんだか映画のキャラみたいだよ。ダースベーダーとか。
酒:(更に喋る)
村:なんかさ、そういうのあるよな。実録とかで。
酒:え゛ーあ゛ーそうなんです゛ー(←インタビューに答える真似)
安:そういうのだと、別バージョンもあるよね「知らなかったんですよぉー(←金属質の高い声)」とか。
村:「だからそんなに借金が増えてしまったんですね?」(←インタビュアー)
安:「そうなんですよぉー。気付いたらいつの間にかぁー。こんな事両親に相談する訳にもいかなくてぇー」(←プライバシー保護の為音声は変えてあります風)

この話題をどう締めたのかは忘れました。

酒:でも、本当に眠くなったら寝ても良いですからねー。
村:終わったら全て終わってるとかな(笑)
北:何事もほどほどにしてください。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 初日 其の参

【ヤスだけ3着】
アンコールで再登場した時。

?:別に衣裳替えして来た訳じゃありません。
安:そう言うのはね、俺だけがいなくなって違う衣裳で登場したら言ってよ。
村:そのうち安岡だけ私服で登場とかな(笑)

あれ、この頃だったかな?
豹柄スーツ着た最後の頃だったけど、余りにテンション高くなった酒井さんが急に座り込んでね。何してるのかと思ったら靴ひも結んでるって事がありました。てっちゃんに「靴の紐がほどけるくらいテンションが高い」とかなんとか言われてて、結び直した靴ひもを確かめるように、足をぐりぐりさせて、ボクシングのスパークリングの真似とかしてたような気がする。酒井さん。


【エセ武田テツヤ】
最後の告知の時。

村:7月に新曲が出ます…と、言ってもゴスペラーズではなくてエナメルブラザーズの新曲です。
黒・酒:(ポケットチーフを取り出して靴を磨く真似)
黒:去年はレコード会社も決まってなかったんですけど、ようやっと決まりました。キューンレコードよりデビューします!
酒:自分の所じゃねぇかよ。
村:あと、エナメルブラザーズが2曲新曲歌うんだけど、それに便乗って形で武田哲也の曲も入ります(←前髪を撫でつけながら)
村:武田哲也ってのは、S.O.SのTAKEちゃんと、てつやのユニットです(←まだ撫でつけてる)
村:写真も2人してこんなんして、武田さんには見せられないようなのを撮ってきました(←撫でつけながら)
酒:それ違うだろ!武田鉄也さんはこうだろっ!(←金八先生の真似)
村:あ!(笑)
(他のメンバーからも突っ込みが入る)
村:でも、ちゃんと武田さんの所にもご挨拶に行ったんだよ。さすがに、何も言わずにやるわけにはいかないからね。

この時、てっちゃんはずーっと前髪を撫でつける様な真似をして金八先生を演じてましたが、正解は酒井さんがやった耳に髪を掛ける真似だったと言う…(笑)


【最後の挨拶】
村:今日も本当に楽しかったです!(←妙にアッサリだった)

安:涙は心の汗と言いますが、身体の汗は心の涙でしょうか………。
って、この後何も言う事考えてませんでした!ありがとう!また来ます!

酒:月日は百代の過客と言いますが、百代の過客はまた月日なのでしょうか………明日はこの会場のお隣で大きなイベントがあると聞きました。
今日初めて来られた方や、明日友達が来ると言う方は、道が混雑すると思いますのでメールや何かで教えてあげて下さい。
って、えー…そう言う人は実は凄く少なくて、お客さんが一人ずつボタンとか押して、電光掲示板が光るのとかをやったら、凄く少ない結果になると思います!誰にも届かない言葉万歳っ!!!酒井でした!

(余談ですが、この情報を元に友達にメールを流し、挙げ句、悪天候と相まみえた為に渋滞を避けるべく水族館に行かなかった私達。翌日、その決断が大正解だったと知るのでした……たぶん、この公演で何よりも役にたった情報/笑)

北:…………えーーー…。
予め何を言おうか考えてきたのも意味無いよね(笑)
(この後はたぶん、楽しかったとか何とかそんな感じの事を言っていたような気がします)

黒:えー…バナナボートをやったのは初めてでした。
(この後少し喋って、再度バナナボートの真似をしながら去って行きました)





以上。沖縄初日編でした。
たぶん、これで覚えてる事全部かなー…?
2日目と微妙に混ざってるような気がしないでもないけど…。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 初日 其の弐

【垢抜けたね】
PVのMCの頃だったと思う。

村:あの曲出た時、周りの反応がいつもと違わなかった?
黒:違った違った!
北:ゴスペラーズはラブバラードって印象が強いからね「ゴスペラーズ変わったねぇ」って言われたよ。
安:俺なんて、知り合いに「お前あの笑顔は何だ」って言われたよ。「30過ぎてあの笑顔はないだろう!」って。
酒:俺知り合いに「ゴスペラーズ垢抜けたよね?」って言われたよ。13年やって今更垢抜けたとか言われてもねぇ(笑)

これを受けて、最後に『一筋の軌跡』の曲紹介でてっちゃんが。

村:酒井の知り合い曰く「ゴスペラーズが垢抜けた曲です!」

と、紹介してました。
聴いた酒井さんは笑ってたけどね。


【青山で豹柄】
『The Ruler』明けのMC
酒:熱い曲を2曲お届けしましたけど、どうですか!熱い曲だけに豹柄スーツに衣裳も変えてきました。って、こんな豹柄スーツどこで売ってたの?黒沢さん。(←こんな感じの事を言ってた)
黒:作ったんだよ!
北:豹柄のスーツが店頭に5着並んでたら嫌だよね。
酒:あややとか上戸彩ちゃんが豹柄のスーツ持ってるCMは見たくないぞ。
安:2着で1万円とかね?。どうせなら値段高く付けて貰いたいよね。
?:でも、これ普段着るのには勇気がいるから。
?:郵便局とか行けないよね。
酒:「速達でお願いします」とかね(←郵便局の窓口にいるジェスチャー)
北?黒?:豹柄スーツが販売される時は、ゴスペラーズがCMやる時だよ(笑)


【ルー酒井】
たぶん同じ頃だなと思うんだけど、酒井さんが曲明けに凄いテンションで「楽しいだろ!?」みたいに煽った事があってね。
それを見たてっちゃんが言ったのが発端。

村:酒井、今のお前、ルー大柴さんの真似しただろ?
酒:たぁのしいかぁ?Everybady!(ルーさんの真似で喋る)
村:ルーさんの物真似する時って、この辺(←腰の辺りを指しながら)もルーさん入るよな(笑)
酒:おぉ?けぇい、エブリバン!(←ことさらに腰を使いながら)
村:そう言えば、ルーさんのファンの事を「ルーマニア」って言うんだって。
安:あぁ。「ルー」「マニア」ね。
村:なんか親近感沸くよな。
酒:ルーさんには、以前デビューしたての頃にお会いした事があるんですよね。まだ、アカペラが今ほどメジャーじゃなかった頃に「フレッシュ」と言う番組の司会をなさっていてですね。そこに、俺は当時はまだ珍しかった…えぇっと…口で音を奏でる…。
安:ヒューマンビートボックス?
酒:そうそう!所謂ボイスパーカッションを、まだ頭にほわほわの尻尾とかついたアライグマ帽を被ってた頃なんだけど、その頃に出てルーさんに「一家に一台欲しいよね」とかなんとか言われて、それが俺は凄く嬉しかったんだよな。
村:って、何でルーさんの話で終始してるんだって話だよな。


【おじぃ自慢のオリオンビール】
本日のなりきりの先生は黒ぽん。

と、そうそう。
なりきりに行く前に『MO' BERT』のイントロが一瞬止まる部分があるんだけどね。そこを聴いた酒井さんがすかさず「イントロドン!」って言ったの。
違うって(笑)

曲歌って、なりきりゴスペラーズに移動。
黒:おじぃ自慢の?♪
(客:おじぃ自慢の?♪)
黒:おじぃ自慢のオリオンビィル?♪
(客:おじぃ自慢のオリオンビィル?♪)

このフレーズをメロディと音程を変えて、何度か繰り返す。
この頃の煽りはひたすら「喉をカラカラに乾かして、美味しいビールを飲みましょう!」だった気がする…。

そしてなりきりは安が右パート。酒井さんが左パート。
酒井さんは、どういう訳かなりきりの時になると奇妙な動きを繰り返す…。何て言うんだろうなぁ、すっごいオーバーリアクションで、全身使って煽るんだよね。
そして、なりきり終盤でてっちゃん。

村:目を閉じて、自分に酔ってv(←陶酔した感じで読んで下さい)
(客席笑いながらも応じる)
村:こんな感じで目ぇ閉じて!(←何を思ったか、いきなりサングラスを外す)
黒:本当だ!目ぇ閉じてるよ!!
安:閉じてる閉じてる!


【村上流コール・レスポンス】
『狂詩曲』の前ですな。これは。

村:そろそろ、この辺でいっ……………………。
安:この辺でなんだよっ!
村:うひ(←すっごい嬉しそう)
(客席は何故かその「うひ」に負けて笑いモード)
村:そろそろ、熱い曲行っても良いか!?
(客席歓声)
村:行っても良いですかー!(←ちょっと小声)
客:イェー(←やっぱり小声)
村:なんだか小さい声だと小さい声を返すのな(笑)
村:皆様SAYイェー!(←ちょっと大きくなった)
客:イェー!(←ちょっと大きい)
村:無理かも知れないけど、3階SAYイェー!
3階:イェー!(←思ってたより大きかった)
吾:おぉ!
村:じゃあ、2階SAYイェー!
2階:イェー!
村:1階も2階も3階も、男性SAYアー(←低音)
男:アー
村:おぉ、男性もういっかいSAYア゛ー(←更に低)
男:ア゛ー
村:じゃあ、女性SAYアー(←低音)
女:アー(←同じく低音)
黒:なんだか怖いね、怒られてるみたいだ!
村:女性SAYア゛ー(←更に低く)
女:ア゛ー
黒:怖い!怖いよ!やっぱり怒られてるよ!
村:皆様SAY南無ー!(←低音)
客:南無ー(←低音)
村:…うひ♪
村:皆様SAYオズマ!
客:オズマ!(←乗るなよ…)
安?:なんでオズマなんだよ!
村:(にやっにやして答えず)
村:じゃあ最後、この曲をライブで聴きたいって声が凄く多かった曲いってみようか『狂詩曲』!

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 初日其の壱

さぁて。
忘れ始めた沖縄ライブ@初日です。
2Days行くと記憶が混ざる…。
てか、覚えてない事が多すぎる……。
てな訳で、今回は趣向を変えまして、覚え書き風に行きたいと思います。

長いのは必須だけどね(笑)

OP2曲を歌い終え、最初のMC。
ちなみに自己紹介は忘れました。
確かトップバッターは酒井さんかヤスだった気が…。

【偽物酒井雄二疑惑】
安:沖縄に来たのは2年前の号泣以来ですね。でも、実はゴスペラーズその前にも沖縄に来てるんですよ。最初に来たのはヒューマンステージってライブイベントだったよね。
?:ちなみに、そのライブを見に来てた人ってどのくらいいますか?
(客席から挙手)
吾:おぉー!結構いるねぇ。
酒:レアですよ!レア!
村:あの時は…なんだっけ『永遠に』?だっけ。
客:『ひとり』ーっ!
村:『ひとり』!?そっか…98.99年頃だから…。
酒:あれ、『ひとり』の方が『永遠に』より先だっけ?
北:『ひとり』は『永遠に』より先に出来てて、3年くらいステージでやってたじゃん!
(客席ざわめく)
酒:俺、今ゴスペラーズのメンバーか自信が無くなってきた(汗)
安:別の人なんだ?酒井雄二じゃなくて!
酒:今日は頑張ります(苦笑)

この流れでS.C.Sに行きます。
S.C.S前の酒井さんのMCで、初めて来た人がどのくらいいるか聞いていたような気がします。

って、そうそう。
最初の挨拶の時。

村:この豪華な会場にも慣れました!
酒:おぉロミオ!ロミオ!風だよね。
村:あの辺の照明とか、舞台っぽいよな。最初にここでやった時は「芝居でもいれるか」って話してたくらいだから。

と話してました。
確かに、なんだか装飾が豪奢な会場だった。

【安岡優と天使の羽】
Platinum kissの前のMCですね。
安:じゃあ皆さん座って頂いて…俺はその間に汗を拭きに行ってきます。
(後ろを向いたヤスの背中にくっきり汗染み)
酒:肩甲骨だ!肩甲骨!
(客席もメンバーも驚愕。後ろを向いてるヤスの汗を指して、真顔で北山さん)
北:えーここが人間の肺になります(←どうでも良いけど、汗染みと肺の形は真逆だよ…)
(笑顔で振り返るヤス)
北:ごめんね、見せ物みたいにしちゃって。
安:大丈夫。
北:でもさ、昔ヒューマンステージでライブやった時に安岡がお辞儀するとスーツの裾からダーって汗が落ちた事があったよね。
安:あの時はビニール製の衣裳だったから、サウナスーツみたいになっててさ。お辞儀しないでも、足下からポタポタ垂れてて、ステージに水たまり出来てるの。
黒:そんな水たまりの中ピチャピチャしながら歌ったよね。
安:でもね、ゴスペラーズのライブを初めて見に来るお客さんが、これ(汗)見ると驚くらしくてさ。終わってから「安岡さんは汗を凄くかいていましたが、どこか体調が悪かったのでしょうか」とか心配してくれる訳。でも、俺はこれが普通ですから(←すっごい笑顔)むしろ年とって減ったくらいですからね。
村:前に断食した後、安岡一時期汗かかなくなってたよな。
安:なってましたね。
村:あれは断食で毛穴が閉じてたって事だったのか?で、今はまた毛穴が開いて蒸し鶏みたいになってるって言う。
安:ありがとうございます。
村:今お前適当に言っただろう?
安:蒸し鶏って言われてありがとうはないよな。
村:でもさー、俺らこないだまで帯広に居たのよ。北海道の。沖縄の人にしてみれば、まだ熱いうちに入らないんだろうけど、北海道から比べたら夏だよな。
安:俺の身体は確実に夏ですね(←満面の笑顔)
酒:安岡がいると「あー夏が来たなー」って思うよね。
村:季節を感じるんだ!?
北:炭坑のカナリヤかよ!(←炭坑の奥底に行く時に一酸化炭素や有毒ガスが充満してないかを調べる為にカナリヤを連れて行くと言う話)
安:ありがとう。って、ありがとうってのも嫌だな。

この辺りで、話を続けようとする汗だくのヤスに「汗を拭いておいでよ」と促す北山さん。
頷いて後ろを向いたヤスの背中は、先ほどの倍ほどの大きさの汗染みが。

他:広がってるよ!!
(客席も驚愕)
安:生きてるって素晴らしいね(←満面の笑みで振り返りながら)

この時だっけな。酒井さんだかてっちゃんだかが、ヤスと北山さんに「髪切った?」って聞いたの。
髪を切って気持ちも新たに始めるとか何とか。

【バナナボートと黒沢薫】
たぶん汗MCの続き。
村:沖縄は去年も来てるんですよ。ちょうど1年前の4月にPV撮影で。あれはどこだっけ?
黒:本部?
北:崎本部だ!
村:そっか、崎本部ビーチだ。
安:天気が良くても悪くても1日で撮るしかないって言うスケジュールだったんだけど、当日は快晴だったんだよね。
村:あの曲さ、女優さんとひとりひとりが向き合って歌うシーンがあるんだけど、それに凄い時間がかかったんだよなー。
安:時間にしたら5人で歌ったってたいした時間かかるハズじゃないのにね。
村:天気良いから、後ろの海でバナナボート乗ってる人がいてさぁ。
酒:昔、バナナボートって曲あったよね。
(歌い出す酒井・村上)
村:そのバナナボートが、歌ってると後ろを通過するの!
(確かこの頃、北山さんがてっちゃんに向かって女役?男役?って小声×ジェスチャーで尋ねるんだけど、てっちゃんが喋るのに夢中で気付いてないと言う…)
酒:「はーい!バナナボート通過しまーす!」って係の人とかいたもんね(←女優役北山。ゴス役村上の後ろに回りバナナボート係の真似をする酒井)
黒:わーーっ♪♪♪(←ステージ左端からバナナボートに乗ってピョンピョン跳ねてる真似をしながら黒沢通過。ロデオマシーンの様に右手を上に挙げて満面の笑みで)
酒:「はーい!またバナナボート待ちでーす」
黒:(ステージの左端で片膝付いてスタンバイ中の黒沢。酒井のかけ声で再度左から右へバナナボート風に移動)
安?:でもさぁ。バナナボートって乗ってる方は楽しいんだろうけど、見てると凄く真抜けな乗り物だよねぇ。
北:この時さ、俺らが歌ってるのは見えてないって設定だから、女優さんそんなんでずっと表情ひとつ変えずに立ってるだけだったんだけど、さすがに何度もだから怒ってるのかと思って「すいません…」って謝っちゃったよね。「大丈夫です」って言ってくれたけどさ。
安:しかもあの時、すっごい海からの日差しが強かったんだよね。半分だけ日焼けしたみたいになっちゃって、俺と黒沢さんなんかはオリオンビール飲んでるんじゃないかってくらい、赤くなってるの。
黒:あの時俺、下焼きしてったんだけどねー。
酒:はい!俺も!俺もあの時しっかりVネックに赤くなってたもん。でね、あの撮影の時、俺喉を蚊に刺されてさぁ。
安:じゃああのPVの中には蚊に刺された跡が残ってるの!?
酒:いや、俺刺されちゃいましたーって言ったら、監督が「じゃあ酒井くんは後で」って言って、俺赤み待ちしたの(←腰掛けて待つ真似)

どんな流れかは忘れたけど、じゃあそろそろ曲へ。って事になって。

安:じゃあ、そそろそ曲にいきましょうか。黒沢さん。
黒:はい。

Platinum?の配置につく5人。
中央で汗だくの黒沢。

村:黒沢!すっごい汗かいてるぞ!
黒:俺、今まで歌っても出なかった汗がバナナボートで叫びすぎて出てるかも。
安:黒沢さん、汗拭いてきなよ!
黒:大丈夫。
北:(後ろに戻ってタオルを持ってきて、背後から黒ぽんの汗を拭く)
村:(すっごいおかしくて仕方ないというにやにやした表情)
黒:さ、歌いきましょうか。『Platinum Kiss』

いっつも思うんだけど、プラキス前のMCで凄いにやにやしてるてっちゃんとか、息切れしておかしな事してる酒井さんや黒ぽんが、曲に入ると一気に歌い手さんの顔になるのが凄いなぁって思うのよねぇ。
てか、プラキスに行く流れのMCじゃないだろ、コレ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。