スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tvk開局35周年 MUTOMA LIVE & オンガクのDNA presents "SUMITOMA 4"  ?

tvk開局35周年 MUTOMA LIVE & オンガクのDNA presents "SUMITOMA 4" in横浜BLITZ
開演:19時 終了:21時15分
出演:押尾コータロー、川島あい、ゴスペラーズ

ゴスの部分だけネタバレします。

トップバッターの川嶋あいちゃん、2番手の押尾コータローさんを終え、最後に登場のゴスペラーズ。
押尾さんが退場した場内で、上手にギター、中央にパーカッション、下手にキーボードがセットされる。
スタッフが退場し、ステージ上も客席も照明が消える。

北:ボン・ボン・ボボ・ボン♪

スタンドバイミーのベースを歌いながら、上手から北山さんが登場。
しばらく北山さんだけ。
イントロ終盤に、てっちゃんが主旋律歌いながら登場。
Aメロは2人歌い。
サビ直前で、安・酒・黒の順で登場。ステージ上手にてっちゃん。下手に北山さんで、その間に3人が入る。
「be afraid?♪」の時かな?酒井さんが涙を拭うような真似したの。
サビの最後辺りで、てっちゃんがマイク離したり近付けたりして、音の遠近出してるんだけど、徐々にエスカレート。マイクを左右に振ったり、円を描くように回したり。
で、それを真似する他メンバー。
立っていた姿勢が徐々に下がって、最後は5人でステージに正座して閉めて終了。
歌い終わって、まず正座したままお辞儀したのは酒井さん。次いで他の4人も次々と挨拶。

酒:なんで正座してるんだよ!(←逆ギレ)

真っ先に立ち上がる酒井さん。笑いながら立ち上がる他4人。

村:さて、お待たせしました。
吾:ゴスペラーズです。
?:なんで正座なんかするんだよ。
安:スタンディングライブでステージの上、かがんじゃダメだよ。僕と黒沢さんなんて、見えなくなっちゃうから!って、俺らなんだかお笑いボーカルグループみたいじゃん。
村:じゃあまず、一人ずつ挨拶しようか。村上てつやです!
黒:黒沢薫です!
酒:酒井雄二です!
北:北山陽一です。
安:安岡優です(←ジャンプしながら)
村:安岡は、今でも高校時代の垂直飛びと同じ記録出せますから。
安:飛べるかもね。
酒:安岡こないだ、ビックリした事があった時に目を寄り目にして、垂直にジャンプしたからね(←ジャンプする真似)
安:あーしたねぇ(笑)
酒:(←再度真似する)
村:俺、あんなの久しぶりに見たよ!
黒:まだ通じるんだねぇ。
村:さて、今日はtvk35周年記念ライブと言う事で、おめでとうございます!
客:拍手
村:35周年!酒井と同じ年数です!
客:拍手
酒:あぁ?。ねぇ?。(←にこにこしながら、カメラに近寄っていく。特段何か話す訳じゃない)
村:なんか言えよ(笑)
酒:あぁ?。えぇ?。35周年おめでとうございます。これからも長く続くように頑張って下さい。tvkがある限り、俺も頑張って生きていきますので……。
客:笑
村:大きく出たなー。
安:tvkある限りだもんねぇ。
村:じゃあ、このあたりで皆でおめでとう。って言っておこうか。俺が「tvk35周年!」って言ったら「おめでとー!」って言ってな。いいか?いくぞ。
「tvk35周年!…………」って言ったら言うんだぞ(笑)(←フェイク)
客:笑
酒:今、身内が引っ掛かりそうになっただろ!
北:俺、今半身動いちゃったよ!
村:今度は本当にいくから。
北:今、会場中が疑心暗鬼だよね。
村:いや、今度は本当にちゃんとやるから。
「tvk開局35周年!」
客:おめでとー!
安:それじゃあこのあたりで、長い長い時間の歌を歌いたいと思います。

♪2:The Longest Time

いや、もうこの時の酒井さんの指の動きがえっらい滑らかでさぁ。
客席を隅から隅まで指し示すみたいな動きをしたり、とにかく良く動いてました。
ラストの時「タラタラタラタラタラララ?♪」で妙に力入れて歌うもんだから、ちょっと最後の「for the Longest Time?♪」が間延びした感じだったかな。

村:今日は今までとは違う感じのバンドメンバーが付いてます。なので、ちょっとアレンジを変えて歌ってみましょうか。ひとつになりましょう。

♪3:一筋の軌跡

ライブ使用で、お客さんにマイク向けるから、お客さんかなり歌ってます。
酒井さんが「いいよ?♪」って凄いハイテンション。
村:最後は言葉でいこう。
全:ひとつになるのさー……。

安:はい。ひどいでしょ?。自分達は歌わずに、客席に歌わせるという試みでした(笑)
スポンサーサイト

tvk開局35周年 MUTOMA LIVE & オンガクのDNA presents "SUMITOMA 4" ?

曲終わってMC

安:そもそもtvkさんには、デビュー当初からお世話になってるんですよね。と、言うのも番組を1本持たせて貰ってました。
村:番組って言うより、コーナーだろ。
黒:番組の中の1コーナーだよね。
安:あ、コーナーか。あの頃はコーナーでも番組ひとつ持ってるような気分だったんだよ!で、そのコーナーが「ハモリ馬鹿一代」と言いまして、視聴者の方に出演して貰って、それに俺らがレクチャー?レクチャーで良いのかな(←てっちゃんの方を見る)
村:?♪(←明らかに妙な方を見て、無視)
酒:………(←同じく妙な表情しながら無視)

この話の時、何だか知らないけどヤスが一生懸命喋ってるのにてっちゃんと酒井さんが妙な表情をしてました。

安:一般の方に出演して貰って、ハモって貰う番組だったんですけど(←
普通に続ける)、年末のスペシャルライブの時にも出させて戴いてね。そのままこっち(tvkに)来て、番組出させて貰ったりもしたんだけど、あの時は大晦日だったから0時またぎで、なぜか番組の中でお酒がふるまわれ
たんですよ。
北:どういう訳だかね。
安:そこでもう、リーダーなんか喜んじゃって。
酒:はい、あのサングラスしてる人がリーダーですよー。
村:笑
安:当時はサングラスしてなかったから、お酒飲んで充血した目で映ってましたから。
北?:いや、あの時は映らなかったんだよ。
村:あぁ、あの中華街で売ってるようなこんなでっかい頭被ってたから。
酒:こんなね、昔ビートたけしさんが被って、こんな踊ってたような(←髭ダンスみたいなの踊ってます)
安:そうだ。でっかい頭被って、リーダーがスタジオ内を徘徊してたんだ。
村:で、その時だよな。生なのに「乳首がニュ?(←摘む手つきがイヤラシイ)」って言ったの。
安:そう!生放送でカットできないのに「乳首」とか言いだして!
黒:あの時はさすがに、終ってから事務所のグラシアスマネージメント小林秀俊に「村上君ダメだよ、生で乳首がニューとか言っちゃ!」って怒られてましたからね。
村:俺、その怒られたの全然覚えてない(笑)
酒:でも、乳首がニュ?って上手いよね。
村:だろ?(←得意気)
酒:乳首だけにニュ?って所が。
北:そこ、拾うなよ!(←終息しつつあるY談が蒸し返されたのでキレ気味)
村:乳首がニュ?って(←北山さん無視して悪ノリ)
黒:乳首がキュ?じゃダメだったのかな?
酒:乳首がキュ?じゃ、山本太郎さんになっちゃうからね。
黒:あ、そっか。
北:だから!これもテレビなんだよ!収録中だろ!(←切れキャラ)
他:(解った解った。と言う感じで笑いつつ)
酒:使えない部分を増やすマーン♪(←両手でカットする動きをしながら)
客:喝采
酒:左手の拳を挙げて、俺はやったぜ!みたいな動き。
安:なんだかこれまでの15分で、今までの空気とガラッと変わりましたね。リーダーなんて声歌ってる時より声大きくなってますから。
酒:まぁなごやかな空気になったと言う事で。
黒:まったりと聞いて戴ければ。
村:でもさぁ、tvkと言えばあの頃…って、あの頃ったって解らないよな。
安:あの頃?
村:俺、小学生の頃に大阪からこっち引っ越してきて、東京って言ったって多摩川のすぐ近くに住んでたからさ。tvkとかバリバリ見られた訳。で、当時最も記憶に残ってるのが「大人の絵本」ね。
客:知ってる人と、空気を読んだ人から「あぁ?」と納得のリアクション
村:知ってる?大人の絵本。
他:知らない。
安:俺らの見れない地域の番組なんですね。
村:いわゆる、ギルガメッシュナイトみたいな大人向け番組の走りで、80年代から90年代のテレビの深夜枠はそういう番組がいっぱいあった訳ですよ。って、敢えて他局の番組名出させて貰っちゃったけど。
他:あぁ?(←納得)
安:じゃあ、村上さんに大人の絵本の一部分を再現して貰いましょうか。
村:えっ……?あ……う?ん……。俺、あんまり内容覚えてないんだよな。
安:それはアレでしょ。村上さんが一部分しか見てないからでしょ。肌色の部分しか見てないから、他の所は覚えてないんだよ。
村:でも、その番組放送してたのが日曜日の夜でさ。日曜の夜って言うと、親もゆるい訳。なんかどっか行ってたりして。
安:あぁ、日曜日の終わりに、明日から学校行かなくちゃって思う所で元気を貰ってた訳だ。
村:元気は貰ってたな(笑)でさ、番組中に「もしもしピエロ」ってCMが入るんだけど、それが神戸のラブホテルのCMなの。
黒:ラブホテルがスポンサーなんだ!?
村:そう。
安:しかも神戸の!?
村:製作がサンテレビだったから。番組買い上げて放送してたんだけど。
安:あぁ?。
村:俺、そのCM見て、大人になるには神戸まで行って、もしもしピエロに行かなきゃダメなんだ。って思っててさぁ。
安:こども心にね。
北:それで、大人にはなったの?
村:そしたら、デビューして神戸に行った時に見つけたのよ!もしもしピエロを!
安:見つけたんだ!?
村:そう。道走ってて「あー!」って思ってさぁ。
北:何、結局そこで大人にはなれたの?
村:いや…大人にはならなかったけど(←照れ笑い)
?:大人にはなれなかったんだ(笑)
村:うん(笑)
安:まぁ、いつまでもこどもの心を持ち続けるって事でね。
村:ごめんね。本当はMUTOMAの話とかしなきゃいけない所なんだよね。
酒:サクサクとかね。
この時、見た事があると思われる人から「おぉ?」と歓声が上がってました。
黒:さ、そろそろ歌いこう。歌。
安:歌って良いですか?(←明らかにてっちゃんに向かって)
村:歌っちゃう?(笑)

ここで立ち位置変更。
左から村・安・黒・北・酒の順。

村:ちなみに、大人の絵本知ってる人。
客:手を挙げるごく少数の客。
村:あ、知ってる人いるねぇ。
安:知ってるって事は、見てたって事ですからね。
黒:見たこと無いなんて言ってる男は嘘ですよ!
村:男には色々ある訳だからね。
黒:それにしても、酒井より放送できない部分を作ったよね(←こんな感じの事を言ってた。あんまり覚えてないけど)
酒:カットする所を増やすマン!破れたり。
安:そんな退治の仕方なんだ。
黒:じゃあ、そんな愛の話が続いた所で、永遠の愛を歌う曲歌いましょう「永遠に」。

tvk開局35周年 MUTOMA LIVE & オンガクのDNA presents "SUMITOMA 4" ?

♪4:永遠に
♪5:コーリング

♪6:終らない世界
黒:なぁにか求めてぇ?。走り出すぅ?。
村:……(←ニヤニヤ)
客:なかなか歌いださないてっちゃんに歓声。

この時、てっちゃんが歌いだそうとしては止めたり、ニヤニヤしたりして、本当になかなか歌いださなくて。それを安・黒・北は笑いながら見てるんだけど、酒井さんはすっごい冷めた目で見てました。曲に入るのに集中してる感じ。

村:ブゥルゥグレィのぉ?
すっごい溜めた後に歌いだして曲開始。
振りは「Fly to sky」の部分のみ。
途中の指差し(「次の場所へ高く?♪」の辺り)は任意。
途中の手拍子あり。
「鏡の自分を見つめて」の後に、北山さんが回ってました。
途中でてっちゃんが「灼熱の後半戦!まだまだいけるかぁー!」と煽りあり。

村:今回、こういう形のバンド編成をしましたが、今後もこういう形で演る事があるかもしれません。
バンドメンバーを紹介します。
メンバー紹介。

村:我々の大切な曲に、必ずと言って良い程、関わって戴いています。キーボード清水信之さん。
客:拍手
村:それでは、最後の曲にいきたいと思います。
客:えぇー!
村:それはtvkに言って下さい。って、これで俺が大人の絵本について喋りすぎたから1曲減らしたとかだったら嫌だよね。
北:大丈夫。予定どおりだから(←低音で妙にボリュームが大きくキッパリ)
安:それは何?大人の絵本について話す事が予定どおりなの?
村:(笑)
村:さて今日は、最近だと「ミモザ」で関わって戴いた清水さんと一緒と言う事で、清水さんと一緒のバージョンでやりたいと思います。

♪7:ミモザ
イントロのピアノの音が凄く綺麗でした。
そして、後半の「忘れられない♪」の部分の酒井さんが、とんでもなく熱かった!
頭と身体前後に動かしてすっごい身体使って歌ってたり、「見つめるだけで、恋に落ちていた♪」の時に、片手を目元に持ってってウインクみたいな仕草してみたり。
あと、黒ぽんが「甘いキス」の時にその都度投げキス。計3回かな。
てっちゃんと黒ぽんのハモりが凄く綺麗。

ミモザ終って一礼。
挨拶しながら退場。

客席からアンコール。

アンコールを受けて、酒・北・黒・安・村の順で登場。

村:アンコールありがとうございます!
客:拍手
村:では、アンコールはアカペラの曲をお送りしたいと思います。

EN:星屑の街

村:我々が代表でアンコール歌わせて戴きましたが、今日このステージを一緒に盛り上げてくれた他のアーティストの方にも拍手を。もう出てきませんけど川島あいちゃん!
客:拍手
村:ギターマスター!押尾コータローさん!
客:拍手
村:そして、ゴスペラーズ!
客:拍手
村:酒井雄二!
村:北山陽一!
村:黒沢薫!
村:安岡優(←1歩前に出てヤスがジャンプ)
村:そして、村上てつや!
村:ゴスペラーズでした!
最後にみんなでもう一回おめでとうを言いましょう!tvk開局35周年!
客:おめでとー!
村:ありがとう!楽しかったです!

そして挨拶しながら退場。北山さんは投げキス。酒井さんは片手を挙げて2度振り向きながら、頬をふくらませて挨拶。
酒井さんが退場直前に、口をがっぱーって開けて変顔したんだけど、その直後に力尽きてふぅ?ってなってる姿が瞬間芸のようでした。

衣裳は以下。

村上:スキンレザーっぽいシングルジャケット。インナーは白地に紺ス
トライプのシャツ。ジャケットの袖が短めのデザインなので、下のシャツの袖口がちょっと覗いてます。前ボタンかなり開けてるから、お辞儀した時に鳩尾辺りまで見える感じ。
ブラックジーンズに、細身のベルト。ベルトの留め具の縁の所がちょっとキラキラしてた。
髪型は去年のRuica Showの時みたいな感じで、後ろが結構長め。

黒沢:くすんだ黒地(濃いグレー?)に黒いストライプの入ったジャケット。ウエストとか絞ってない、ストレートのシングル。
インナーは同じ。
胸元に赤いポケットチーフ。
ベルトはちょっとワニっぽい感じの細身の物。

酒井:黒ぽんと同じタイプのジャケット。
ちょっとウエストが絞ってあるのかな。前ボタンは途中まで留めてました。インナーは同じ。ボタンは第2くらいまでしか開けてないんだけど、屈むと結構中が見える(←何を見て)
留め具がごっついベルトして、ブルーグレーのジーンズ。
髪がふわふわ?ってしてて、肩くらいで、凄く柔らかそうな優しげな感じ。

北山:てっちゃんと同じタイプのジャケット。丈は短め。
ジーンズのポケットに音叉指してました。
髪をちょっと切ったのかな。気持ち短め。

安岡:黒ぽんと酒井さんと同じタイプのジャケットなんだけど、ウエストが絞ってあるのと、左の襟だけ黒いスパンコールが沢山ついてて、キラキラしてた。ポケットには白いチーフ。
胸元もがっつり開いてて、中にはリングとドッグタグみたいなののついたネックレス。


本文のどこで言ったか解らないんだけど、なんだか2回くらいてっちゃんが噛んでました。
最近。って言う所と、もうひとつ最初の方。
すっごい上機嫌で、なんだか笑いながら訂正してたっけ。


以上、2時間15分の内訳でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。