FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2008ハモリ倶楽部in福岡千秋楽 2

【混沌君】
混:ハモリで世界が救えますかぁ!?
混:ハモれば全て、解決ですかぁ!?
村:誰もそんな事言って無いじゃないですか!
混:ハモリにあぐらをかいてやしませんかぁ!?
北:そんなことないですよ。僕たちは、毎日より良いハモリを求めて練習してます。ただ、何でも出来ちゃうって言うか…。
混:ジリジリと北山さんに近寄るも、一定の距離が保たれたまま。ステッキで「こっちに来い!寄れ!」と暫くやるも北山さん無視。
黒:(笑)
混:もっと近くに来て!目を見て話す!
北:(近寄り真正面で)だから、何でも出来ちゃう…。
混:ポケットに手を入れない!!
北:(反抗してだるそうに)だから、何でも出来ちゃうから、ちょっとつまんなくなっちゃったんですよ。
混:こんのっ!ハモリ天狗どもめが!!
酒:ハモリ天狗なんかじゃないよ!!あ、しまった、両手をポケットに入れたままだった(←わざとらしい)
混:うるさぁいっ!(グーで顔面パンチ)
酒:うぉっ!(←倒れ込む)
4:酒井さんに駆け寄り、抱き起こす。
酒:てっちゃんの後ろに移動。
混:ここで君を殴るのも今日が最後かと思うと、最後にひとつやっておきたい事があるんだ。スローモーションパンチ。もう一度やってみせてくれないか?
4:酒井さんを前に押し出す4人。
酒:ちょっ!ゴスペラーズあと30分でライブなんでしょ!?そんな事してる暇無いじゃない!
村:良いから良いから。
北:言う事聞いとけば良いんだよ。
混:よし!いくぞ!うりゃぁぁぁぁあ(スローモーションでパンチ)
酒:うぉおおおお(スローモーションパンチを受け、吹っ飛ぶ)
混:ありがとう。
酒:左頬を押さえながら立つ。
混:そんなお前達にはなぁ!罰を与えてやるぅ!うりゃうりゃうりゃうりゃ!(ステッキを振り回す)
安:罰って…ちょっと待って下さいよ!何するんですか!
混:うるせぇ…(←息切れ)
安:息切れしてるじゃないですか!何やってるんですか!
混:良いんだよ!気にするな!これでもくらえぇぇぇ!!最期だからなぁ!
5:攻撃され、悶える5人。暗転してからのポーズが、いつもより派手に倒れてたかも。
安:あれ…楽屋か。
酒:何だったんだ!今のは!(←頭を振りながら)
村:とにかく、もうライブまであと30分しかないから。練習しよう、練習。いくぞ、じゃあ酒井から。青い鳥のサビ。
酒:よし。それは青い鳥?♪(←やたらと元気。しかも、歌い終えて満足気な動きをしてる)
村:…そんな曲じゃないだろ(笑)
酒:(←何食わぬ顔)
村:まぁいいや。じゃあ次、北山。
北山・安岡と続いて、てっちゃんが何か感想を言うんだけど、すっかり忘れました。その後3人で歌うもハモれず、村・黒・安で歌うもハモれず。
黒:ゴスペラーズ、ハモれないままライブやるの?
安:そういう訳にはいかないでしょう!
村:とっ…とにかく練習するぞ!練習!
暗転
照明が着くと倒れ込む4人に、仁王立ちの北山さん。
黒:うぁぁぁぁぁあ。
安:だぁぁぁぁあめぇぇぇぇぇえだぁぁぁぁぁあ。
北:逃げよう。
安・黒:北山さんを見上げる。
北:今ならまだ、飛行機か新幹線がある筈だ!
安・黒:(てっちゃんを見上げて)リーダー!
酒:(左端で、メンバーに背中を向けるように四つん這いになって、頭を床に打ちつける。「ゴン」と鈍い音がしてました)りーだぁ…。
北:(酒井さんを見つめ、震えながら笑いを堪える)
安・黒:(同じく酒井さんを凝視)
村:(振り返り、酒井さんに一瞥)
酒:(もう一回、頭を床に打ちつける)
村:…正直に話そ?ゴスペラーズ今日はハモれません。て。で、会場のお客さんに替わりに歌って貰おうよ。ハモリ倶楽部の会員である、お客さんに!と、言う訳で、ちょっと何か色々あってぇ、今日はぁ、ゴスペラーズハモれません!!すいません!!
で、こっから「助けてゴスペラーズ」に。客席縦割りにして3パート。全体的に短めな印象だけど、酒井さんがステージ左端で大きなジェスチャー。テニスのサーブを編み出してました。
歌い終わって、ハモれたと5人が喜ぶ所で混沌君登場。いつもはホーン隊の方なのに、今日はメリーゴーランドの上。
混:気付いてくれたね、ゴスペラーズの諸君!
酒:あなたはっ!
混:ラスト・よぉっ!
黒:(声には出さないが、よぉっ!とジェスチャー)
混沌君がいつもの口上を述べるんだけど、何かの拍子に語尾が「じゃ」になる。一度目の「じゃ」にざわめくメンバー。二度目は「じゃ」と笑いながら繰り返し、黒ぽんに至っては「そうじゃったのかぁ…」と。
そんなこんなでお灸を据えた混沌君が消える時。
混:それじゃあ消えるよ!(マントを翻そうとする)
村:ちょっとまだ消えないで!!
混:(一瞬ひるむ)
村:あなたの!あなたの正体は一体誰なんですか!
混:消えるよ!(強引にマントを翻そうとする)
村:(混沌君に詰め寄りながら)見覚えがあるぞ!その赤い鼻を取った、下の鼻も少し赤いあの人だろ!
混:(逃げようとする)
村:逃げるなよ!分かったぞ!(追いかける)
混:(逃げようとする)
村:あなたは!ハモリ倶楽部会員番号3番!伝説のあのウ゛ォーカルグルーブMen's5の荒谷三次さん!!
客席どよめく
混:そうだよ(←割とアッサリ認める)
この後ちょっとてっちゃんと喋って。
混:ヒット曲はあれだけだけどな。
村:「うまなみ」とかあるじゃないですか(笑)
というやり取りあり。
村:久々に、歌って下さいよ。
ステージ上に譜面台が2つ出てくる。
混:歌って良いのかぁ!?
村:是非!歌って下さい!
酒:お願いします!
他の3人も似たような感じでお願いしてたんだけど、やたらと酒井さんの声が通ってました。
混:じゃあ…歌ってみようかな。でも、こんな大勢の前で歌うの初めてだよ。いつもこんな所で歌ってるの!?
「大丈夫だから」と、なだめるメンバー。
混:よし。ここをカラオケボックスだと思おう、大丈夫…大丈夫。
真理さんだったかな。前奏を弾き始める。
曲の頭の音は酒井さん。
酒:プゥ?(←妙に上手い)
混:?♪(←物凄い高いキーで、大幅に外す)
村:ちょっ!ちょっと待って!
安:歌ってたんですよねぇ!?本当に大丈夫なんですか!?
メンバー総突っ込み。肩を震わせ爆笑の北山さん。混沌君は超動揺。
混:大丈夫!大丈夫!(笑)ホント、みんな良くこんな所に立って歌えるよなぁ。
安:野菜だと思って。
混:ぃよし。カボチャ、カボチャ、カボチャ。じゃあ、もう1回。
前奏が流れる。
酒:またここからやるんですか……(苦笑しながらボソリと)
混:(酒井さんに近寄りお願いしてる)
で、酒井さんはちゃんと役目を果たし、混沌君もきれいに歌い出せたので1番のみ歌って終了。てっちゃんに「Mr.カオスこと、MEN'S5 荒谷三次!」と紹介され、混沌君は退場。去り際に「2番の方が面白くなるから、気になる人はCD買ってみてくれよ!」と言ってました。
最後に北山さんが「ありがとう!Mr.カオス!」と言い、ナレーションが入って照明が暗転。バンド演奏が始まり「ローレライ」へ。
ローレライ後半で黒ぽんが歌ってると、頭上を何か羽虫が飛んでまして。それを黒ぽんが追い払いながら歌ってました。

【思い出しネタ】
後半でバンメン紹介をした時の事。
真理さんを紹介した時に、真理さんが「ラジオ体操」の曲を弾き出したの。
で、それぞれ記憶の範囲内で踊るメンバー。
酒井さんは明らかに第2を。他メンバーは第1を。
それを見たてっちゃんが「誰も覚えてないし!」と突っこんでました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。