FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記"春夏"in島根 2

村:ところで、今日がゴスペラーズのライブ初めて来たって人、どのくらいいる?
客:(比較的拍手のボリューム大きい)
村:じゃあ2005年の時に来た人。
客:(ちらほら拍手)
安:いますねぇ。
北:いるねぇ。
村:初めて来た人、ビックリした人もいるでしょう。ゴスペラーズって踊るんだぁ!?って。
北:(早回しで1.2.3for5のサビ部分を踊る)
安:ごめんなさいねぇ。こんな衣装でビックリませんでしたか?
村:チョコレートの包み紙みたいだよな。
酒:…?
安:あぁ、ありますねこういうの。
酒:……?(←右腕を伸ばして、まじまじと衣装を見つめる)
黒:あるよねぇ(笑)
村:だろぉ。
酒:………!あぁ!こういう包装紙で包んであるチョコレートね!あるね!こう、下でくしゅくしゅって留めてあるやつ!(←やっと気づいてすっごい喜びよう。声も大きい)
村:そうそう。淋しくなると小さく丸めて、部屋の中に投げてみたりしちゃうやつ。
安:部屋の中に投げるのはやめなさいよ。ちゃんと捨てなさいって。
村:初めての人はね、隣の人が突然踊り出したりしてビックリしたかもしれないけど、そういう決まりはないから自由に聞いてもらって大丈夫ですからね。
安:そうそう。
村:強制じゃないですからね。強制じゃないって…この後で少しそういう部分もあるんですけど(笑)
黒:あるんだ!
酒:ちょっとだけね(親指と人差し指で「ちょっと」をジェスチャー)
安:強制じゃなくて協力して貰うんですよね。
村:そうそう!協力して貰いますのでよろしくお願いします(笑)
客:(拍手)
村:さて。新しい曲が続きましたが、先ほども言いましたようにこの辺りで昔の曲も歌ってみようかと思います。
客:(拍手)
村:次にやる曲はアルバムに入ってる曲で、もしかしたら知らない人もいるかもしれない。いるかもしれないんですけど、イントロを聴いて何の曲か分かった時。嬉しかったら「おっ♪」って喜んで下さい。
客:(笑)
村:知っていて嬉しい人は「おっ♪」って喜んで下さいね。
安:そんなんでいいんだ!?
黒:おっ♪
安:なんか昔の同級生に会った時みたいじゃん。「おぉ、田中♪」みたいな。
北:おっ♪
黒:おぉ♪
酒:おっ♪
村:いいんだよ。凄く嬉しい人は「おぉ?っ♪」って喜んで下さいね。
安:ちなみにそれは、強制じゃないの?
村:これは強制じゃないよ。
北:新しい聴き方の提案だよね。
村:そうそう。それでは、僕がまだサングラスを掛けていなかった頃の曲なんで、サングラス外して歌っちゃおうかなぁ(ボソリ)
客:おぉー!(←大盛り上がり)
村:何!?そんなに嬉しい!?
客:キャーッ!!(←更に盛り上がる客)
村:ここ(最前列左端)の人に向かって歌っちゃうよ。あんまりにも見つめすぎて、そこ(2列目)の空いてる後ろの席に逃げたくなっちゃうくらい迫って歌っちゃうから。
客:キャーッ!!
村:俺、その為に今日エメラルドグリーンのカラコン入れてきたんだもん。
客:えぇー!(ざわめく)
酒:皆さん冗談ですからね。信用しちゃダメですよ。
客:(なんだぁ。という雰囲気)
村:最近目が小さくなってきたからさ。サングラスしてないと、右目の下とか下がってきたのが分かっちゃうから(笑)そしたら歌おうか。

歌おうとてっちゃんが立ち位置に戻ったタイミングで、空席だった2列目に遅れてきた客が到着。

客:(2列目に到着したのを見て、ざわめく他の観客)
村:?(←2列目を振り向いて)………!!

遅れてきた人、動揺

村:(遅れてきた2人に近寄り、ステージギリギリの所で座り込んでじっと見てる)
酒:今!今ちょうどその席の話してたんですよ!!
安:凄いねぇ!!

彼氏は椅子に座ってるけど、彼女は通路にしゃがみこんだまま。

北:座れないじゃん!
安:あ、座ってください。

座る客

村:それじゃあ、歌にいきましょう!Let's go back our 90?!

♪Back Let's go back?♪イントロが流れ、沸く客席。

村:逃飛行
曲名を口にするとサングラスを外し、1列目端の人の前にステージに腰掛ける。歌い出すかと思ったら、そのままピョンと客席に降りて2人に向けて歌います。
歌われてるお客さん、ちょっと引き気味(笑)
歌ってるてっちゃんもサングラスオフだから、時々照れたように笑ってました。
1番を歌い切ると、遅れてきた2列目の2人にもペコリと1礼。黒ぽんが歌う中ステージに上って元の位置に。
2番サビ後の語りの部分で黒ぽんに近づいたてっちゃんは、そのままサングラスを黒ぽんに渡して、黒ぽんはそれを受け取ると装着して、今度は左端。さっきてっちゃんが歌った2人の前で、跪くように身を屈めて歌ってました。
拍手と笑いの中、曲終了。

【安岡劇場】
安:え?これ?今日、降ったり止んだり変な天気だからさ。え?違うって。これ、誰かさんのコンタクトレンズの色と同じなんだよ。
村:(暗闇からヤスに向かってクレームをつけるべく歩き出す)
酒:(1歩前に出て左手でてっちゃんを制す)
黒:(てっちゃんの前に回り、両手で押しとどめる)
安:(そんなやり取りは全く無視しながら)これね、あると何かと便利なんだよ。
疲れたらこう…杖がわりにしてみたり。
あとは、ウイスキーとソーダを混ぜる時に使ったりもできるし。
そうそう。
これ、見て(傘の柄の部分を持って、メトロノームのように動かしながら)これ見るとね、目の周りの筋肉が落ちづらくなるから。
でもね、コレ、本当は紐が着いてるんだ。何の為って、こうやって下げて…えぇ?やんないよ。
そんな、歌ったりしないっ……しょぉがないなぁ。
1曲だけだよ。今夜この傘で、君の為に歌ってあげる。聴いてください。

♪傘をあげる♪の最後でギターに持ち替え弾いた時、他4人はじーっと見てました。成功するとちょっと喜んだ感じ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。