スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOUL POWER 東京初日 ?

SOUL POWER 東京 SUMMIT2006@代々木第一体育館
18:30開演 22:10終演

定刻道理開始。
開演時間になり、会場の照明が落ちる。
それまで流れていたSOUL系の曲も一瞬停止。
そして新たに流れ始める音楽。
ステージの左右に設置されたスクリーンには黒ぽんとマーチンさんの顔のアップが。
2人仲良く顔を振りながら歌う映像(←デフォルメされてます)
そして、表示される「エナメルブラザーズ」の文字。

文字が映し出され、会場からは大きな歓声が。

エナメルブラザーズは「Soul Man」をバックに登場。
登場してそのまま1曲目へ『SOUL SISTER,BROWN SUGER』
白いスーツに黒いシャツ。エナメルの靴にサングラス姿の2人が、途中でポジションチェンジするような振りも挟みつつノリノリで歌います。
曲の終盤で黒ぽんが「代々木に集まってくれたみんな?今日はホントにホントにありがとう?♪」とかなんとか、そんな感じの事を曲に併せて喋る(歌う?)シーンがありました。
で、曲終わってMC。
鈴「皆さんこんばんは。私がエナメルブラザーズのブラザースズです」
黒「そして、私がブラザークロです。」
鈴「2人併せて」
鈴・黒「エナメルブラザーズ」
2人してエナメルの靴を客席に見せるような仕草。
鈴「私達エナメルブラザーズ。こう見えても新人も新人。ド新人です。
これから始まる素晴らしいショーの前座を務めさせて戴く事になりました」

と、いつもの挨拶。

鈴「今日は1万1千人のお客さんと言うことで、後ろの方見えますかー?」
後方の観客が歓声を上げる。
鈴「もしですね、よく見えないなって思ったら鈴木雅之のグッズコーナーでオペラグラス売ってますから。
ライブ終わっても役に立ちますよ。鳥の観察したりとか」
野鳥観察をする仕草をするマーチンさん。
鈴「あとですね、今日は天気も良く暑いので、私キャップも作りました。これも外で売ってます。
黒沢は?ゴスペラーズで何かないのか?」
黒「えー。ゴスペラーズでは、扇子と手ぬぐい売ってます。あとリストバンドも。」
鈴「扇子か..センス良いな」
黒ぽんスルー。客席も曖昧な反応。
鈴「今の分かるか?センスで洒落になってたの。今のは笑う所だぞ?」
その発言を受けて、黒ぽんも客席も笑ってました。

鈴「さて、そろそろエナメルブラザーズ最後の曲をいきましょうか」
客席からは「えぇーーーっ!」とブーイング。
鈴「今の『えぇー』良いな」
黒「もう1回言ってみましょうか」
鈴「エナメルブラザーズ最後の曲..」
観客からは更に大きな、笑いを含んだブーイング。
なんかこれ、3回くらいやった気がするんだけど、それは27日だったかな?

鈴「これからもっと素晴らしいアーティストの方々が登場します。それでは聞いて下さい。エナメルブラザーズで唯一の日本語の曲」
鈴・黒「ロンリーチャップリン」

2曲目『ロンリーチャップリン』

曲終盤で「2人を繋ぐ、あのメロディー」って歌詞があるんだけど、その辺りでマーチンさんと黒ぽんが恋人繋ぎをしながら、見つめ合って歌うシーンあり。

そして2曲歌ってラストに、ステージ前方のアンプに足掛けてポケットチーフで靴を拭くシーンあり。
そう言えばこの時のチーフが、黒ぽんとマーチンさんので柄が違ったような。
2人ともモノトーンなんだけど、黒ぽんのが細かい柄でマーチンさんのが大きな柄だった。

やばい。エナメルだけでこんな量に...。
まだ前座なのに..。

てな訳で続きます→

エナメルブラザーズが去ったステージ。
一端落ちた照明が、青が基調の機械的な色に変わる。
ホストバンドのメンバーの演奏が続きSOY SOUL登場。

セットリスト覚えてませーん。
Can't Stop/Spiral/SAMURAI FUNK
この3曲は覚えてるんだけど、どうしても他の曲が出てこない...。
ちなみに、この日の衣装。
ZOOCOちゃんはオフホワイトのパンツスーツに同色の帽子。
Caizeはカラフルなボーダーのシャツ。めっちゃ痩せた気がする!
K-onは水色っぽい太めのボーダーシャツかな?フード被ってたからDr.ウォン様光臨を期待したんだけど、やっぱダメでした(笑)
本日のSOY SOULは3人のみ。

「いつもは14人で..って違った11人だ」とズーコちゃんが間違える所が可愛かった。
CaizeもK-onも大人しくて残念。

そして持ち歌終えてセッションへ。
ズーコ「この曲は去年のSOY SOULのワンマンの時にやった曲で、凄く良い曲だって誉めてくれてる曲なんですけど」
と言う言葉から始まり。
ズーコ「それでは紹介しましょう。彼は時に涙香であり、時に裸念仏であり(この間にもう1個敬称があった気がする..)村上てつやー!」
村「Yo Yo Yo 涙香 裸念仏 村上涙香 中途半端なラップする 村上てつや」(←ラップ調で読んで下さい)
ステージ袖からスクラッチする真似をしながらてっちゃん登場。

てか、どうでも良いんだけどゴスマニ以外で涙香を知ってる人って少ないんじゃないかと..。
何故あの場であんなマニアックな名前を..。
ってのは今気付いた(笑)

登場し、その曲が凄く良いって話と今回のラップが歌手生命を賭けたラップだったって話をして曲へ。

『とこしえの花』

ZOOCOちゃんとCaizeとてっちゃんがメインで歌うんですけど、これがまた良いんだ!
てっちゃん自身もこの曲が凄く好きって事もあって、ホントにピッタリ。
3人の掛け合いが絶妙で、えもいわれぬ色気と淋しさが混ざり合って。
このバージョンでCD切望!ってくらい。
そんな訳で、途中で涙ぐんでると終盤でゴスの他のメンバーとS.O.S登場。
後から来たメンバーも加わったコーラスで、曲終了。

曲終わって。
村「凄く良い曲だよな。俺今歌ってて感動したもん」
ズーコ「私も凄い感動した」

ってやり取りがありました。
大阪行った方は分かると思うんだけど、「シルクの雨」東京版みたいな感じで。
息がホントにピッタリだったんですよー。

そしてズーコちゃんがS.O.Sとゴスを紹介。
ズーコ「それではいよいよお待ちかね、次のゲストはー」
SOYを挟むように左右にS.O.Sとゴスが居たので、迷うように左右を見る。
村「ちょっと待て、自分たちの事紹介してないだろ」
ズーコ「あ、そうだ。忘れてた。なんか紹介したら満足しちゃった」
そんなやり取りを経て、SOYもメンバー紹介して、終了。

S.O.SとSOYが退場し、ステージ上に残るはゴスペラーズ。
さて、衣装ですが。
黒:白いジャケットに白いシャツ。白いパンツで、太ももの所がちょっと黄色く刺繍してある。
村:白いジャケットに薄い水色のシャツ。白いパンツ。靴も白。右手の薬指にごっついリング。
安:胸元がいくつかボタンになってるピンクの半袖シャツ。下は白いパンツ。髪伸びて、癖と汗でくるくるしてた。
北:白いビニールコーティングしてある長袖ジャケット。左腕の袖が捲ってあって、白いゴスのリストバンド装着。
パンツも白だったかな?インナーは黒いTシャツ。
酒:薄いグレーのジャケットに、同色のパンツ。インナーは白いVネックのTシャツ(半袖)黒い靴。ジャケットの前ボタンは開けてました。

ゴスも長くなるから、ライブ編?に続きます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。