スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスマニアファンの集い2006inZEPP TOKYO ?

村:この辺りでもう1曲新曲いきましょうか。
アカペラです。聴いて下さい「PlutinumKiss」
07:PlutinumKiss
Aメロは黒ぽんリードボーカル。Bメロはてっちゃん。
濃い感じのアカペラ。
久々に聴くアカペラだけど、凄く厚みのある曲。
歌い終わった時に、黒ぽんが凄く感極まった顔してました。

村:これは久々にドラマのタイアップ付きました。しかも昼ドラ。
黒:紅の紋章ね。(←ちなみにべにの紋章と読むらしいです)
酒:それは略す時は「べにもん」で良いのか?ポケモンみたいだな。
黒:良いんじゃない?略すの?
安:それにしても、昼ドラって言うと様々な困難が繰り広げられてるじゃないですか。ひとつの不幸が終わったと思うと、すぐ次の不幸が覆い被さってくるみたいに。でも、この曲はそんな次の不幸がくる前の、今は幸せな一瞬がある訳で。大切な人の幸せを願う曲です。

村:さて、この辺りで新しい曲ばかりじゃなくて懐かしい曲もやりましょうか。最近私の好きなあの曲聴いてないってのもあるだろうし。

この時ヤスがお姉言葉で「あの曲最近やらないしぃ?」みたいな事話してました。

村:シュドゥバ♪ってのとか聴きたくない?
客席から「JOIN2JOYS?」って声が上がって。
村:それはシュドゥバ?ドゥバ?♪でしょ。

08:参宮橋
09:八月の鯨

「参宮橋」
始まった途端に息を飲むような歓声。
最後の「行き先だったら決めてあるんだ?♪」の部分。
低音とファルセットを交互に使い分けて歌って、凄くどっしりとした曲。
でも確か後半でてっちゃん歌詞間違ってた。
「八月の鯨」
イントロ始まって歓声。
緑掛かった碧いライトで照らされてるんだけど、サビの部分になって照明が切り替わる。ブルーのライトに白いライトがミラーボールみたいにくるくる回って、会場全体を照らすの。海の中にいるみたいな、水族館の中みたいな雰囲気。
曲も最後の辺りはてっちゃんの独壇場。
凄く重厚感のある、力強い歌でした。

10:RialTighit
11:Rhapsody
12:終わらない世界
13:一筋の軌跡

「RialTighit」
イントロ前でてっちゃん「こんな曲は好きか!?」と煽る。
そして始まったイントロ。
会場内ヒートアップ。
凄く声の出てたてっちゃんと酒井さん。イントロの掛け合いが迫力満点。
冒頭の酒井さんの「Oh?Please I miss you」の所「Oh?Please」の後がやけに長くて、最後に気持ち程度に「I miss you」って囁くように歌ったんだけど。あれは演出?間違い?
「Rhapsody」
曲入る前にてっちゃんがカタコトの日本語で「コノ曲(RialTighit)好キカー?コノ曲好キナラコノ曲モ好キナハズ」的なフリをして「もう1曲新曲やっても良いですか!?」と言って新曲へ。
どっちかって言うとロック色のある感じの、力強い曲。
男臭い激しい熱い曲でした。
「終わらない世界」
ラプソディー終わってステージ右端に5人が半円形になって並ぶ。
バンドの演奏もない、無音の状態で「何か求めて?♪」
曲始まって、ヤスが両手を上に挙げて手拍子を煽る。
手振り・手拍子完璧。
そして、曲終わって手拍子したまま。
「一筋の軌跡」
最後のラララの部分は客席にマイクを向けて歌ってました。
最後のラララに合わせて、酒井さんが主旋律歌ったり。

そして、一筋終わってお辞儀してメンバー一端退場。
場内拍手。
バンドメンバーの演奏も終わり、バンドメンバーもはける。
アンコール。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。