スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスマニアファンの集い2006inZEPP TOKYO ?

場内の拍手もそこそこに、舞台袖から再度5人が登場。
登場順は開演時と一緒。
酒井さんを先頭に、北山さんと黒ぽんが続いて乗馬してる真似しながら登場。
立ち位置まで到着すると、手綱引いて止まる所までしっかりやってました。

ありがとう。とかなんとか挨拶があったような気が...。
酒井さん、暑かったのかジャケット脱いでバリさんの辺りに置き場所を探してウロウロしてたら、スタッフが袖から走って受け取って去ってきました。
白いインカムのコードが邪魔そうで、何度も後ろにやる仕草あり。
ジャケット脱いだ時に歓声が上がる。
てっちゃんが曲振りMC。
村:俺達がデビューしたての頃、これ聴いて頑張ろうって思って歌った曲です。バンドメンバーもいませんし、アカペラの曲やろうと思います。

アンコール:A DREAM GOES ON FOREVER
出だし2小節歌った所で。
酒:ごめんっ!
拍子抜けして止まる4人。
安:酒井さん今ずーっと考えてたでしょ。
酒:ごめん。今の俺はDREAM GOES ONどころじゃないんだ。
安:こうさ、曲作らなきゃいけなくて、歌ってる時とかにふっと良いフレーズ浮かんじゃったりするんだよね。まさにそんな感じ?
酒:いや、あの。その..。アレはホントにアレで良かったのか?
他:良かったんだよ。
酒:だって俺、最後1拍空いちゃったし。
黒:良いんだよ。あの空白で子ども達が寄ってくるんだから。
(両手で子ども達を呼び寄せるマネ)
あそこで子ども達が集まってくるの見えたもん。あそこでゆうじお兄さんに向かって、子ども達が集まってくるんだよー!

ヤスも加わり、めっちゃフォロー。
酒井さん不承不承納得。

酒:じゃあ曲いこうか。ごめん。
村:歌えるのか?この流れで酒井歌えるなら良いけど。
酒:うん。大丈夫だと思う(←ちょっと弱気)
村:別に違う曲でも良いんだぞ(←なんだか妙に優しい)
酒:良いの!?
村:じゃあSTREET CORNER SYINPHONYでもやるか。
他メンバー動揺。
「やるの!?」とか「そんないきなり」とか動揺が走る。
村:大丈夫だよ。出だしさえ間違えなければ(笑)ブロンズ像のって歌えれば。
黒:俺、歌詞うろ覚えな所があるよ。
村:大丈夫だって。出来るだろ。

全員で音を取り始める。
北山さん音叉使用。酒井さんが音取ると「高くない?」「イヤ、こんなもんだよ」と、自分のパートでそれぞれ音合わせ。

村:そんな訳でやっても良いですか?

客席から拍手と歓声。

14-2:Street Corner Synphony
出だしは好調だったんだけど、Bメロに入って黒ぽんが一瞬歌詞を忘れかけてギリギリセーフで歌う。以降、歌うパートの人が挙手して歌ってました。
「次俺!」みたいな感じで。この時歌えた黒ぽんめっちゃ安心しきった表情。

15:コガネムシの歌
フェイクです。
てっちゃんが歌って客席が返すってヤツ。
最初は音だけで歌ってるんだけど、そのうち「コガネムシ?♪コガネムシ?♪金持ちだ?♪金使おう?♪何使おう?♪コガネムシ?♪金持ちだ?♪オチがない?♪」って某有名な童謡の主旋律ベースでフェイク。
客席もまた、しっかり歌うので途中でメンバーの方が笑ってました。
あと、この時かな。てっちゃんがファルセットだったり低音だったり組み合わせて難解なフェイクさせて。で、客席が真似ると「凄いな」とか言って満足そうに笑ってました。

ラストMC

酒:今日は、こんなギリギリの状態でやることが非常に多い気がします。
こんなライブは久々です。
北:今日は、僕の大袈裟なリアクションを封じられてしまうところでしたが、みなさんのお陰でなんとか続ける事ができそうです。どうもありがとう(←北山さんのリアクションに対しててっちゃんが突っ込んだの。ネタバレ思いだし編参照)
黒:(客席から「黒ぽーん!」とコールがあったのに対し、ダミ声で)黒ぽんでーす!黒ぽんだよー!
酒:何だその声は!?
黒:イヤ、これが俺の中の黒ぽんのイメージ。
酒:どんなイメージだよ。ニャンちゅうか(苦笑)
安:アルバムは僕たちだけでなく、皆さんが聴いて耳だけでなく、口を出して下さい。そうしてみんなで作っていくものです。
村:(真面目な事喋った後、突然床とお友達になって笑い出す)
酒:お前なに笑ってるんじゃい!
ここで、ヤスと酒井さんが2人でそんなてっちゃんに関西弁で突っ込む。
(このネタ元も思い出し編参照)

村:さて、最後になりますが。この曲をどう歌おうかってデビューした頃悩んでた事もあります。日本の代表的なこの曲で今日は締めたいと思います。あれ(コガネムシ)が出来た皆さんなら、この曲は簡単だと思います。

16:真っ赤な太陽
客席から大歓声。
終盤でなりきりあり。
4パート(真ん中高低/主旋律/あと一ヶ所は忘れた)に分けて歌いやすい所を歌う形。
最初にやった真ん中低音パート。
村:女の子にはちょっと辛かったらもう1音高くして良いから。
と真ん中高音パートも加えて。
村:私はやっぱりこれが良いって人。
とか何とか言って3パート目。
村:でも、イヤ、私はみんなと一緒じゃなくても良い。みんながそっちに行くなら、私ひとりでも地盤を支えるって人は下を歌ってくれ!
と言って3音合わせる。
村:(意外と)頑張ってるねー。下の人。バランスいいや。
村:最後。私は音楽の時間にみんなで歌う時も、人と外れても構わなかった。それでも主旋律。目立つところが歌いたかった。って人。
と言って4パート目。
パートが増えていくに従って、時々客席だけに歌わせて「バランス良い」って言ってました。

そう言えば、3音合わせた頃だったかな。
「ウー/アー/オーオオーオー」って部分を歌ってる時に酒井さんが、ステージ中央に立ち謎のジェスチャー。
その言葉に合わせて、何か差し出すような仕草をしたり、何かをぐるぐる巻くような動作をしたり。
不思議な煽り(笑)

そして、しばしなりきりした後。
村:じゃあそのまま続けてくれ!
と言って、自分たちは元のメロディーを歌い出す。歌詞アリ。
ラストまで歌って、てっちゃんが手で終了を合図して終了。

バンドメンバーは途中で登場。
たぶん、真っ赤な太陽の途中でそれぞれメンバー紹介があったハズ。
真理さんが「ルパンのテーマ」を弾いた時は客席から歓声が上がりました。

最後にバンドメンバーとゴスで交互に並ぶ。
まずバンドメンバー紹介。
次いでゴスメンバー紹介。
左端から安→黒→酒→北→村だったかな?
酒井さん挨拶する時に軽く土下座。
そしたら、てっちゃんに再度紹介されて、今度は本格的に土下座してました。隣のバリさんが刀構えて首落とす真似してました。
そして、何故かまた安の紹介。
最後にてっちゃんが自分を紹介。
全員で手を繋ぐ。

この時客席からそれぞれのメンバーのコールがあって、メンバーそれ聴いてタイミング掴めなくて苦笑い。

村:じゃあ今日も発声は北山!
しばし溜めて..。

北:ありがとうございましたーっ!

正面・左右で挨拶して退場。
北山さんとバリさんが体当たりしてました。
酒井さん、ここでもなんだかまだ難しげな顔してたと思ったら。
酒:今日の「おかあさんとかといっしょ」の曲はアルバムには収録されませんのでご安心下さいー。
と、ステージの先端の方まで出てきて言ってました。

そして、最後。
全員退場する寸前。今日の最後の1人はてっちゃんで、袖に入る寸前でまた床とお友達→北山さんが良くやる髪をバサッって首を振る仕草→北山ターン。と言う流れを2度ほど繰り返してました。

全員退場し、照明も戻った会場。
さてさて、退場かと思いきや、何やら曲が流れ出し観客の足が止まる。
流れてきたのは。
「おかあさんとかといっしょ」の体操の歌。
今日作った曲が、酒井さんの前振り付きで流れ始めます。
そこで、退場せずまた歌って踊り出すゴスマニ(笑)

フルコーラス歌い終わって退場すると、入り口の扉の脇に企画で使われたホワイトボードが設置されてました。
そこで、それの写真を撮って終了。

2時間半のライブは終演です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。