スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@宇都宮市文化会館 ?

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@宇都宮市民文化会館
開演:18:30 終演:21:30

会場内に入ると、ステージ上にセットが準備されてるのが見える。
中央の高い位置に洋風の門扉のセット。
その門扉の前に、なだらかな坂道みたいな細長いステージ。
そして、そのステージの左右に階段。
ステージの前がバンドメンバーのブースになってます。
ステージ向かって右側。
真理さんの前辺りに「Platinum?」のジャケットに使われてるベンチが置いてありました。
そして中央にはシャンデリアが吊ってあり、その左右にドレープの効いた臙脂色の緞帳が掛かってて。
全体的にPATIPATIみたいな、豪奢な雰囲気。

場内アナウンスが終わると、それまで微かに流れてたクラシック調の音楽の音が更に大きくなり、場内の照明も暗転。
舞台袖からバンドメンバー登場し、それぞれの持ち場へ。
今回のバンドメンバーの衣裳も凝ってます。
衣裳は全員黒一色で、サングラス掛けて登場したメンバー。
個人的に印象的だったのが、バリさんの黒いフリル付きのシャツにシルバー?スワロフスキー?か何かのキラキラした髑髏のネックレス。
玉川さんの黒いレザーハットにサングラス、黒い皮パンをブーツイン。
真理さんのビスチェ風のキャミに、超ミニで後ろにゴールドのチェーンが付いたハーフパンツを履いて、足下はニーソックス。
この3人。
特に真理さんはめっちゃセクシーで、姐さん!って感じ。

そして、バンドメンバーが全員持ち場に着くとゴス登場。
門扉の後ろも通路になってて、そこから一人一人階段を昇って登場。
順番は安→黒→北→村→酒の順だったかな。
安・北・村の3人が右から。
残りの2人は左からゆっくり登ってきて、そのまま門扉の所でいったん立ち止まり、門をゆっくり開けて登場。
と、ともに1曲目。

ここでセットリストへ。
1:Let it go
2:Love has the power
?MC?
3:Street Corner Symphony
4:Something in my soul
5:Get me on
6:パスワード
?MC?
7:Platinum Kiss
8:永遠に
9:Prisoner of love
?バンド演奏(衣裳替え)?
10:The Ruler
11:Slow luv
?MC?
12:Simple Words
13:ひとり
14:ミモザ
?MC?
15:狂詩曲
16:SAYONARA
17:Tonight
18:祈りの街
19:Two way street
?東京スヰート?星空の5人?イントロ'95?(1フレーズのみ)
20:いろは
21:夜をぶっとばせ(紹介無し)
22:MO'BEAT(なりきりゴスペラーズ)
23:一筋の軌跡
?アンコール?
24:Let it goPARCOver.
26:This Christmas(クリスマスなりきり)
?MC?
26:陽のあたる坂道
27:星屑の街

あと、今回の衣裳。
前半は、黄緑色のスーツ。
インナーはと靴が黒。
パンツのサイドに緑色のラインが1本入ってました。
胸元には今回のモチーフの双頭の鷲の刺繍。

後半は、金色に近い黄土色の豹柄のスーツ。
ちなみに豹柄は茶色。
焦げ茶のインナーに、黒い靴。
ジャケットの襟だけ黒いの。で、メンバー全員前ボタン開けすぎ(笑)

さ、本編へ戻ります→その?へ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。