FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@中野サンプラザ ?

本編終了し、鳴りやまない拍手の中再度メンバー登場。

村:アンコールありがとう。夏まで続くこのツアーで、そろそろ良いかなって曲いきたいと思います。

EN1:風をつかまえて

曲終わってバンドメンバー紹介。
今日の紹介者は北山さん。

更に、ここでゴスの告知。

村:さて、最近のゴスペラーズの告知できる事ですが…。
村:こないだ俺達が忘れてたのが痛かったんだけど、全国合唱コンクールに曲を提供させて貰う事になりました。テーマは「つながる」と言う事で、安岡が書いてます。なんて曲だっけ。
安:はい。「言葉にすれば」と言うタイトルで、ゴスペラーズも5人でなければできなかった。5人いたからこそ、この曲が作れた。という曲です。皆さんも、聴くだけでなく是非歌ってみて下さい!
村:まぁ、なんらかの形で今後ゴスペラーズが歌うのをお届けできると思うんですけど。
酒:そんな!あんたそんな事言って!(←関西弁で何やらてっちゃんに突っ込む)
村:同じく関西弁で答える。
しばし、関西弁でコント。
内容は、そんな大きな事言ってどうする!みたいな感じでした。
村:でも、あの曲ほんっとに難しいんだよな!
黒:学生さん達に混じって半年くらい練習しないとダメかもね。

【その他告知】
村:えー、他には…3月に発売された鈴木雅之さんのアルバムに、俺が1曲書いています。
客席から拍手。
村:あと、加藤登紀子さんのアルバムで、これも俺が1曲デュエットしてます。ラテン系歌謡曲。
客席から拍手。
酒:全部自分の事か!そんなん言うなら、俺だって池袋でナレーションやってるぞ!
これには笑いと拍手と歓声。
村:まさか酒井も自分がナレーションやるとは思ってなかっただろう?
酒:黙って頷く。
村:どうなの?やってみて。
酒:良いよね。「この星を5倍した所が…」とか「こういう事を言ってみたかったんです」とか…おおっといけない(←口を塞ぐ)
安:北極星の見つけ方みたいな?
酒:そうだね。南十字星だけどね。あと、最近のプラネタリウムは凄いんだよ。星だけじゃなくてもっと色々……っと、いけないいけない(←また口を塞ぐ)
村:でも、一回見てみたいよな。北山とか泣いてそうじゃない?
安:子供の頃から星を見て泣く少年ですからね。
北:星空の元にゴスペラーズが流れるんだろ?泣かないよ!
安:わかんないよー。終わってから他のメンバーに電話しちゃったりして「頑張ろうな!」とかさ。
村:あと、あ、これも3月だ。Fairlifeと言う浜田省吾さんの音楽ユニットのアルバムにも1曲、ゴスペラーズとして参加させて頂きました。『うつぼかづら』って曲なんだけど、すっごい怪しい曲です。でもさ、これ、どんなにゴスペラーズっぽくしようとしても浜省節が消えないのな。
安:俺らが高校生の頃とかにカラオケボックスで歌ってたの思い出すよね。

告知を終えて。

詳しいことは忘れてしまったんだけど、てっちゃんが
ゴスペラーズがデビューした頃、いや、学生の頃から憧れてた人たちと今一緒にやらせて貰う事ができて、凄く嬉しい。その当時は夢にも思わなかった事で、これも地道に積み重ねてきたものがあるからで、これからも地道に頑張って良い物を送り出していきたいと思う。
みたいな事を言ってました。
凄く重みがあって、思わずほろりときました。

♪EN2:陽のあたる坂道
曲終盤でバンドメンバー退場。
ラストMC

村:東京が一番クールだったらどうしようかと思っていましたが、最高でした!武道館で会いましょう!
安:今日やった曲の中には中野に住んでいた時に作った曲もありました。今日は古い曲も沢山やって、その頃の自分にも拍手が貰えたような気がしてぐっと来ました。幸せでした。また会いましょう。
酒:『讃歌』と言う曲を作った事がありまして、その歌詞の中にスポットライトと言う言葉が出てくるんですけど、あれはこのホールの奥からスーッとピンスポットが当たるのを、客席から見てた時に浮かんだ情景です…………へぇー(←ひとりトリビア)そんな訳で、酒井でした。
北:今日は健康の話をしましたが、僕が一番健康でいられるのはステージの上だと思います。そのステージを作ってるのはメンバー、スタッフ、あなた方ひとりひとり。そして、そんな自分も素晴らしいと思います。
黒:(客席から黒ぽんコール)黒ぽんだよぅっ♪黒ぽんでぇっす♪(←安田大サーカスの黒ちゃん風に読んで下さい)
酒:オチかいっ!
黒:ドーン・ドーンって(笑)えー…良いことを言おうと思ってたのですが、北山の「自分も素晴らしい」発言に全てを持って行かれてしまいました。黒沢でした!(←逃げるように階段を昇る)

5人が揃った所で。

村:じゃあ、最後にもう1曲やっていいですか?
客:歓声と拍手
村:『星屑の街』

♪EN3:星屑の街

そして、曲終えて5人揃って挨拶して、門を開いて退場。
3時間のライブが幕を閉じました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。