スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2006-2007セルゲイ@沖縄コンベンション劇場 初日其の壱

さぁて。
忘れ始めた沖縄ライブ@初日です。
2Days行くと記憶が混ざる…。
てか、覚えてない事が多すぎる……。
てな訳で、今回は趣向を変えまして、覚え書き風に行きたいと思います。

長いのは必須だけどね(笑)

OP2曲を歌い終え、最初のMC。
ちなみに自己紹介は忘れました。
確かトップバッターは酒井さんかヤスだった気が…。

【偽物酒井雄二疑惑】
安:沖縄に来たのは2年前の号泣以来ですね。でも、実はゴスペラーズその前にも沖縄に来てるんですよ。最初に来たのはヒューマンステージってライブイベントだったよね。
?:ちなみに、そのライブを見に来てた人ってどのくらいいますか?
(客席から挙手)
吾:おぉー!結構いるねぇ。
酒:レアですよ!レア!
村:あの時は…なんだっけ『永遠に』?だっけ。
客:『ひとり』ーっ!
村:『ひとり』!?そっか…98.99年頃だから…。
酒:あれ、『ひとり』の方が『永遠に』より先だっけ?
北:『ひとり』は『永遠に』より先に出来てて、3年くらいステージでやってたじゃん!
(客席ざわめく)
酒:俺、今ゴスペラーズのメンバーか自信が無くなってきた(汗)
安:別の人なんだ?酒井雄二じゃなくて!
酒:今日は頑張ります(苦笑)

この流れでS.C.Sに行きます。
S.C.S前の酒井さんのMCで、初めて来た人がどのくらいいるか聞いていたような気がします。

って、そうそう。
最初の挨拶の時。

村:この豪華な会場にも慣れました!
酒:おぉロミオ!ロミオ!風だよね。
村:あの辺の照明とか、舞台っぽいよな。最初にここでやった時は「芝居でもいれるか」って話してたくらいだから。

と話してました。
確かに、なんだか装飾が豪奢な会場だった。

【安岡優と天使の羽】
Platinum kissの前のMCですね。
安:じゃあ皆さん座って頂いて…俺はその間に汗を拭きに行ってきます。
(後ろを向いたヤスの背中にくっきり汗染み)
酒:肩甲骨だ!肩甲骨!
(客席もメンバーも驚愕。後ろを向いてるヤスの汗を指して、真顔で北山さん)
北:えーここが人間の肺になります(←どうでも良いけど、汗染みと肺の形は真逆だよ…)
(笑顔で振り返るヤス)
北:ごめんね、見せ物みたいにしちゃって。
安:大丈夫。
北:でもさ、昔ヒューマンステージでライブやった時に安岡がお辞儀するとスーツの裾からダーって汗が落ちた事があったよね。
安:あの時はビニール製の衣裳だったから、サウナスーツみたいになっててさ。お辞儀しないでも、足下からポタポタ垂れてて、ステージに水たまり出来てるの。
黒:そんな水たまりの中ピチャピチャしながら歌ったよね。
安:でもね、ゴスペラーズのライブを初めて見に来るお客さんが、これ(汗)見ると驚くらしくてさ。終わってから「安岡さんは汗を凄くかいていましたが、どこか体調が悪かったのでしょうか」とか心配してくれる訳。でも、俺はこれが普通ですから(←すっごい笑顔)むしろ年とって減ったくらいですからね。
村:前に断食した後、安岡一時期汗かかなくなってたよな。
安:なってましたね。
村:あれは断食で毛穴が閉じてたって事だったのか?で、今はまた毛穴が開いて蒸し鶏みたいになってるって言う。
安:ありがとうございます。
村:今お前適当に言っただろう?
安:蒸し鶏って言われてありがとうはないよな。
村:でもさー、俺らこないだまで帯広に居たのよ。北海道の。沖縄の人にしてみれば、まだ熱いうちに入らないんだろうけど、北海道から比べたら夏だよな。
安:俺の身体は確実に夏ですね(←満面の笑顔)
酒:安岡がいると「あー夏が来たなー」って思うよね。
村:季節を感じるんだ!?
北:炭坑のカナリヤかよ!(←炭坑の奥底に行く時に一酸化炭素や有毒ガスが充満してないかを調べる為にカナリヤを連れて行くと言う話)
安:ありがとう。って、ありがとうってのも嫌だな。

この辺りで、話を続けようとする汗だくのヤスに「汗を拭いておいでよ」と促す北山さん。
頷いて後ろを向いたヤスの背中は、先ほどの倍ほどの大きさの汗染みが。

他:広がってるよ!!
(客席も驚愕)
安:生きてるって素晴らしいね(←満面の笑みで振り返りながら)

この時だっけな。酒井さんだかてっちゃんだかが、ヤスと北山さんに「髪切った?」って聞いたの。
髪を切って気持ちも新たに始めるとか何とか。

【バナナボートと黒沢薫】
たぶん汗MCの続き。
村:沖縄は去年も来てるんですよ。ちょうど1年前の4月にPV撮影で。あれはどこだっけ?
黒:本部?
北:崎本部だ!
村:そっか、崎本部ビーチだ。
安:天気が良くても悪くても1日で撮るしかないって言うスケジュールだったんだけど、当日は快晴だったんだよね。
村:あの曲さ、女優さんとひとりひとりが向き合って歌うシーンがあるんだけど、それに凄い時間がかかったんだよなー。
安:時間にしたら5人で歌ったってたいした時間かかるハズじゃないのにね。
村:天気良いから、後ろの海でバナナボート乗ってる人がいてさぁ。
酒:昔、バナナボートって曲あったよね。
(歌い出す酒井・村上)
村:そのバナナボートが、歌ってると後ろを通過するの!
(確かこの頃、北山さんがてっちゃんに向かって女役?男役?って小声×ジェスチャーで尋ねるんだけど、てっちゃんが喋るのに夢中で気付いてないと言う…)
酒:「はーい!バナナボート通過しまーす!」って係の人とかいたもんね(←女優役北山。ゴス役村上の後ろに回りバナナボート係の真似をする酒井)
黒:わーーっ♪♪♪(←ステージ左端からバナナボートに乗ってピョンピョン跳ねてる真似をしながら黒沢通過。ロデオマシーンの様に右手を上に挙げて満面の笑みで)
酒:「はーい!またバナナボート待ちでーす」
黒:(ステージの左端で片膝付いてスタンバイ中の黒沢。酒井のかけ声で再度左から右へバナナボート風に移動)
安?:でもさぁ。バナナボートって乗ってる方は楽しいんだろうけど、見てると凄く真抜けな乗り物だよねぇ。
北:この時さ、俺らが歌ってるのは見えてないって設定だから、女優さんそんなんでずっと表情ひとつ変えずに立ってるだけだったんだけど、さすがに何度もだから怒ってるのかと思って「すいません…」って謝っちゃったよね。「大丈夫です」って言ってくれたけどさ。
安:しかもあの時、すっごい海からの日差しが強かったんだよね。半分だけ日焼けしたみたいになっちゃって、俺と黒沢さんなんかはオリオンビール飲んでるんじゃないかってくらい、赤くなってるの。
黒:あの時俺、下焼きしてったんだけどねー。
酒:はい!俺も!俺もあの時しっかりVネックに赤くなってたもん。でね、あの撮影の時、俺喉を蚊に刺されてさぁ。
安:じゃああのPVの中には蚊に刺された跡が残ってるの!?
酒:いや、俺刺されちゃいましたーって言ったら、監督が「じゃあ酒井くんは後で」って言って、俺赤み待ちしたの(←腰掛けて待つ真似)

どんな流れかは忘れたけど、じゃあそろそろ曲へ。って事になって。

安:じゃあ、そそろそ曲にいきましょうか。黒沢さん。
黒:はい。

Platinum?の配置につく5人。
中央で汗だくの黒沢。

村:黒沢!すっごい汗かいてるぞ!
黒:俺、今まで歌っても出なかった汗がバナナボートで叫びすぎて出てるかも。
安:黒沢さん、汗拭いてきなよ!
黒:大丈夫。
北:(後ろに戻ってタオルを持ってきて、背後から黒ぽんの汗を拭く)
村:(すっごいおかしくて仕方ないというにやにやした表情)
黒:さ、歌いきましょうか。『Platinum Kiss』

いっつも思うんだけど、プラキス前のMCで凄いにやにやしてるてっちゃんとか、息切れしておかしな事してる酒井さんや黒ぽんが、曲に入ると一気に歌い手さんの顔になるのが凄いなぁって思うのよねぇ。
てか、プラキスに行く流れのMCじゃないだろ、コレ(笑)
スポンサーサイト
コメント

天然さん

いゃあ~、いつもながら臨場感溢れるネタバレありがとう!さすが朱音ちゃん♪
バナナボート係の黒ぽんが面白すぎて地下鉄で笑い堪えるのに必死やったよ。汗だくになるほど真剣にバナナボート役やらんでも…(笑)
カワイイ36才やね~(=^▽^=)

ふふふ~。

バナナボート黒沢は、本当に力尽きそうで笑えたの~。
合計3回くらい真似してたんだけど、どんどん衰えていくと言う(笑)
2日目は黒沢拓が取れるからね♪
残りもお楽しみにー。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。