FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズコンサートin苗場 2008 1月29日編 ?

「Unlimited」を歌い終え。

村:ごめん!今日は俺が悪かった!

Unlimetedの歌い継ぎの部分のミスを素直に謝罪。
笑って答える黒ぽん。

村:「輪舞」から始まって「CENTURY」「スローバラード」とお送りしましたが、実は今回のライブ。選曲・構成は全て安岡が行っています。
安:はい。今回は童話「青い鳥」をモチーフに、我々の曲に乗せて旅をするイメージで考えました。なのでこう、絵本を捲るようなセットになっています。皆さんいかがだったでしょうか?
客:拍手。
安:ありがとうございます。さて、最初にもありましたが、今年で苗場も10周年になります。メンバーそれぞれ、何か思い出に残ってる事ありますか?じゃあ…まずは北山さんから。
北:僕はですね、もう時効だから話しますけど。初めての苗場でライブが終わって、なんだかゲレンデに出てみようって話になったんですよ。勿論夜だから誰もいなくて、本当は入っちゃいけないんだけど、何人かで普通に板も付けずに靴のまま入って。
村:あ。それ俺もいた。
北:で、靴のまま「うぉーーーーーー!」って山の上の方まで登って。登ったら今度は降りてみたいよね。って話になって、着てたコートを脱いで、お尻の下に敷いて「う゛ぁーーーーーーー!!!」って滑って降りた事があります。さすがにやってるうちに、部屋の灯りがパッパッって点いてきたから、危ない危ない。って戻ったんですけど。皆さんは絶対にやらないでくださいね。
安:村上さんは?
村:俺は、この間ライブが終わって、チーフマネージャー伊藤賢一の部屋に用があって行ったら、何故か部屋が水浸しになってた事かな。
黒:あぁ。水浸しだったね。
村:なんだか知らないけど、入ったら床が水浸しなの。プリンスホテルだから絶対あとでクリーニング代の請求来るぞ。聴いてるであろうスタッフの皆さん………(←口をつぐむ)
危ね…部屋番号言いそうになっちゃった。
安:それはダメだよ。
村:でさ、何に驚いたって、床が水浸しで石鹸の匂いがするの!
安:良いじゃん、石鹸の匂いがしたって。
酒:そりゃ石鹸の匂いくらいするでしょ。
村:だって、床が水浸しで石鹸の匂いだぜ!?いい年した男の部屋で!
黒:何してんだろうな。
村:だろ?なんかいかがわしい気がする。
安:別におかしくないでしょ(笑)
村:皆さん、あとで伊藤を見つけたら聞いてみてください。
安:じゃあ、酒井さんは?
酒:俺はねー。初めて苗場やった年にコンタクトデビューしたのよ。で、打ち上げでお酒飲んで盛り上がって、そのまま寝ちゃったんだよね。そしたら、ハッて目が覚めたら、蜜柑の袋をこう…ガラスにぺたーーーっと貼ったみたいにコンタクトが目にくっついちゃって。眼も開けられない!みたいになっちゃったから、湿らせて湿らせて取る!(←左目)こっちも、湿らせて湿らせて湿らせて取る!(←右目)って感じで、ようやっと取ったのを覚えてますね。
安:それは恐いよね…。
黒:角膜剥がれちゃうからね。
酒:皆さんは絶対にやらないように。
安:黒沢さんは?
黒:僕はねぇ、一昨年の苗場がちょうどトリノオリンピックの時期と一緒で、ライブ終わってみんなでオリンピック見てたのを覚えてますね。ちょうどその時荒川静香さんが金メダルを取った時だったの。
村:ショートプログラムだったんだよな。翌日がフリーで金取ったの。
黒:もう見てて「これは優勝するな」って思ったもんね。
安:あぁ。あるよね。全然ルールとか分からないのに「この人絶対良いよ」って。
村:賞とか取れなくても、俺の中では1番。みたいなな。
黒:凄かったよね。イナバウアーって(←脚をがに股に開き、両手を上に。明らかに何かが違う)
他:それは違うだろ!イナバウアーじゃないだろ!
安:イナバウアーはそうじゃないでしょ?
黒:え?こうじゃない?(←再度実演するも、やっぱり違う)
酒:イナバウアーはこう!(←微妙に近い)イナバウアー!!(←ジャケットの前をはだけて、露出狂風に)じゃ違うだろ!!
安:そうそう。でも今のはちょっとしたマトリックスみたいだね。
黒:違うかなぁ。
安:言うならイナバウアーくらい覚えてから言って下さいよ。
村:でもね、荒川静香さんもプリンスホテル所属って事でね。
客:拍手

村:いやぁ…でも今日は熱いね。熱気が凄い。
安:僕はちょっと汗を拭いてきます(←後ろに下がる)
村:黒沢も凄いな。拭いてきて良いぞ?
黒:いや、僕はもう拭いても拭いても流れてくるので。

村:じゃあ、この辺りでそろそろ旅を再開しましょうか。

♪11:THAT'S WHAT I WANT

ステージに横1列に並んだメンバーが、サビ頭で曲を歌い出す。
予想外の選曲に沸く会場。
「パワー全開無限大♪」の部分でてっちゃんがマイクを客席に向けていたような…。

そして、この間奏部分でステージ袖に退場するメンバー。
ゴスペラーズバンドのメンバーによる演奏。
途中、須藤さんが左端から中央に歩いてきて、ソロプレイをする部分もありました。
時間にしてどのくらいだろう。
G10の時よりは短く感じた時間で、間奏に合わせて再びメンバー登場。
身を包む衣装は、ちょっと暗めのサテンブルー。
どこかで日本代表ブルーって表現を見掛けたけど、あれにキラキラ感を足したら近いかも。
左の襟元にはシルバーのチェーン。
インナーと靴は黒。
北・黒・安・村・酒の順だったかな。で、妙に元気よく登場し一言。

五:ゴスペラーズです!

沸く観客。

村:皆さん楽しんでますか!?まだまだいけますかぁっ!!

その声に乗せられて、会場内は益々ヒートアップ。
間奏後の部分を最後まで歌い、続く音楽。

♪12:Rial tighit

イントロのシャウトもありました。
中盤で、黒ぽんと酒井さんとてっちゃんでシャウトし合う部分も健在。
あと北山さんがくるくるくるくる回ってた。
頭振って、ぐらんぐらんしそうな空気。
そしてそのまま次の曲。

♪13:The Ruler

最初の音で反応する観客。
初めはステージ中央で歌う酒井さん。
メロディ部分では、歌う4人に隠れるように後ろに立つ。
「I take what I want?♪」の部分で、ステージ中央から右端の椅子に移動。
背中を預けるようにして浅く腰掛け、脚をゆったりと組んだ姿は正にステージの支配者。
右手を椅子の手すりに乗せて、マイクをくるくるって回してみたりして。
その視線の先では、3人を手招きするヤス。
ヤスの手招きに応じて、ゆったりと歩み寄ってくる3人。
「蛇の道は蛇?♪」の部分からは、椅子の前に立ち蛇の動きをしてみたり。
そして、てっちゃんパートに合わせてステージ中央に再び移動。
と、どこから出したのか私の位置からはサッパリ不明のアイテム。
黒い拡声器の登場。
「いつからだか?♪」の部分は、セルゲイ同様に拡声器プレイ。
そう言えば、この拡声器って最後どうしたんだろう。
最後の部分は、左から右に歩きながら黒ぽんの肘に触れ、そのまま左端へ。
椅子の辺りでくるっと回って、北山さんの隣に移動して曲は終了。

拍手も止まぬうちに次の曲へ。

♪15:狂詩曲

曲頭のてっちゃんのシャウトに叫ぶ観客。
ブルーのスーツはダブルの為、前ボタンは全員しっかり止めてます。
が、あの振りは健在。
2番の「美しすぎる?♪」でどんどん腰を落として行く部分で、なんだか知らないけど酒井さんがいやに腰を落とし、舞台ぎりっぎりまで身体を付けるような姿勢になってたのを遠巻きに見てました。
最後に唇を拭う仕草も、全員しっかりありました。

妙な熱気の充満した会場に、またあのナレーションが戻る。

安:「残ったのは積み重なった努力だけ。ページが変わるようにただ、明日はやってくる。諦める事を諦めてしまえば良い。諦める事を諦めて、絶望する事を諦めて、自由に夢を見れば良い。」

♪16:DOWN?夜明け?

これは確か、酒井さんとてっちゃんが2脚の椅子に座り、黒ぽんが右の椅子に腰掛けてた。
北山さんは黒ぽんの隣で、ヤスはステージ中央。
「影が溶ける」の部分のヤスが妙にいい男でした。
でも汗びっしょり。
熱さが徐々に引いていく感じですね。
酒井さんの「守ってくから」「ただそれだけで」が凄く響いてた。
座ったまま歌い上げるの。

曲が終わって再びナレーション。

安「大丈夫、また巡り会えるから」

恐らくこの辺りでもう一度ページが捲られる。
今度は左から右へ、開くと再度現れる白地に鳥かごのパネル。

♪17:Forever&More

ステージ前方にメンバーが移動し、1列で歌う。
ヤスが鳥かごを持っていて、左から2番目で歌っていたのもここかな。
凄く凄く綺麗な曲でした。
背景の白も相まって、なんとも言えないキラキラした曲。
明るいなぁって思って見てた記憶が。
そして、最後の「会いたくて…」で曲終了。

曲が終わり、ステージ左側に移動するメンバー。
ヤスを中央にする形。
そして、唯一のヤスの生台詞。

安:どなたか、あの鳥を見掛けたら僕たちに教えて下さい。今もまだ、あなたの部屋の窓際でさえずりを聞かせているのなら、どうぞ僕たちに返して下さい。いつかまた、この鳥が必要になったら、その時はあなたにお返しします。その時には今よりももっと強くなっているのでしょうから。

♪18:青い鳥

白い背景に青い照明。
基本的には村上・北山曲。
てっちゃんが伸びやかに歌ってる印象で、メロディからサビにいく部分が凄く綺麗。
大サビは凄く優しいのに泣きたくなるような、そんな曲。
サビ部分では、背後の鳥かごの中に鳥の羽が舞ってました。
この時の観客の集中力が本当に凄くて、1音1言でも聞き逃さない。って感じで全身で聴いてるような空気が、会場の中に充満してたように思います。

曲が終わって、メンバーが1礼。
左右から緞帳が閉まってきて、本編終了です。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。