スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂BLITZオープニングシリーズ ゴスペラーズライブ ?

村:でも、安岡も歌ってたんだろ?
安:そうですね。僕も高校生の頃にバンド組んで、それで歌ってました。で、その時の1曲目は俺が書いて3人でアカペラやったんだよね。
村:どんなの?
安:?♪??♪(←当時のメロディを歌う)
村:(それにちょっとハモるてっちゃん)
安:そうそう。で、これにトップとベースが入って、俺がリードで延々このメロディを歌うの。

ここで、村・安・北の3人で、当時のアカペラ曲を即興披露。
歌ってるうちに、最初に歌った所から後の部分も出てきちゃって、それを何の前振りもなくヤスが歌うからてっちゃんが困ってました。
「Song is a?♪」みたいな歌詞だったかな。英語詞。

安:と、まぁこんな感じの曲でした。
村:お前、最後歌詞変わるなら先に言うなりなんなりしろよ!
北:こんな感じかなって思ってやっちゃった(笑)
安:あ、ごめんごめん(笑)
村:急に変わるからビックリしちゃったよ。でも、覚えてるもんだよな。北山は?音楽との出会い。
北:僕はですね…高校生の頃にTAKE6を聴いて「歌って良いなー!」って思った事が最初ですね。でも、その時の僕は歌詞歌う事の楽しみが分からなかったから、アカペラって方にはいかなかったんですけど。それでも3部とか6部とか音階を作ってハーモニーを楽しむ。みたいな所はありましたね。
村:……北山、お前さ、その話をするのは良いけど、毎回それを聞いてる方は心がしーーんっとなるんの知ってるか?言ってる事がお前は分かるかもしれないけど、難しすぎる。
北:え?そうですか?
村:今だって、会場の半分以上はしーーーんっとして聞いてたぞ(苦笑)
北:いや、でもピアノで1回16小節くらいの曲みたいなのを作って、カラオケの上手い友達を何人か誘って歌った事があるんですよ。
村:そういうこともしてるんだ!?
北:はい。で、その時は俺の中では凄くハーモニーを感じる部分があって「歌うって楽しいなぁ」って思ったりもしたんだけど、どうやら歌ってる方はそれを感じてはくれなかったみたいで。
村:それはどんな曲だったの?
北:えっと…UhーUhーーUhーーーー…(←下がり気味な淋しげな感じで)みたいな感じで。
村:それを繰り返すの!?
北:そうですね。
黒:それは楽しくないだろ!
村:しかも何だか凄い淋しげなメロディだな(苦笑)
北:だから、喜びは分かち合えなくてすぐ解散しました。
酒:強要と共有は紙一重だからね。
村:…じゃあ、酒井は?(ニヤリ)
酒:俺?俺はアレですよ。ブラックジャケッツ!
村:ボンジョヴィのコピーな(笑)
酒:そう。それでね、地域の楽器屋のオーディションみたいな…ヤマハサウンドフェスって言うんですけど。オーディションの、ホントにホントに隅っこの最後の方に名前を連ねて、歌い終わってその審査員の人に「酒井君は凄く綺麗な声をしてますね」って言われたら、柳がガソリン飲めって言ってね。
安:出た!柳のガソリン!
黒:何度聞いても面白いよな(笑)
酒:そう、って、思い出した。柳の他にマー君にもガソリン飲めって言われたんだ!
安:ダメですからね、そういうの飲んじゃ。
村:昔は良くあったんだよな。強い酒でうがいするとかさ。
安:民間信仰みたいなねー。
酒:後は喉が潰れるくらい歌うとかね。
安:そうそう。喉が枯れると、新しく良い声が出るとかさ。色々あったよね。
黒:でも、いくらそれでもガソリン飲ませたら業務上過失致死になっちゃうから(笑)
村:でも、あの頃は多少ハモれなくても良いから!とにかく歌っておけ!って感じの所があったよな。
安:あったねぇ。
酒:そう!サークルに行くと、なんだか一人だけ嫌に声のでかいヤツがいるぞ。と。
村:ハモるのが気持ち悪いとか言い出してな。
酒:そうそう!俺らが一生懸命きちんとハモってる所に来て「ハモリすぎてて気持ち悪い」とか言い出して!昔からそういう男なんですよ!こいつはっ!!(←指をビシィっと指して)
村:(笑)

黒:じゃあ、そろそろ学生ネタが続いた所で、そんな桜の季節にピッタリの曲をいってみたいと思います。
桜、もう咲いてるよね?
安:BLITZの前は咲いてましたよ?
村:もう開花したんじゃなかったっけ?
客:開花したよー!
安:そっか!?もう開花したんだ!?
黒:じゃあ、そんな出会いと別れの季節に似合う曲を歌います。

♪:10.卒業写真(荒井由美)

黒ぽんの1人歌いに、4人がコーラス付ける形。
前にFunか何かで歌った感じと似てました。
1番+サビのみ。
曲が終わって、真理さんのキーボードでイントロが始まり次の曲へ。

♪:11.Promise

アルバム「TheGospellers」に入ってる、楽器ありのバージョン。
久々に聴いたってのと、このバージョンが好きってのもあって、なんだか凄く良い感じの曲でした。
誰かが突出してどう。って感じがなくて、凄く綺麗なハーモニー。

黒:卒業写真・Promise聞いて貰いました。
客:(拍手)
村:そういえばさ、みんなアレは観た?Qさま!
安:観た人ー!
客:(ほぼ挙手)
村:あれねーっ。ほんっと…
安:リーダーには良く毎回あんな神が降りてくるよね。
酒:神って言っても笑いの神だけど。
村:アレはさ、ほんっとうに解らなかったんだよ。
安:ウォータークローゼット?
村:そう。なんだっけな。水洗便所の呼び名で、もっと前のヤツだろ…ってずっと考えてたんだけど、結局出てこなくてさ。
北:あれは難しかったよ、俺も最初解らなかったもん。
安:あれは、本当にあれで終わりだった訳?
村:そう。終わってから他の出演者の皆さんに「あんなの常識だろ!」とか散々言われたから。
北:そうなんだよ!何だっけ?弁護士の人がさ…。
酒:元村弁護士ね。
北:そう!元村弁護士が、それまで散々間違えてたくせにあの時に限って「あんなの常識だろ!何で答えられないんだよ!!」って言ってさぁ!俺、よっぽど「間違えて何が悪いんだよ!」って言ってやろうかと思ったもん!
安:山崎邦正みたいな人ね。
酒:そうそう。イェイイェイイェイー!(←山崎邦正の真似を全身でしてます)って。
他:(笑)
北:でも、あれでリーダー凄い凹んだんだよね。あの番組出てから、DSの常識力トレーニングやってるんだもん。
安:よっぽど悔しかったんだ?
村:昨日も今日の準備全て済ませて、3時くらいだったから寝る前に30分だけって思ってやって来た(笑)
北:でも、それまで俺とか雄二がちょっとした空き時間にゲームしてるのを見て「お前ら暇さえあればゲームかよ…新人類かぁ?」とか言ってたのにさ。
安:お前こそ、暇さえあればゲームかよ!って(笑)
村:だって、やらないと何だか落ち着かなくて。
北:こないだも、たまたまリーダーとトイレで一緒になって。そこで、隣に来て「ゲーム…良いな」って言ったからね!(←余談ですが、ココで北山さん用を足しながら喋るジェスチャーしてます・笑)
村:だって、ゲーム良いな!だろ?
安:そこが、村上てつやとゲームが和解した日なんだ!?
酒:歴史的瞬間だねぇ。
村:でもさ、ゲームって音楽も良いのな!(←左隣にいた酒井さんに同意を求めるべく、凄い勢いで振り向く)
酒:おっ…おう!ゲームの音楽は良いよ!!
村:この和音良いな。とか思ってさ。
酒:今のゲームはいい音使ってるからねぇ…。
村:「それって常識?♪」って矢野晶子さんみたいな人が歌っててさぁ。
酒:そうそう!「それって常識?♪」って良い声なんだよね。俺もあれ、矢野晶子さんに歌って貰いたいなって思うもん。
村:だから、それを聞きたくてついやっちゃうってのもある。
安:でも、どうなの?リベンジしたいの?北山さんは?
北:僕は…リベンジしたいですね。
安:酒井回答者は?
酒:うーん…俺はねぇ………リベンジしたいですねっ!(←ものっすごい笑顔)
安:それじゃあ、村上さんは?
村:俺?リベンジしたいよね。
安:じゃあまた出て下さいよ!ゴスペラーズ三銃士で!
黒:良いねぇ、ゴスペラーズ三銃士って!
酒:(ステージ中央に出てきて剣を抜き、頭上に掲げる三銃士の決めポーズを再現。ステージに背中を向けて、やや斜めに立つ感じで)
村:(出るタイミングを間違えて、1回フライングして剣を抜いて掲げる。立ち位置は中央)
北:(右端からステージ中央に出てきて、酒井さんと同様に剣を掲げる動き)
村:(間違えた事に気づき、もう1度剣を抜いて掲げる動き)それって常識?♪
客:(拍手)
酒:違うでしょ!三銃士にそれって常識?♪は関係ないでしょ!
客:(笑)

それぞれが元の持ち場に戻る。

村:あと、6年間続いた我々のラジオも、先週最終回を迎えまして、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。
客:(拍手)
村:あの日は本当に凄くて、番組終わったらFAXとメールが今までで一番多いってくらい、もの凄い数が来てました(←手で厚さを示す)
黒:凄かったよね。
村:で、終わったら次の番組の桑田さんが入ってきてくれて、お疲れ様でした。って両手でお茶のペットボトルを差し出してくれました(笑)
安:それ、その辺にあったヤツだろ!って感じだよね(笑)
村:でも、我々があそこでラジオをやる事になったのも、きっかけは桑田さんですからね。
酒:最後に写真まで撮ってくれてね。
村:本当にありがたいことです。ありがとうございました。
5:一礼
村:またどこかでラジオが出来るように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。
客:(拍手)
村:あ、そうそう。あとアレは見た?音楽戦士。
客:(見たー!的なリアクション)
村:メロン師匠な。
北:お笑いの人って凄いよね。ここだ!ってのを見つけたら、番組中ずーっとそこを引っ張るもん。
安:メロン師匠で良かったよね。最初はメロンのおじさん。だったんだから。
酒:師匠って響きが良いよね。メロン兄さん。
黒:メロン良いよね?(ニコニコしながらメロンを持ってる真似)
安:でも、どうしたら良いかキャラ持て余してるでしょ?
黒:うん。ちょっとね。
酒:日常生活の言葉の中にメロンを見いだしていくってのはどうだろう?
黒:例えば?
安:キャメロンディアスって良いよね?。
黒:良いねぇ!メロン良いよねぇ!(←嬉しそうにヤスに近寄っていく)
酒:俺はさ、結構映画とか見るの好きなんだけど。監督だったらジェームスキャメロンが好きなんだよね。
黒:メロン良いよねぇ?(←嬉しそうに笑いながら酒井さんに近寄る)
安:エメロン石鹸て良いよね。
黒:メロン!良いよねぇ?(←同上)
安:もう出尽くしたか?
黒:俺、さっきから「メロン良いよね」しか言ってない気がする。
村:なぁ、こんどカラオケ行かない?カラオケ。歌うのは少年隊の…
安・村:デカメロン伝説!!(←すっごい嬉しそうにヤスがてっちゃんとハモる)
黒:メロン良いよねぇ!しかもデカメロン!でっかいのは良いよね!
酒:でっかいってのが良いよね(大きなメロンのジェスチャー)
黒:うーん。なんだか無理があるな。
安:そろそろ出し尽くしたでしょ。

?へ続く。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。