スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記"春夏"in島根

【最初の挨拶】
村:今日は新しい曲から昔の曲までたっ…ぷり
客:拍手
村:悪かった。今のは俺の振りが悪かったよな。もう1回。今度はもっと分かり易くやるから。たっ………ぷり
客:拍手
村:たっぷりやりますので、最後までよろしくお願いします。
安:はい。もうたっぷり汗をかいています。日本の水瓶、安岡優です。
酒:この会場に前に来たときには、自分達の曲にちなんで「グラン永遠に(グラントワニ)」なんてくだらない駄洒落を言いましたが、今回は誰かがそんなくだらない事を言う前に言っておこうと思い、今言ってみました。これで今日のライブで、そんなくだらない事を言うヤツはいなくなるだろう…酒井です。
黒:今日も始まる前に益田でカレーを食べに行ってきました。たっぷり食べたので、今日もたっぷり歌いたいと思います。
村:この会館てさぁ、瓦で周りの壁が作ってあって、ちょっと独特じゃない。赤茶色の。で、今日気づいたんだけど、2階席の前の所も瓦の形だよね?それ。
安:あぁ、波打ってて。
黒:本当だ。
村:そんな会場でまた歌う事ができて、本当に幸せです。村上です。

北山さん忘却。

【スイートルーム】
北:さて皆さん。そろそろ体も火照ってきた所かと思いますがいかがですか。
客:(←ムーディーな言い回しに客席から笑いが)
北:火照ってきましたよね。まずはお座りください。
客:(座る)
北:座り心地はいかがですか。ふかふかしてますよね。火照った体に、更に座り心地が良くなるように、ここからは会場をスイートルームにしたいと思います。それでは、極上のsweetなメロディーに、しばし身を任せてください。

黒:LoveVertigo,I'll make love to you,ミモザ。3曲続けてお送りしました。
客:(拍手)
黒:これまでに歌った曲も入っている最新アルバムHurray!、皆さんたっぷり聴いて戴いて……?
客:(拍手)
黒:ありがとうございます。もし、もしまだ聴いてないよと言う人。近所のCD屋でも予約しないと店にないって人もいるかもしれません。そんな方に!なんと今日は!ロビーに置いてあります。
客:(笑)
安:ロビーに「置いてある」んだ!?
黒:そうです!今日はロビーに置いてあります!皆さん、そっから先は言いません!
客:(笑)
黒:よろしくお願いします!!
客:(笑いながら拍手)
酒:もう宣伝は終わったかい?
黒:うん。もういい(←やりきった笑顔)

【ウイスキーがお好きでしょ】
黒:そんな中でもゴスペラーズ、新しい曲のレコーディングをしていました。皆さん耳にした事があるかもしれません。
村:あー、いい、いい。今日はさ、まだ何も言わないで、何も言わないでとりあえず曲歌ってみよう。
客:(←察した客が拍手)
村:ちょっと待って、ちょっと待って。

♪ウイスキーがお好きでしょ

客:(拍手)
村:ありがとうございます!
客:(拍手)
村:この拍手で、皆さんのほとんどがCMを耳にしてるんだと分かりました。ところでさ、会場のお客さんは女性が多いんだけど、この中で皆さん「ゴスペラーズがCMで歌ってるから」って角を買ってみた人?買ってみた人がいたら、手ぇあげて。
客:(何人か挙手)
五:ほぉ?(あぁ、そのくらいかぁ。と言う顔)
村:まぁそうだよね。これが正直な結果だと思うよ。女の人がウイスキーは、なかなか飲まないかもしれないしね。でも、案外飲みやすいんだよ。
安:ソーダで割ってハイボールにしてね。簡単だよね。
村:で、どうしてこんなに勧めているかと言うと、訳があります。俺たち、このCMに出たいんです。
客:おぉー。
村:あのCMにね、歌だけじゃなくて出演したいんですよ。
酒:CMデタイネー。
村:だって今、久保田利伸さんだってやってるでしょ?CHEMISTRYだって昔やってたし。
安:CHEMISTRYの時、文句言ってたよね。
村:言った。CHEMISTRYの時は「お前等にはまだ早い!」って文句言ったもん。
客:(笑)
村:なので、皆さんが買っていただいてそれで売り上げ伸びたらさ。
安:ゴスペラーズが歌ったら売り上げ伸びましたねぇ!って?
北:小雪さんのおかげで売り上げ好調です。じゃないの。
黒:そうだよねぇ。
村:だから!酒屋さんで買う時に一言言うんだよ。
北:ゴスペラーズ、良いですね(←右手でボトルを置く動きをしながら)と。
村:そう!なので皆さんのご協力よろしくお願いします!

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記"春夏"in島根 2

村:ところで、今日がゴスペラーズのライブ初めて来たって人、どのくらいいる?
客:(比較的拍手のボリューム大きい)
村:じゃあ2005年の時に来た人。
客:(ちらほら拍手)
安:いますねぇ。
北:いるねぇ。
村:初めて来た人、ビックリした人もいるでしょう。ゴスペラーズって踊るんだぁ!?って。
北:(早回しで1.2.3for5のサビ部分を踊る)
安:ごめんなさいねぇ。こんな衣装でビックリませんでしたか?
村:チョコレートの包み紙みたいだよな。
酒:…?
安:あぁ、ありますねこういうの。
酒:……?(←右腕を伸ばして、まじまじと衣装を見つめる)
黒:あるよねぇ(笑)
村:だろぉ。
酒:………!あぁ!こういう包装紙で包んであるチョコレートね!あるね!こう、下でくしゅくしゅって留めてあるやつ!(←やっと気づいてすっごい喜びよう。声も大きい)
村:そうそう。淋しくなると小さく丸めて、部屋の中に投げてみたりしちゃうやつ。
安:部屋の中に投げるのはやめなさいよ。ちゃんと捨てなさいって。
村:初めての人はね、隣の人が突然踊り出したりしてビックリしたかもしれないけど、そういう決まりはないから自由に聞いてもらって大丈夫ですからね。
安:そうそう。
村:強制じゃないですからね。強制じゃないって…この後で少しそういう部分もあるんですけど(笑)
黒:あるんだ!
酒:ちょっとだけね(親指と人差し指で「ちょっと」をジェスチャー)
安:強制じゃなくて協力して貰うんですよね。
村:そうそう!協力して貰いますのでよろしくお願いします(笑)
客:(拍手)
村:さて。新しい曲が続きましたが、先ほども言いましたようにこの辺りで昔の曲も歌ってみようかと思います。
客:(拍手)
村:次にやる曲はアルバムに入ってる曲で、もしかしたら知らない人もいるかもしれない。いるかもしれないんですけど、イントロを聴いて何の曲か分かった時。嬉しかったら「おっ♪」って喜んで下さい。
客:(笑)
村:知っていて嬉しい人は「おっ♪」って喜んで下さいね。
安:そんなんでいいんだ!?
黒:おっ♪
安:なんか昔の同級生に会った時みたいじゃん。「おぉ、田中♪」みたいな。
北:おっ♪
黒:おぉ♪
酒:おっ♪
村:いいんだよ。凄く嬉しい人は「おぉ?っ♪」って喜んで下さいね。
安:ちなみにそれは、強制じゃないの?
村:これは強制じゃないよ。
北:新しい聴き方の提案だよね。
村:そうそう。それでは、僕がまだサングラスを掛けていなかった頃の曲なんで、サングラス外して歌っちゃおうかなぁ(ボソリ)
客:おぉー!(←大盛り上がり)
村:何!?そんなに嬉しい!?
客:キャーッ!!(←更に盛り上がる客)
村:ここ(最前列左端)の人に向かって歌っちゃうよ。あんまりにも見つめすぎて、そこ(2列目)の空いてる後ろの席に逃げたくなっちゃうくらい迫って歌っちゃうから。
客:キャーッ!!
村:俺、その為に今日エメラルドグリーンのカラコン入れてきたんだもん。
客:えぇー!(ざわめく)
酒:皆さん冗談ですからね。信用しちゃダメですよ。
客:(なんだぁ。という雰囲気)
村:最近目が小さくなってきたからさ。サングラスしてないと、右目の下とか下がってきたのが分かっちゃうから(笑)そしたら歌おうか。

歌おうとてっちゃんが立ち位置に戻ったタイミングで、空席だった2列目に遅れてきた客が到着。

客:(2列目に到着したのを見て、ざわめく他の観客)
村:?(←2列目を振り向いて)………!!

遅れてきた人、動揺

村:(遅れてきた2人に近寄り、ステージギリギリの所で座り込んでじっと見てる)
酒:今!今ちょうどその席の話してたんですよ!!
安:凄いねぇ!!

彼氏は椅子に座ってるけど、彼女は通路にしゃがみこんだまま。

北:座れないじゃん!
安:あ、座ってください。

座る客

村:それじゃあ、歌にいきましょう!Let's go back our 90?!

♪Back Let's go back?♪イントロが流れ、沸く客席。

村:逃飛行
曲名を口にするとサングラスを外し、1列目端の人の前にステージに腰掛ける。歌い出すかと思ったら、そのままピョンと客席に降りて2人に向けて歌います。
歌われてるお客さん、ちょっと引き気味(笑)
歌ってるてっちゃんもサングラスオフだから、時々照れたように笑ってました。
1番を歌い切ると、遅れてきた2列目の2人にもペコリと1礼。黒ぽんが歌う中ステージに上って元の位置に。
2番サビ後の語りの部分で黒ぽんに近づいたてっちゃんは、そのままサングラスを黒ぽんに渡して、黒ぽんはそれを受け取ると装着して、今度は左端。さっきてっちゃんが歌った2人の前で、跪くように身を屈めて歌ってました。
拍手と笑いの中、曲終了。

【安岡劇場】
安:え?これ?今日、降ったり止んだり変な天気だからさ。え?違うって。これ、誰かさんのコンタクトレンズの色と同じなんだよ。
村:(暗闇からヤスに向かってクレームをつけるべく歩き出す)
酒:(1歩前に出て左手でてっちゃんを制す)
黒:(てっちゃんの前に回り、両手で押しとどめる)
安:(そんなやり取りは全く無視しながら)これね、あると何かと便利なんだよ。
疲れたらこう…杖がわりにしてみたり。
あとは、ウイスキーとソーダを混ぜる時に使ったりもできるし。
そうそう。
これ、見て(傘の柄の部分を持って、メトロノームのように動かしながら)これ見るとね、目の周りの筋肉が落ちづらくなるから。
でもね、コレ、本当は紐が着いてるんだ。何の為って、こうやって下げて…えぇ?やんないよ。
そんな、歌ったりしないっ……しょぉがないなぁ。
1曲だけだよ。今夜この傘で、君の為に歌ってあげる。聴いてください。

♪傘をあげる♪の最後でギターに持ち替え弾いた時、他4人はじーっと見てました。成功するとちょっと喜んだ感じ。

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記"春夏"in島根 3

村:さっきまではスイートルームだったのに、今度はこんな月の輝く、月の浜辺になりました。「永遠に」「青い鳥」アコースティックバージョンで2曲お送りしました。
客:(拍手)
村:ちょっとこうね、それぞれが楽器を持ち寄る感じで良いよね…って言ってるうちに皆楽器準備してんじゃん。俺もなんか持ってくるから、ちょっとなんかやっといて。
安:なんかやっとく。

侍ゴスペラーズの後半「生まれたばかりの歌がある♪」の部分をヤスが歌い、曲間に「Ah?Ah?Ah?♪」と挟み込んで黒ぽんリードの「Soul Man」が入り、「侍ゴス」のサビを繋げて酒井さんのクラビオーラソロで始まる「真夜中のコーラス」この時にはてっちゃんもカホンを持って戻ってきてて、曖昧にメロを歌いながらサビの部分だけしっかり皆で歌ってコーナー終了。

客:(拍手喝采)
村:北山のはそれ、何て楽器?
北:これはギタレレと言いまして、ギターとウクレレの中間です。下の弦4本だとこう…?♪って、ウクレレみたいな音になります。で、上もつけるとこう…?♪
客:おぉー。
北:世界にこの型しかありません。
村:世界中でこのモデルしかないって事で、世界中に1台じゃないからね。
北:あ、そうですよ。ちなみにこれ、ヤマハから出ていて定価12000円です。お手頃価格です。
村:安岡のはそれは?
安:ギターと傘の中間かな。
村:じゃあ、カターな。
安:そうだね。カターで(笑)
村:酒井の…それは。
酒:これは傘ですよ。ほら、雨が降っても大丈夫?(クラビオーラを頭に被せながら)
村:……。
酒:黒沢さんのは何ですか?
黒:俺?俺のは鉄琴!短いけど!(鉄琴を顔の位置まで掲げて、試し弾き)で、酒井さんのは何ですか?
酒:聞くなよぉ!!だから俺のは傘だって言ってるだろ!絡むなよ!(←キレ気味)
村:放っとけ。どうせ最後には言いたくなって自分から言うんだから(ニヤリ)ちなみに俺のはカホンて言います。最近のストリートの若い子とかが好きで使ってるんだけど、アコースティックなドラムみたいな感じですかね。

ここで「シマダチ」の説明をして演奏に。
演奏終わって。

村:楽器を触ってるとあっという間に時間が過ぎちゃって、練習、かなり頑張ってます。
客:(拍手)
酒:ただ、楽器ばっかりやっていてもね。我々の本業は歌ですから。
北:で、酒井さんの楽器はいったい何だったの?
酒:!?………。(←唐突な振りに北山さんを振り返りしばし無言で苦悩の表情)
安:傘でも良いんだよ。
酒:……!!(ヤスを睨みつけ)…………クラビオーラ(←絞り出すような声で)
村:何でそんな声小さいんだよ。
北:お客さんに聞こえなかったからもう1回。
酒:…クラビオーラ!(←さっきより大きいけど、絞り出すような声は変わらず)
安:何でそんな言い方するの?
酒:教えたくなかった…俺だけが知ってる珍しい楽器にしておきたかったのに…(←口惜しげ)
北:知ってるだろ!!俺たち皆知ってるし!!
酒:(笑)
安:そんなに教えたくなかったの?
酒:いや、ちょっとふざけてるのが楽しかっただけ♪
この後のなりきりに繋がるMCで酒井さんはやたらと「ウッド」を連発してました。

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記”春夏"in島根 4

【最後の挨拶】
酒:なんだかずっと立って貰ってますけど、座って貰っても良いんですからね。
村:せっかくだから座って貰いましょうか。
客:(座ろうと動く)
村:別に座ったからって年取って疲れやすいからだとかは思いませんから。
客:(座ろうとしたまま止まる)
村:あ、良いんです良いんです。座って下さい。
酒:そうですよ。今から立って聞いてもらう価値はないような、どうでも良い話をこれからしようと思ってるんですから。
客:(座る)
酒:こんな素敵なウッドな会場で歌わせて貰うのも今回が2回目で、前回来た時も瓦にサインしたんだけど、今回もさせて貰いました。会場のどこかに飾ってあるそうなので…
北:(隣のヤスに向かって「そうなの?」と聞いてる)
安:(頷きながら会場の奥の方を指さす)
酒:皆さん探してみてください。また3回目のサインができるように頑張りたいと思います。酒井でした。

安:僕の汗はもう売り切れです。えー。今日は本当に楽しかったです。昔の、10年くらい前の曲とかも歌ったりして、今歌ってる歌がこれから10年後にどう変わっていくかが楽しみです。また来ます。また会いましょう、安岡でした。

村:×××の隣に××って小さな海岸があるでしょ。俺、そこに行ったことあるんだけどさ。今日のシマダチはそこの堤防みたいな所あるじゃない。そこに腰掛けて歌ってるイメージでした。そうやって、イメージしながら歌えるって凄く幸せな事だと思います。また浜田でもやりたいと思います、村上でした。

北:ゴスペラーズのライブに来たことのない友達を誘ってくると、ビックリするんですよ…………。
安:…?
黒:……?
酒:………?
安:それは誰の話?
北:あぁ、自分の友達をね…。
安:あ、そう言う事か。主語がないからいきなり何の話してるんだろうって思っちゃった。
酒:聞こう聞こう。
安:ごめんね、続けて。
黒:どうぞ。
北:あぁ、あのね、僕の友達でまだゴスペラーズのライブに行ったことがないって人に、来てもらうように誘うんですよ。で、そう言う人ってたいがいビックリするんですよね。ゴスペラーズのイメージって、直立不動で歌ってるイメージがあるって言うか…。

ここで北山さんが「今日この場所で皆揃って楽しい時間が過ごせて幸せ」みたいな事を、延々と語ります。途中でてっちゃんがぼーっと飽きたような表情してました。

アンコール3曲目「ひとり」
左端の酒井さんが、ずーっと左手を広げてリズム取ってました。最後のコーラスはマイクを両手で握りしめて状態を反らすようにしながら熱唱してました。

退場時も酒井さんはずーっともごもご何か言ってて、最後の北山さんの投げキスもあり。
てっちゃんはここまでずっとサングラスオフでした。

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記"春夏"in米子

【最初の挨拶】
安:今日も既にビショビショです。今日は、ここに来る前に昼に蕎麦を食べてきました。長く伸びる蕎麦で、伸びると言う事で、今日の声も良く伸びて、最後まで良い歌をお届けしたいと思います。
酒:はい。変な人ですよぉ?。皆さん肩の力を抜いてリラックスして楽しんでいってくださいね。酒井です。
北:今日は楽しいライブにしたいと思います。
村:じゃあ俺は、大山のようにまっすぐな声…いや、××湾のようにまっすぐな声の方が良いか。

【スイートルーム】
北:皆さん熱く火照ってますね。分かります。皆さんの体が何を欲してるか。
客:(ちょっと動揺)
北:まず座って下さい。
客:(座る)
北:皆さんの熱く火照った体をもっと熱くするために、この辺りで皆さんをsweet Soulの世界にお連れしたいと思います。

黒:LoveVertigo,I'll make love to you,ミモザ(←イントネーション変)の3曲をお送りしました。
客:(「ミモザ」の発音に笑いが起こる)
黒:何?今Rの発音おかしかった?
村:いや(笑)でも、今日の北山凄かったよな。ってお前、俺の歌うの邪魔すんなよ!
北:あれはそういう歌詞だから…。
酒:そう。あの部分部分は「君も脱ぎなよ、俺も服を脱ぐから」って歌詞だからね。
北:でも、脱ぎなよって歌ってるのはてっちゃんなんだよね。てっちゃんが脱ぎなよって言うから、俺は「あ、じゃあそうですか…」って脱いでるんだけど。
安:歌詞じゃなくて脱いだら困りますからね。
北:何の意味もなく脱ぎだしたら、ただの変な人になっちゃいますから。
村:ローレライの「愛してる」だって意味がある訳だし。
安:あれも「愛してる」の手話だからね。
酒:じゃあ、ゴスペラーズはジェスチャーグループって訳か!「あなたの風になって?♪」(←手をお腹の前でゆらゆら)とか。
村:「永遠に」で皆がフラダンス踊ってたら嫌だよなぁ。
「あなたの?風にな?ぁて?♪」(←歌にあわせて踊り出す村・北・酒。酒井さんやたら上手い)
安:何でそういう動きが即座にできるの!?大概のことは知識あるよね!?(←酒井さんに向かって)
酒:俺は大概のことはできるのさ(←自慢げ)
黒:(そんな4人の後ろで、ひとり小さくフラの動き)
酒:黒沢さんも色々知ってますよね、太陽の事とか(←ヤスの後ろで小さく動く黒ぽんに向かって優しげに)
黒:!?……ハイ(←うつむきがちに小声)
安:あなたも、絡みきれないなら無理に絡んでこなくて良いから!俺今、広げられるんだと思ってわざわざ後ろに下がったのに!

【どこから来たの?】
村:米子は4年ぶりですね。米子から来てる人!
客:ハーイ。
村:じゃあ、鳥取!
客:ハーイ。
村:松江!
客:ハーイ。
北:今日のお客さんは良いですねぇ。普通はどっから来たか聞くと手を挙げるだけなのに、今日は「ハーイ」って手を挙げてくれて。そうされると指名したくなっちゃいますね。
村:じゃあ、倉前(←だったかな)
客:ハーイ
村:倉前からじゃ結構距離あるよね。1時間くらいかかるんじゃないの?
客:××××
村:何?
北:カミシバイ…?
酒:紙芝居はさすがに拾いきれないぞー。そんなにトーク上手じゃないからねー。
黒:(ひとり黙々と紙芝居のジェスチャー)

【Hurray!告知】
黒:先ほど歌った曲も収録されている、最新アルバム「Hurray!」ですが、皆さんもう何度も聴いて戴いてますでしょうか。
客:(拍手)
黒:もしまだ聞いてない人がいましたら、もしくは、CD屋に行ったけど売り切れちゃって置いてなかったって人がいました、そのアルバムは外に置いてあります!帰りに「あぁ?、これがさっき歌ってた曲が入ってるんだぁ」と視線を落としていって貰うだけでも結構です。よろしくお願いします。
客:(拍手)
黒:そんなアルバムのプロモーションをしてる間にも、我々ゴスペラーズ新しい曲のレコーディングをしていました。
客:(ざわつく)
黒:最近CMとかでも流れてると思うんですけど。
客:(ちょっとリアクション)
村:今良かった。今のリアクション良かったよね。分かってる人とそうでない人がいる。みたいな。じゃあ、とりあえず歌ってみましょうか。山陰の夜はハイボール。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。